勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

【SS6リザルト】勝田貴元がステージ4番手タイム記録。デイ2首位はトヨタのエバンス

NEWS & TOPICS

 11月11日(金)、フォーラムエイト・ラリージャパン2022の競技2日目最後のステージとなったSS6“Inabu Dam 2”が行われ、WRC史上最年少王者カッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が今大会2度目のステージベストを記録した。

 SS7のキャンセルに伴い金曜最後のステージとして実施されることになったSS6。同ステージを総合首位で迎えたエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、僚友のロバンペラから0.3秒遅れの2番手タイムをマークし、総合首位を守った。ステージ3番手にはトップから1.7秒遅れたオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)が入り、そこからコンマ1秒遅れて日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)がステージ4番手タイムを記録している。勝田の総合順位は5番手だ。

2022年WRC第13戦フォーラムエイト・ラリージャパン2022 SS6 Inabu Dam 2結果

Pos.No.DriverMachineGap
169K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー112’18.9
233E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+0.3
38O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+1.7
418勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+1.8
511T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+2.2
61S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+6.2
744G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+27.5
822T.スニネン(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+31.3
923S.パヤリ(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2+32.5
1029H.コバライネン(WRC2)シュコダ・ファビアR5+42.5

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS