勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

【SS14リザルト】優勝争いは最終日へ。首位ヌービルがデイ3最後のステージを制すも、2位エバンスとの差は4秒

NEWS & TOPICS

 11月12日(土)、WRC最終戦フォーラムエイト・ラリージャパン2022の競技3日目、岡崎市でSS14“ Okazaki City”が行われ、SS12で首位に躍り出たティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)がベストタイムをマークした。

 SS13がステージキャンセルとなったため、今大会唯一のグラベル(未舗装路)ステージとなったSS14は、全長1.4kmのショートコースが戦いの舞台に。日没が迫るなかで始まったセッションでは、ヌービルが最速タイムを記録。優勝を争うエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)が2秒遅れのステージ5番手にとどまったため、両者のギャップは4秒に拡がった。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合4番手でデイ3を終えている。

2022年WRC第13戦フォーラムエイト・ラリージャパン2022 SS14 Okazaki City結果

Pos.No.DriverMachineGap
111T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー11’18.8
28O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+0.4
31S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+0.6
469K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+0.7
533E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+2.0
622T.スニネン(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+2.0
718勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+2.0
842C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+2.3
923S.パヤリ(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+3.3
1044G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+3.4

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS