サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!
ABOUT RALLY JAPAN

ABOUT RALLY JAPAN Rally Japanとは

Rally Japanとは

日本のラリーファン、関係者の悲願だったWRCの日本招致が実現したのは、2004年のことです。「公道を使用するWRCは日本での開催は無理」という、それまでの常識を乗り越えての快挙でした。ラリージャパンは2007年まで北海道の十勝帯広を拠点として行われ、2008、2010年(2009年はローテーション開催となったため行われていません)は道央、札幌をホストタウンとして行われました。帯広開催のラリージャパンではセレモニアルスタートが帯広市の中心部で開催され、毎回多くのファンを集めました。札幌開催のイベントでは札幌ドームにサービスパークが置かれ、2台同時スタートのスーパーSSが用意されるなど話題を呼びました。

開催初年度の2004年はスバルのペター・ソルベルグが勝利、2005年はプジョーのマーカスグロンホルムが優勝し、2006年はシトロエンのセバスチャン・ローブがウイナーとなりました。2007年と2008年はフォードのミッコ・ヒルボネンが連覇し、2010年はシトロエンのセバスチャン・オジエがWRC2勝目となる勝利を獲得しています。

日本でのWRC開催は、景気の後退などの理由で2010年を最後に開催されてきませんでした。日本の自動車メーカーがWRCから撤退してしまったという背景もあります。しかし、北海道では十勝帯広を拠点としてAPRC(アジア・パシフィックラリー選手権)が継続して行われるなど、日本国内でのラリーは確実に根付いていきました。ラリーへの情熱は燠火のように決して途切れることはありませんでした。

そして新たな動きが起こります。国内ラリーの改革やラリーそのものへの理解の広がりとともに、WRCにトヨタが復帰した流れを受けて、WRC日本招致の声が上がります。新たな舞台は、愛知県と岐阜県を中心とした中部エリア。残念ながら2019年のカレンダー入りは果たせませんでした。

そして、2020年は世界モータースポーツ評議会において2020年WRC最終戦としての開催が決定したものの、新型コロナウイルス感染症による影響を受けて開催を断念。そして、翌・2021年こそは、という思いで鋭意準備を進めておりましたが、新型コロナウイルスの影響は全国規模で長期化し、無念の2年連続開催断念という結果となってしまいました。

しかし、とても良いストーリーがあります。2021年にタイトルパートナー、株式会社フォーラムエイトを迎え、2022年11月10〜13日に「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」として開催準備を進めております。私どもは2022年に向かって再び始動したのです。

開催エリアは2021年と同じく、愛知県内は岡崎市、豊田市、新城市、設楽町、岐阜県内は恵那市、中津川市となり、2県6市町での競技となります。サービスパーク、プレスルームは豊田スタジアム、ヘッドクオーターはスカイホール豊田に設置します。スペシャルステージ、およびリエゾンなど、各種スケジュールは最終調整中ですが、私たちはこれまでどおり、開催地域の皆さまとともにラリーを盛り上げて、信頼関係を築きながら成功させていきたいと思っています。

コロナに関してはまだ予断を許しませんが、地域住民の皆さま、観客、選手・関係者、関係各社の皆さまの健康を最大限に考慮しながら、2022年はなんとしてでも開催できるように尽力していく所存でございます。ぜひとも皆さまのご声援にお応えできるよう、魅力的なラリーイベントをご提供したいと思います。ご期待ください。

RALLY JAPAN PRESS

東京オートサロン2022号

新世代WRC 愛知・岐阜で目撃せよ

2022年世界ラリー選手権カレンダー
フォーラムエイト・ラリージャパン2022の見所にフォーカス

詳細はこちら

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS