10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

常に冷静、そして運命的なチームとの出会い

トミ・マキネン

トミ・マキネンのイメージ
1999年サンレモラリーに出場し優勝したマキネン(三菱ランサー・エボリューション6)

トミ・マキネン – Tommi Makinen

1964年フィンランド・プッポラ出身。WRCデビューは87年1000湖ラリー。マツダ、日産、三菱、スバルでWRCに出場。1996~1999年WRCドライバーズチャンピオンを4連覇。2003年現役引退。現・トミ・マキネンレーシング、トヨタ・ワールドラリーチーム代表。

トミ・マキネンは、1985年中古のフォード・エスコートを手に入れ21歳でラリーにデビューした。87年にはグループNのランチア・デルタHF 4WDでWRC1000湖ラリー(現・ラリーフィンランド)にデビュー。クラスでトップ争いするもリタイアしたが、その速さが注目され88~89年はフィンランドとイタリアを中心にランチア・デルタで活動した。90年はユハ・カンクネンらの支援によりグループN三菱ギャランVR-4でWRC5戦に出場。91年はマツダ・ラリーチームヨーロッパ(MRTE)からワークスマツダ323 GTXで、92年には日産ラリーチームヨーロッパ(NME)からサニー(パルサー)GTI-RでWRCに出場するが、日産がWRCから撤退したことでワークスのシートを失なう。93年にはアストラレーシングのランチア・デルタHF インテグラーレでWRCに出場。94年の1000湖ラリーではワークスフォード・エスコートRSコスワース4×4で出場しWRC初優勝。その後WRCサンレモラリーに、三菱ラリーアートヨーロッパから三菱ランサーエボリューションIIで出場する。

95年からは三菱ラリーアートヨーロッパ(MRE)から三菱ランサーエボリューションII&IIIでWRCとアジア-パシフィックラリー選手権に出場しWRCはシリーズ総合5位に。この年のドライバーチャンピオンはコリン・マクレーだった。以降もマクレーとはライバルとしてWRCでタイトル争いを繰り広げた。

当時マキネンは、三菱ランサーエボリューションに搭載するアクティブ4WDの開発にも深く携わりたびたび来日していた。その合間には95年に封切られたジャッキー・チェン主演映画「デッドヒート」に、三菱の契約ドライバー役のジャッキー・チェンのスタントドライバーとして登場している。

トミ・マキネンは、自ら開発を担当し熟知したランサーエボリューションを駆り、96年~99年までWRCドライバーズチャンピオンを獲得した。マキネンはテストを通じてマシンのドライビングを変化させた。フィンランド人ドライバーはグラベルラリーだけが得意と思われていた中で、モンテカルロやカタルーニャのようなターマックでも勝利を得た。マキネンと三菱は、運命的ともいえる当時最高の組み合わせだった。

97年のWRCは大幅な改造が認められ、三菱を除く他メーカーはワールドラリーカーを使っていたが、三菱は市販車ベースのグループAランサーエボリューションで戦っていた。しかし三菱とマキネンは、2000年にはプジョー206WRCで出場したマーカス・グロンホルムにタイトルを奪われ、グループAベースでは太刀打ちできなくなっていた。マキネンは2002年に、スバル・ワールドラリーチームに移籍し開幕戦モンテカルロラリーで優勝。そしてこれがマキネンWRC最後の優勝となった。

2002年スバル・ワールドラリーチームに移籍したマキネン

引退後はトミ・マキネンレーシングを設立、ラリーカーの製作・ラリー運営を行なっている。2015年にトヨタがWRC復帰を発表した際にはトヨタガズーレーシング・ワールドラリーチームの代表として就任することも発表された。2018年にはWRCマニュファクチャラーズタイトル獲得、2019年にはWRCドライバーズタイトルを獲得し、ラリー・ジャパンが開催される今季はダブルタイトル獲得を目指している。

2020年東京オートサロンのトヨタガズーレーシングブースでファンミーティングに参加したマキネン

トミ・マキネン WRC勝利の記録

回数イベント名コ・ドライバーマシン
119941000湖ラリーセッポ・ハルヤンネフォード・エスコートRSコスワース4×4
21996スウェディッシュラリーセッポ・ハルヤンネ三菱ランサーエボリューションⅢ
31996サファリラリーセッポ・ハルヤンネ三菱ランサーエボリューションⅢ
41996ラリーアルゼンチンセッポ・ハルヤンネ三菱ランサーエボリューションⅢ
519961000湖ラリーセッポ・ハルヤンネ三菱ランサーエボリューションⅢ
61996ラリーオーストラリアセッポ・ハルヤンネ三菱ランサーエボリューションⅢ
71997ポルトガルラリーセッポ・ハルヤンネ三菱ランサーエボリューションⅣ
81997ラリーカタルーニャセッポ・ハルヤンネ三菱ランサーエボリューションⅣ
91997ラリーアルゼンチンセッポ・ハルヤンネ三菱ランサーエボリューションⅣ
101997ラリーフィンランドセッポ・ハルヤンネ三菱ランサーエボリューションⅣ
111998スウェディッシュラリーリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューションⅣ
121998ラリーアルゼンチンリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューションⅤ
131998ラリーフィンランドリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューションⅤ
141998サンレモラリーリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューションⅤ
151998ラリーオーストラリアリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューションⅤ
161999ラリーモンテカルロリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューションⅥ
171999スウェディッシュラリーリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューションⅥ
181999ラリーニュージーランドリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューションⅥ
191999サンレモラリーリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューションⅥ
202000ラリーモンテカルロリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューションⅥ
212001ラリーモンテカルロリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューション6.5
222001ポルトガルラリーリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューション6.5
232001サファリラリーリスト・マニセンマキ三菱ランサーエボリューション6.5
242002ラリーモンテカルロカイ・リンドストロームスバル・インプレッサWRC01

LEGEND CAR

レジェンド・カー

1979年のフランクフルトモーターショーに、1.3~1.5ℓのFF小型2ボックスカーとして発表されたランチア・デルタ。73年末から中東戦争…

1960年代よりモータースポーツ活動を行なっていた三菱は、海外ラリーにも目を向け、67年のオーストラリア・サザンクロスラリーに出場する。当…

蘇ったアバルトのGTラリーカー

フィアット・アバルト124ラリー

1966年トリノショーにフィアットからスポーツカーが発表された。それがフィアット124スポーツスパイダーだった。ピニンファリナのデザインに…

1981年、タルボ・サンビームロータスでWRCに出場してタルボのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献したジャン・トッドはコ・ドライバー…

70年代WRCに誕生したエボリューションモデル

フォード・エスコートRS 1800 Mk.2

1975年フォード・エスコートは、第2世代目の新型エスコートRS 1800 Mk.2へとモデルチェンジした。成功した初代エスコートRS16…

1980年3月のジュネーブモーターショーのアウディブースで「クワトロ」が発表され、11月にはアウディ・クワトロとして発売された。このクワト…

1963年、鋼管バックボーンのフレームにFRP製ボディをかぶせ、ルノー製エンジンを搭載したGTカーがフランスに誕生した。これがアルピーヌ・…

日本車初のWRC優勝マシン

日産フェアレディ240Z/ダットサン240Z

日産自動車は1962年、国産本格的スポーツカー「ダットサン・フェアレディ」を発表。以降毎年改良を加え、国内レースや海外ラリーに出場してスポ…

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS