勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

常に高いプロ意識を持ちラリーへの情熱を欠かさない「闘牛士」

カルロス・サインツ

カルロス・サインツのイメージ
北欧系ドライバーの独壇場と言われた1000湖ラリーを1990年に制し、WRCドライバーズチャンピオン獲得に大きく前進した

カルロス・サインツ – Carlos Sainz

1962年スペイン・マドリッド出身。WRCデビューは87年ポルトガルラリー。フォード、トヨタ、ランチア、スバル、フォード、トヨタ、シトロエンでWRCに出場。1990、1992年WRCドライバーズチャンピオンを獲得(いずれもトヨタ)。2004年WRCを引退。その後フォルクスワーゲンのモータースポーツ開発にも協力し、ポロWRカー開発にも携わる。ラリーレイドへも進出しフォルクスワーゲン、プジョー、BMWで参戦。愛称は「エル・マタドール(闘牛士)」。

カルロス・サインツのラリースタートは、1980年からルノー5で始まった。83年からはルノー5ターボ2でラリーに出場。87年にはフォードワークスに抜擢され、シエラRSコスワースでWRCとヨーロッパラリー選手権(ERC)に出場。チームメイトはディディエ・オリオールだった。88年も引き続きフォードをドライブした。

転機は89年のTTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)への加入し、セリカGT-Four ST165でWRCに出場するようになってからだった。90年には北欧系ドライバーしか勝てないといわれていた1000湖ラリー(現・ラリーフィンランド)で非北欧系ドライバーとして初優勝を飾った。そしてこの年はWRCで4勝を挙げドライバーズチャンピオンを獲得する。これは日本メーカーにとっても初のタイトルだった。当時のWRCではグラベル(未舗装路)と、ターマック(舗装路)にそれぞれ速いドライバーを使い分けていたが、サインツはそのいずれでも速かった。

91年は5勝を挙げるも、僅差でランチアのユハ・カンクネンにタイトルをさらわれ2位。92年にはマシンもセリカGT-Four ST185が投入されサインツも2度目のタイトルを獲得する。この年はシーズン半ばまで新型セリカGT-Four ST185の開発が遅れていた。チームはシーズン終盤、サインツと徹底的なテストを行ない解決の糸口をつかみ、サインツの地元カタルーニャ、RACと勝利し栄冠をつかんだ。サインツは「最終戦前は失うものなど無かったから、全力を尽くすと決めていた。序盤よりラリーをリード出来て優勝したんだ」。

翌93年にはTTEを離れ、撤退したランチアの機材を引き継いだジョリークラブからWRCに出場。94年にはスバル・ワールドラリーチームに移籍し、インプレッサでWRCに出場した。チームメイトはコリン・マクレー。3勝を挙げるもタイトルはフォード時代のチームメイトだったオリオールに奪われる。95年はチームメイトのマクレーがタイトルを獲得し、サインツは2年連続シリーズ2位に。

サインツは96年にフォードへ移籍。サインツはフォード・エスコートRSコスワース4×4でWRCに出場、初開催のインドネシアを制した。97年にはマシンがエスコートWR(ワールドラリー)カーへ進化し、フォードで2勝を挙げる。

98年には再びTTEに復帰、新開発のカローラWRカーをドライブし2勝を挙げるもドライバータイトルは僅差で三菱のマキネンに。この時は最終戦RACラリー(現ラリーGB)でチャンピオン候補のマキネンがラリー開始早々にリタイア。トップを走るサインツは走り切れば優勝しチャンピオンを獲得できたが、最終ステージでエンジントラブルに見舞われリタイアしてしまった。99年もトヨタで参戦、2000年には再びフォードへ移籍。2002年までフォードからWRCに参戦。2003年にはシトロエンに移籍。2004年にアルゼンチンで優勝、これがサインツのWRC最後の優勝となる。

2000年キプロスラリーにフォード・フォーカスWRCで優勝した

またWRC引退以降はラリーレイドへ積極的に参戦。2006~2011年までフォルクスワーゲン・トゥアレグ、2015~2018年はプジョー3008DKR、2019年からはMINI JCWバギーでダカールラリーに出場。2018年、2020年はダカールラリーで総合優勝を果たしている。現在もフィジカルトレーニングを欠かしていない。息子のカルロス・サインツJrはF1ドライバーで活躍中。

2020年ダカールラリーではJCW X-レイド・ミニで総合優勝を飾る

カルロス・サインツ WRC勝利の記録

回数イベント名コ・ドライバーマシン
11990アクロポリスラリールイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST165
21990ラリーニュージーランドルイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST165
319901000湖ラリールイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST165
41990RACラリールイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST165
51991ラリーモンテカルロルイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST165
61991ポルトガルラリールイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST165
71991ツール・ド・コルスルイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST165
81991ラリーニュージーランドルイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST165
91991ラリーアルゼンチンルイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST165
101992サファリラリールイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST185
111992ラリーニュージーランドルイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST185
121992ラリーカタルーニャルイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST185
131992RACラリールイス・モヤトヨタ・セリカGT-FOUR ST185
141994ポルトガルラリールイス・モヤスバル・インプレッサ555
151995ラリーモンテカルロルイス・モヤスバル・インプレッサ555
161995ポルトガルラリールイス・モヤスバル・インプレッサ555
171995ラリーカタルーニャルイス・モヤスバル・インプレッサ555
18199インドネシアラリールイス・モヤフォード・エスコートRSコスワース4×4
191997アクロポリスラリールイス・モヤフォード・エスコートWRC97
201997インドネシアラリールイス・モヤフォード・エスコートWRC97
211998ラリーモンテカルロルイス・モヤトヨタ・カローラWRC
221998ラリーニュージーランドルイス・モヤトヨタ・カローラWRC
232000キプロスラリールイス・モヤフォード・フォーカスRS WRC2000
242002ラリーアルゼンチンルイス・モヤフォード・フォーカスRS WRC02
252003ラリートルコマルク・マルティシトロエン・クサラ WRC
262004ラリーアルゼンチンマルク・マルティシトロエン・クサラ WRC

LEGEND CAR

レジェンド・カー

日本車初のWRC優勝マシン

日産フェアレディ240Z/ダットサン240Z

日産自動車は1962年、国産本格的スポーツカー「ダットサン・フェアレディ」を発表。以降毎年改良を加え、国内レースや海外ラリーに出場してスポ…

蘇ったアバルトのGTラリーカー

フィアット・アバルト124ラリー

1966年トリノショーにフィアットからスポーツカーが発表された。それがフィアット124スポーツスパイダーだった。ピニンファリナのデザインに…

1980年3月のジュネーブモーターショーのアウディブースで「クワトロ」が発表され、11月にはアウディ・クワトロとして発売された。このクワト…

1981年、タルボ・サンビームロータスでWRCに出場してタルボのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献したジャン・トッドはコ・ドライバー…

70年代WRCに誕生したエボリューションモデル

フォード・エスコートRS 1800 Mk.2

1975年フォード・エスコートは、第2世代目の新型エスコートRS 1800 Mk.2へとモデルチェンジした。成功した初代エスコートRS16…

1963年、鋼管バックボーンのフレームにFRP製ボディをかぶせ、ルノー製エンジンを搭載したGTカーがフランスに誕生した。これがアルピーヌ・…

1960年代よりモータースポーツ活動を行なっていた三菱は、海外ラリーにも目を向け、67年のオーストラリア・サザンクロスラリーに出場する。当…

1979年のフランクフルトモーターショーに、1.3~1.5ℓのFF小型2ボックスカーとして発表されたランチア・デルタ。73年末から中東戦争…

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS