日本の雨を克服したマイティ・ミケルセン

プレスリリース

日本の雨を克服したマイティ・ミケルセン

アンドレアス・ミケルセン/トシュテン・エリクソン組はすでに2023年のWRC2タイトルを獲得しているが、雨と荒天に見舞われたフォーラムエイト・ラリージャパンの金曜日のDay2もその勢いは衰えることはなかった。

ミケルセンとコ・ドライバーの、トシュテン・エリクソンは、2週間前のセントラル・ヨーロピアン・ラリーでWRC2の栄冠を手にしており、プレッシャーのない状態で日本に到着した。とはいえ、SKODA Fabia RSラリー2のデュオは、金曜の水浸しのコンディションで優れた走りを見せ、一晩で29.4秒差をつけて同カテゴリーをリードした。

さらに印象的だったのは、ミケルセンがラリー総合4位に入ったことだろう。ラリー1のトップレベルの何人かはフロントガラスの曇りに邪魔されたが、SS3で総合3位に入ったミケルセンは視界にまったく問題がなかった。

ミケルセンは一晩で2位のニコライ・グリアジン/コンスタンティン・アレクサンドロフ組を抜き去り、ラリージャパンでも印象的な走りを見せたいところだが、今週末のマカオでは、親友で同じノルウェー出身のデニス・ハウガーがFIAフォーミュラ3ワールドカップ・デビューを控えているため、その動向からも目が離せない。

「とてもいい1日だった」とミケルセン。「ランチの前にはいいプッシュができたし、午後はクレバーな走りを心がけた。トリッキーなコンディションだったけど、今のところ順調だよ」。

ニコライ・グリアジンの最大の関心事は、目の前の出来事ではなく、後方の出来事だった。彼とカイエタン・カイエタノビッチは今週、WRC2チャレンジャーのタイトルを争っており、グリアジンは現時点でタイムシートのトップだが、カイエタノビッチの現在の順位はクラス3位。彼がタイトルを獲得するには十分だろう。

元F1ウイナーのヘイキ・コバライネンは、コ・ドライバーの北川紗衣とともにSKODA  FabiaR5をWRC2の表彰台に乗せ、ラリーカーのステアリングを握ることが得意であることを証明した。コバライネンはグリアジンを2分以上引き離し、同じくシュコダを駆るカイエタノビッチも同程度の差をつけた。ぞじて日本出身の福永修がトップ5を占めた。

2
3
4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
X facebook instagram