勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

【SS16リザルト】まさかのパンクがエバンスを襲う。勝田貴元が表彰台圏内の3番手に浮上!

NEWS & TOPICS

 11月13日(日)、フォーラムエイト・ラリージャパン2022の競技最終日、この日2本目のステージとなるSS16 “Ena City 1”が行われ、ティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)が最速タイムを記録した。

 ひとつ前のSS15 “Asahi Kougen”でベストタイムを刻み、首位ヌービルに0.4秒差に迫ったエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、今SSでパンクを喫し1分40秒以上のタイムロス。これによりヌービルが後続に対して大きなリードを持つことになったほか、3番手につけていたオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)と、4番手の勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)が順位をひとつずつ上げ総合2番手、総合3番手となっている。タイヤ交換を強いられたエバンスは総合4番手に後退。勝田とのタイム差は13.9秒だ。

2022年WRC第13戦フォーラムエイト・ラリージャパン2022 SS16 Ena City 1結果

Pos.No.DriverMachineGap
111T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー115’38.7
21S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+2.6
38O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+19.9
469K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+20.8
518勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+23.9
644G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+30.3
723S.パヤリ(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+44.9
829H.コバライネン(WRC2)シュコダ・ファビアR5+46.4
921E.リンドホルム(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+51.2
1024G.ミュンスター(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+54.0

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS