勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

【SS5リザルト】僅差の争い続く。2SS連続ベストのエバンスが単独首位浮上

NEWS & TOPICS
トヨタのエルフィン・エバンス

 フォーラムエイト・ラリージャパン2022の競技2日目、11月11日(金)午後最初のステージはSS5“Isegami’s Tunnel 2”。ここはSS2の再走ステージだが、SS5実施にあたってはフィニッシュ地点が旧伊勢神トンネルの手前に移されている。

 そんなSS5でトップタイムを刻んだのは、トヨタのエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)だった。ひとつ前のステージでステージ優勝を飾り総合首位タイとなっていた彼は、ここで単独首位に浮上。一方、直前まで同タイムで並んでいたティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)は1.1秒遅れてステージ2番手に。総合でも同じく2番手となった。

ステージ3番手はパンクによって遅れているセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)。総合3番手はSS4から変わらずカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がつけている。勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合5番手だ。

2022年WRC第13戦フォーラムエイト・ラリージャパン2022 SS5 Isegami’s Tunnel 2結果

Pos.No.DriverMachineGap
133E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー110’38.0
211T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+1.1
31S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+2.4
48O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+3.4
518勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+4.0
669K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+4.7
744G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+17.0
821E.リンドホルム(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+30.6
923S.バン・ギスバーゲン(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2+33.2
1024G.ミュンスター(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+33.9

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS