勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

ラリージャパン 車検を実施<Scrutineering>

NEWS & TOPICS

 WRC第13戦ラリー・ジャパンは11月9日、レッキ3日目が開催され、各チームのクルーは早朝よりレッキ車両で、シェイクダウンの「Shakedown kuragaike Park Reverse」、SS15/SS19「Asahi Kougen Power Stage」、SS16/SS18「Ena City」、SS17「Nenoue Plateau」、SS1「Kuragaike Park」のレッキ(下見)を実施。

 同時にサービスパークでは、明日からのシェイクダウンおよびセレモニアルスタート、SS1に向けて車検が行われていた。

 まず、車検が行われたのはRALLY1車両で、TOYOTA GAZOO RACING WRT、TOYOTA GAZOO RACING WRT NG、HYUNDAI SHELL MOBIS WORLD RAALY TEAM、M-SPORT FORD WORLD RALLY TEAMは午前中のうちに各マシンの検査を実施。車検担当のオフィシャルたちが、各チームのサービスパークを回りながら、各マシンが規定を満たしているのかをチェックするほか、車両重量の計測が行われるなど入念なチェックが行われていた。 午後にはWRC2のほか、すべてのマシンの車両検査が行われる予定で、いよいよハード面においても10日のスタートに向けて準備が進められている。

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS