勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

【SS4リザルト】トヨタのエバンスが最速タイム。ヌービルと同タイムで総合首位に

NEWS & TOPICS
トヨタのエルフィン・エバンス ※写真はSS2のもの

 11月11日(金)、フォーラムエイト・ラリージャパン2022のデイ2、午前中最後のステージであるSS4“Shitara Town R 1”が行われ、トヨタのエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)が今大会最初のベストタイムをマークし、総合トップタイにつけた。

 エバンスとともに総合首位に立っているのは、ステージ3番手タイムを記録したティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)。車両火災の影響でキャンセルされたSS2で最速タイムを刻んだカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合3番手に後退するも、首位との差は0.7秒だ。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合5番手につけている。

Mスポーツのクレイグ・ブリーンはアクシデントにより、戦列を離れた。また、WRC2クラスでもアクシデントがあり、競技が中断となっている。

2022年WRC第13戦フォーラムエイト・ラリージャパン2022  SS4 Shitara Town R 1結果

Pos.No.DriverMachineGap
133E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー114’23.3
21S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+4.3
311T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+4.6
48O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+5.9
518勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+6.5
669K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+6.8
744G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+1:07.3
822T.スニネン(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+4:33.6

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS