ラリージャパンの安全な競技運営のための救出訓練を実施

最新情報

フォーラムエイト・ラリージャパン2022開催を前に、ラリー1のハイブリッド車両の救出訓練のための講習が行われた。

ラリー1以外の車両については、内燃機関のみを使用した車両であるので、これまでと救出の流れについては変わらないのだが、ラリー1の車両は全車ハイブリッド車となっており、事故が起きた際など高圧電流の発生する可能性があるため、新しい予防措置が講じられ、電源のシャットダウン、そして特別な絶縁シートや絶縁手袋などを装備してその対応を行わねばならない、ということになる。

車両にはフロントウインドウと左右のピラーにLED灯が装着されており、その点灯状態で車両の状態を確認できるようになっており、車両左リヤのプラグキーを抜かない限り電源が落ちないということなどのレクチャーがFIA担当者立ち合いのもとで、オフィシャルスタッフに対して行われた。そこで、諸注意が行われたのち、M-SPORT FORD WORLD RALLY TEAMの実車両を使っての訓練が行われた。

レースウィークに入り、オフィシャルスタッフもラリージャパンの安全な競技運営のための準備にも余念がない。

2
3
4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
X facebook instagram