勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

【SS18リザルト】待望の雨を味方にブリーンが一番時計。エバンスが遅れ4番手にオジエが浮上

NEWS & TOPICS

 11月13日(日)、フォーラムエイト・ラリージャパン2022の競技最終日は11時頃から雨が落ち始め、岐阜県恵那市で行われたSS18 “Ena City 2”は今大会初のウエットコンディションでのラリーとなった。雨によって難コンディションになることを想定し、他のドライバーよりも多くの雨用タイヤを選択していたクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)が同ステージで最速タイムを記録。今大会におけるMスポーツ勢最初のステージ優勝を飾った。

 ステージ2番手タイムを記録したのは、雨用タイヤを持たないセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)だった。彼はブリーンから8.5秒遅れてフィニッシュし、このステージでトップから2分以上遅れた僚友エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)を交わして、勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)に次ぐ総合4番手に順位を上げた。母国での表彰台獲得が期待される勝田と、オジエのタイム差は23秒だ。

2022年WRC第13戦フォーラムエイト・ラリージャパン2022 SS18 Ena City 2結果

Pos.No.DriverMachineGap
142C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー117’42.1
21S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+8.5
344G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+19.0
48O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+26.8
511T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+41.7
624G.ミュンスター(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+46.3
729H.コバライネン(WRC2)シュコダ・ファビアR5+53.8
818勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+55.3
922T.スニネン(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+1’07.0
1028M.ミーレ(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+1’10.6

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS