シェイクダウンテスト 勝田貴元選手は4番手タイムを記録

プレスリリース

シェイクダウンテスト 勝田貴元選手は4番手タイムを記録


WRC第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン」は11月16日、「鞍ヶ池公園SD」を舞台にシェイクダウンが実施されました。2.74kmのショートコースで、各チームは精力的に最終調整を行なっています。


トップタイムをマークしたのはHYUNDAI SHELL MOBIS WORLD RALLY TEAMのティエリー・ヌービル選手で、大会2連覇に向けて幸先の良いスタートを披露しました。


一方、ホームイベントでの初勝利に挑むTOYOTA GAZOO Racing WRTも好調で、エルフィン・エバンス選手が2位、セバスチャン・オジエ選手が3位、勝田貴元選手が4位のタイムを計測しました。また、WRC2クラスではTOKSPORT WRT 2のアンドレアス・ミケルセン選手がクラストップとなる総合10位となるタイムをマークしました。また全日本ラリー選手権からのチャレンジャーとしては2023年のJN1クラス王者、ヘイッキ・コバライネン選手が総合12位、勝田範彦選手が総合15位でフィニッシュしました。

2
3
4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
X facebook instagram