限界ギリギリのドライビングが走りのスタイル

コリン・マクレー

コリン・マクレーのイメージ
1993年RACラリーでスバル・インプレッサをドリフトさせるマクレー

コリン・マクレー – Colin McRae MBE

1968年イギリスのスコットランド・ラナーク出身。WRCデビューは87年スウェーデン。スバル、フォード、シトロエン、シュコダ、シトロエンでWRCに出場。1995年WRCドライバーズチャンピオンを獲得。2003年にWRCを引退。2007年9月自宅近くのヘリコプター事故で死亡。

ラリードライバー、ジミー・マクレーを父に持ち、85年からタルボ・サンビームで英国内ラリー選手権などに出場。87年にはマシンをボクスホール・ノバに変更。90年までフォード・シエラRSコスワースでラリーに英国内選手権に参戦。当時、スバル・ワールドラリーチーム(SWRT)を運営していたプロドライブ代表のデイビッド・リチャーズに見いだされ、91年からスバル・レガシィRSで英国ラリー選手権に出場し同チャンピオンを獲得(92年も英国ラリーチャンピオンを獲得)。翌92年はSWRTからスバル・レガシィRSでWRCと英国内選手権に出場、雪のスウェーデンで2位に入り速さを見せる。同じ年の1000湖ラリーではレガシィRSを3度大転倒させるも走り切り9位フィニッシュ。当時のインタビューでは「常にマシンは限界ギリギリのところでコントロールしている。それが僕のスタイルだから」とコメントしている。しかしその派手なクラッシュとその後のリカバーから名前とクラッシュをかけた「Mcrash」(壊し屋マクレー)と呼ばれたりもした。マクレーのWRC初優勝は93年ニュージーランド。この時は「ラリーを攻めずに勝利できた」、と語りラリーの勝ち方を得たようだった。94年も派手なクラッシュをしていたマクレーだったが、95年にWRCドライバーチャンピオンを獲得。そしてスバルも念願のマニュファクチャラーズタイトルを獲得。マクレーのチャンピオン獲得はこの年だけだったが、1995~97年までWRCのマニュファクチャラーズタイトルを獲得することに貢献した。96年にはモータースポーツでの活躍が評価され大英帝国勲章(MBE)を授与された。97年からSWRTはマシンをスバル・インプレッサWR(ワールドラリー)カーを投入。マクレーはそのWRカーをダイナミックに走らせ、世界中のファンを魅了した。

マクレーは99年にフォードへ移籍するが、2002年までに9勝を挙げるもタイトル獲得に結び付かなかった。そしてマクレーは2003年にシトロエンへ移籍。同年でラリーを引退した。マクレーは当時のメディアに「ラリーカーに導入されたハイテクにより、ドライバーはマシンコントロールの余地が狭まり、ドライビングがつまらなくなった」とコメントしていた。

2002年サファリラリーでの優勝がWRC最後の優勝となった
2003年はセバスチャン・ローブの代役としてシトロエン・クサラWRCをドライブ

引退後もWRC以外のモータースポーツへ挑戦した。2004年と2005年には日産ラリーレイドチームからアリ・バタネン、ジニル・ド・ビリエらとともにダカールラリーに出場。2004年のル・マン24時間にはプロドライブからフェラーリ550GTSマラネロでダレン・ターナー、リカルド・リデルとともに出場し、総合9位、GTSクラス3位でフィニッシュ。

2005年にはイギリスとオーストラリアのWRCにシュコダWRCでスポット参戦。2006年のWRCトルコにもセバスチャン・ローブの代わりにシトロエン・クサラWRCでスポット参戦。そしてこれがマクレー最後のWRC参戦となった。2006年にはアメリカで人気の高かったXゲームにスバル・インプレッサで出場し、昔のマクレーらしいダイナミックなドライビングを披露している。

スバル時代のチームメイト、アリ・バタネンとともに2004年にはダカールラリーに出場

コリン・マクレー WRC勝利の記録

回数イベント名コ・ドライバーマシン
11993ラリーニュージーランドデレック・リンガースバル・レガシィRS
21994ラリーニュージーランドデレック・リンガースバル・インプレッサ555
31994RACラリーデレック・リンガースバル・インプレッサ555
41995ラリーニュージーランドデレック・リンガースバル・インプレッサ555
51995RACラリーデレック・リンガースバル・インプレッサ555
61996アクロポリスラリーデレック・リンガースバル・インプレッサ555
71996サンレモラリーデレック・リンガースバル・インプレッサ555
81996ラリーカタルーニャデレック・リンガースバル・インプレッサ555
91997サファリラリーニッキー・グリストスバル・インプレッサWRC97
101997ツール・ド・コルスニッキー・グリストスバル・インプレッサWRC97
111997サンレモラリーニッキー・グリストスバル・インプレッサWRC97
121997ラリーオーストラリアニッキー・グリストスバル・インプレッサWRC97
131997RACラリーニッキー・グリストスバル・インプレッサWRC97
141998ポルトガルラリーニッキー・グリストスバル・インプレッサWRC98
151998ツール・ド・コルスニッキー・グリストスバル・インプレッサWRC98
161998アクロポリスラリーニッキー・グリストスバル・インプレッサWRC98
171999サファリラリーニッキー・グリストフォード・フォーカスRS WRC99
181999ポルトガルラリーニッキー・グリストフォード・フォーカスRS WRC99
192000ラリーカタルーニャニッキー・グリストフォード・フォーカスRS WRC2000
202000アクロポリスラリーニッキー・グリストフォード・フォーカスRS WRC2000
212001アルゼンチンラリーニッキー・グリストフォード・フォーカスRS WRC01
222001キプロスラリーニッキー・グリストフォード・フォーカスRS WRC01
232001アクロポリスラリーニッキー・グリストフォード・フォーカスRS WRC01
242002アクロポリスラリーニッキー・グリストフォード・フォーカスRS WRC02
252002サファリラリーニッキー・グリストフォード・フォーカスRS WRC02

LEGEND CAR

レジェンド・カー

1980年3月のジュネーブモーターショーのアウディブースで「クワトロ」が発表され、11月にはアウディ・クワトロとして発売された。このクワト…

1981年、タルボ・サンビームロータスでWRCに出場してタルボのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献したジャン・トッドはコ・ドライバー…

1963年、鋼管バックボーンのフレームにFRP製ボディをかぶせ、ルノー製エンジンを搭載したGTカーがフランスに誕生した。これがアルピーヌ・…

蘇ったアバルトのGTラリーカー

フィアット・アバルト124ラリー

1966年トリノショーにフィアットからスポーツカーが発表された。それがフィアット124スポーツスパイダーだった。ピニンファリナのデザインに…

1979年のフランクフルトモーターショーに、1.3~1.5ℓのFF小型2ボックスカーとして発表されたランチア・デルタ。73年末から中東戦争…

日本車初のWRC優勝マシン

日産フェアレディ240Z/ダットサン240Z

日産自動車は1962年、国産本格的スポーツカー「ダットサン・フェアレディ」を発表。以降毎年改良を加え、国内レースや海外ラリーに出場してスポ…

1960年代よりモータースポーツ活動を行なっていた三菱は、海外ラリーにも目を向け、67年のオーストラリア・サザンクロスラリーに出場する。当…

70年代WRCに誕生したエボリューションモデル

フォード・エスコートRS 1800 Mk.2

1975年フォード・エスコートは、第2世代目の新型エスコートRS 1800 Mk.2へとモデルチェンジした。成功した初代エスコートRS16…

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS