勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

ラリージャパンを体感するブースが盛りだくさん

NEWS & TOPICS

「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」開催中の豊田スタジアムでは、ラリージャパンをとことん楽しめるブースが多数登場している。

メインゲートをくぐると歴代ラリーカーが来場者を迎えてくれる。TOYOTA Celica GT-Four ST205(1995年)、TOYOTA Castrol Corolla(1998年)、MITSUBISHI WRC05(2005年)、SUBARU IMPREZA 555 WRC98(1998年)の4台であるこの世界ラリー選手権(WRC)の歴史を彩った往年のラリーカーだが、日本メーカーのWRCの歴史を感じられるエリアとなっている。

その先には、GR YARIS」のカスタムカーコーナーも登場し、各社が手掛けたGRヤリスが並ぶこととなった。

入場ゲート左手にはラリージャパン・オフィシャルグッズやWRCオフィシャルグッズといった物販ブース、そしてラリージャパンに協賛するパートナーブースに各種出展ブースが並び、メインゲート左手には飲食ブースも用意されている。

このパートナーブースでは、このラリージャパンのタイトルスポンサーを務めるフォーラムエイトのブースも登場。土木分野を支援するソフトウェアおよびソリューションを提供するフォーラムエイトだが、VRモーションシミュレータ、ドライブシミュレータ、VR360度シミュレータなど、VRを体験できるが多数用意されている。

また開催地元のブースも登場。愛知県・岐阜県がブースを出展。愛知県ブースでは、日替わりで担当地域が入れ替わりながらそれぞれの地元のアピールに余念がない。この日の午後には恵那市のPR隊がやってきて、13日の恵那でのSSの紹介や、わらじ型やだんご型のカタチがあってその味付けも「味噌」を中心に、「醤油」や「味噌&醤油のミックス」などのバリエーションが豊富な「恵那五平餅」の紹介をして会場内を回っていた。

昼間は多くのお客さんでにぎわうこんな各ブースも夕方になると人影もまばらに。陽が落ちるのが早くなったが、早めに点灯されている照明に浮かび上がるラリーカーも見ごたえバッチリだ。

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS