ヌービル、フォーラムエイト・ラリージャパン シェイクダウンで強さを発揮

プレスリリース

ヌービル、フォーラムエイト・ラリージャパン・シェイクダウンで強さを発揮

2022年フォーラムエイト・ラリージャパンのウィナー、ティエリー・ヌービルは、11月16日の朝、愛知県豊田市近郊で行なわれたシェイクダウンでトップタイムを記録し、ラリー・ジャパン2連覇に向けて素晴らしいスタートを切った。

ヒョンデ・モータースポーツのドライバーであるヌービルは、2.75kmのウォームアップ・ステージの4本目、そして最後の走行でライバルたちを圧倒しました。

「僕たちにプレッシャーがないのは確かだ」と、シェイクダウン走行を終えたベルギー人ドライバーはリラックスした様子で語りました。「ライバルたちは、今週末はもっとプレッシャーがある」と彼は続けた。それは2023年のマニュファクチャラー・チャンピオンであるTOYOTA GAZOO Racing WRTのことだ。

ティエリー・ヌービルはトヨタのドライバー、エルフィン・エバンス、セバスチャン・オジエ、勝田貴元、そして新たに世界チャンピオンに輝いたカッレ・ロバンペラの4台を抑えてトップに立ちました。そして4人のヤリス・パイロット全員がステージ終了時に金曜日のコンディションについて言及し、午前中に予想される雨がシーズン・フィナーレの結果に大きく影響することを示唆しました。

またエサペッカ・ラッピは、チームメイトのヌービルより1.9秒遅れるも、トップ6に入りました。

先週末のラリー・モンテカルロ以来、初めてターマック仕様のヒョンデに戻ってきたのはダニ・ソルドです。チームメイトのヌービルから2秒遅れの7番手タイムをマークしました。

フルモーは、今季M-SPORT FORD WORLD RALLY TEAMでの初出場を果たしシェイクダウンで6本走行しました。チームメイトのオィット・タナックよりも0.2秒速いタイムを記録しました。

数万人のファンが豊田スタジアムを訪れ、2.10kmのスーパースペシャルステージをサイド・バイ・サイドで駆け抜けます。

2
3
4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
X facebook instagram