Day2 TOYOTA GAZOO Racing WRTが大活躍

プレスリリース

Day2 TOYOTA GAZOO Racing WRTが大活躍

WRC第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン」は11月17日、Day2を迎え、TOYOTA GAZOO Racing WRT、HYUNDAI SHELL MOBIS WORLD RALLY TEAM、M-SPORT FORD WORLD RALLY TEAMが激しいバトルを展開。

エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組がトップ、セバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ組が2番手、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組が3番手につけるなど、TOYOTA GAZOO Racing WRTが素晴らしい活躍を見せている。

Day2首位のエルフィン・エバンス/スコット・マーティン

一方で、全日本ラリー選手権で活躍するTOYOTA GAZOO Racing WRJも安定した走りを見せていた。
「雨がすごくて、かなり抑えて走りました」と語るように、32号車のGR YARISを駆る勝田範彦/木村裕介組が総合11番手につけたほか、同じくGR YARISを駆る眞貝知志/安藤裕一選手も「SS1の豊田スタジアムSSはジャンプで飛びすぎてクルマを破損しましたが、今日はセーブしながら走っていました。クルマは問題ありません」と語るように総合24番手でこの日のラストステージを迎えていた。

しかしSS8の「豊田スタジアムSS」で明暗が別れることとなった。「今日は抑えて走ります」と語っていた眞貝選手は15番手タイムをマークし、総合23番手でDay2をフィニッシュしたのだが、勝田選手は最終SSでホイールが脱落しリタイヤした。


また49号車のDAIHATSU Copenで出場の相原泰祐/萩野司組が44号車GR YARISの中山透/松浦俊朗組に勝利する波乱もあった。

2
3
4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
X facebook instagram