勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

11月12日/DAY 3 勝田貴元選手、表彰台目前の4番手浮上

NEWS & TOPICS

WRC第13戦「ラリー・ジャパン」は11月12日、「Nukata Forest」、「Lake Mikawako」、「Shinshiro City」、そして「Okazaki City」を舞台にタイム争いが展開された。

 TOYOTA GAZOO RACING WORLD RALLY TEAM NEXT GENERATIONで、GR Yaris Rally 1 HYBRIDを駆る注目の日本人ドライバー、勝田貴元選手は、3番手に付けていたTOYOTA GAZOO RACING WORLD RALLY TEAMのカッレ・ロバンペラ選手が、この日のオープニングステージ、SS8「Nukata Forest 1」でパンクを喫し、タイムロスを強いられたことで4番手に浮上。さらに全日本ラリー選手権の「新城ラリー」で鬼久保の走行経験を持つことが、少なからずのアドバンテージになっていたのだろう。同じステージを使用したSS10「Shinshiro City」で3番手タイムをマークするなど、ファーストループでは順調な走りを披露していた。

 勝田選手はセカンドループでも安定した走りでポジションをキープし、総合4番手でデイ3をフィニッシュしたが、「今日も難しいコンディションで、満足のできる走りができませんでした」と悔しそうな表情で語る。

 とはいえ、ポディウムフィニッシュまであとひとつ。しかも、明日13日のデイ4はより気温の冷え込みが予想される岐阜県の「Ena City」や「Nenoue Plateau」が含まれるほか、雨の予報が出ていることから、より過酷なラリーが展開される可能性が高いだけに、クレバーな走りを見せる勝田選手の動向に注目したい。

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS