勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

【SS1リザルト】ラリージャパン唯一のナイトステージ、SS1は8冠王者オジエが制す。勝田貴元は7番手

NEWS & TOPICS

 11月10日、朝のシェイクダウンと夕方のセレモニアルスタートに続き、日没後の鞍ヶ池公園で『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』のオープニングステージとなるSS1“Kuragaike Park”が行われ、TOYOTA GAZOO Racingのセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が最速タイムをマーク。初日総合トップに立った。

 2番手はMスポーツのクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)で、トップとのギャップはわずか0.1秒。さらにコンマ1秒の僅差でオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)が3番手に続いた。勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、母国凱旋ラリーのファーストステージで7番手タイムを記録している。

 なお、同ステージは新井敏弘(シトロエンC3ラリー2)のクラッシュにより赤旗中断、後にステージキャンセルとなり、暫定的なリザルトに。ステージ20番手の福永修(シュコダ・ファビアR5)以下、後方スタートのクルーにはノーショナルタイムが与えられている。新井と彼のコドライバー田中直哉の両名は、検査のため病院に搬送された。

母国凱旋の勝田貴元
TOYOTA GAZOO Racingのセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)
Mスポーツ・フォードWRT クレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)

2022年WRC第13戦フォーラムエイト・ラリージャパン2022 SS1暫定結果

Pos.No.DriverMachineGap
11S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー12’07.0
242C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+0.1
38O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+0.2
411T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+0.3
569K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+0.6
633E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+1.2
718勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+1.9
844G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+2.2
96D.ソルドヒョンデi20 Nラリー1+3.1
1021E.リンドホルム(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+4.0

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS