勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

【SS2リザルト】ヒョンデ、ソルド車炎上の影響でセッション中止。SS3もキャンセルに

NEWS & TOPICS
リタイアとなったダニ・ソルド

 11月11日(金)、『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』競技2日目、デイ2のオープニングステージとなるSS2“Isegami’s Tunnel 1”が行われ、WRC史上最年少王者カッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がトップタイムをマークした。

 朝7時過ぎに開始された同SSではアクシデントが続出。WRC2クラスを戦うカエタン・カエタノビッチ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)が、旧伊勢神トンネル出口付近でクラッシュを喫したほか、スタートから16.1km地点ではダニ・ソルド駆るヒョンデi20 Nラリー1が車両火災に見舞われリタイアとなった。後者の回収のためステージは赤旗中断となった後、続くSS3“Inabu Dam 1”とあわせてステージキャンセルがアナウンスされた。

トヨタのカッレ・ロバンペラ

2022年WRC第13戦フォーラムエイト・ラリージャパン2022 SS2 Isegami’s Tunnel 1結果

Pos.No.DriverMachineGap
169K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー117’44.6
211T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+1.8
333E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+5.5
48O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+9.7
542C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+12.0
618勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+13.4
71S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+2’43.9

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS