3ワークスでチャンピオンを獲得した稀有なドライバー

ユハ・カンクネン

ユハ・カンクネンのイメージ
1991年はランチア・デルタインテグラーレで3度目のタイトルを獲得。当時のサファリラリーは、アニマルガードが装着されている

ユハ・カンクネン – Juha Kankkunen

1959年フィンランド・ラウッカ出身。WRCデビューは79年1000湖ラリー。トヨタ、プジョー、ランチア、トヨタ、フォード、スバル、ヒュンダイでWRCに出場。1986、1987、1991、1993年WRCドライバーズチャンピオンを獲得。2002年WRCを引退するも、いまだにヒストリックカーラリーイベントなどに出場。

ラリーとアイスレースを趣味としていた父ペッカから、子供の頃にアイスレースを教えて貰ったユハ・カンクネン。ユハのラリースタートは、1978年のフォード・エスコートRS2000でフィンランド選手権にしたことだった。その年は5戦に出場。翌79年の地元フィンランドで開催された1000湖ラリーでは初WRCだったが総合14位フィニッシュ。

83年にはフィンランド人にとっても伝説のドライバーであるティモ・マキネンの推薦でTTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)に入る。この年の1000湖ラリーではその期待に応えるようにセリカ・ツインカムターボで堂々の総合6位フィニッシュ。カンクネンはTTEを足掛かりに「フィライング・フィン」へと飛躍する最初の大きな一歩となった。85年のサファリラリーではセリカ・ツインカムターボでWRC初優勝。同年のアイボリーコーストラリーで2勝目を挙げた。カンクネンは、このTTEでラリーの戦い方を学んだと言われている。

翌86年にはプジョーに移籍、205ターボ16E2でWRC3勝を挙げ初のドライバーズチャンピオンを27歳で獲得した。これは当時の最年少チャンピオンだった(95年にコリン・マクレーが27歳と109日で更新)。

1986年グループBプジョー205T16 E2でWRCチャンピオンを獲得
1986年グループBプジョー205T16 E2でWRCチャンピオンを獲得

車両規則がグループBからグループAに変わった87年はランチアに移籍。デルタHF 4WDで2勝を挙げチャンピオンを連覇。カンクネンは88年にTTEに復帰、89年のオーストラリアではセリカGT-FOUR ST165の初優勝を挙げた。これはトヨタの4WDラリーカー初優勝となった。

88年にはプジョー205T16のラリーレイド仕様でパリ~ダカールラリーに出場し、優勝している。

90年には再びランチアに加入。ドライバータイトルをトヨタのカルロス・サインツと争うもサインツにタイトルを奪われシーズン3位に。しかし翌91年にはランチアで3度目のドライバーズチャンピオンを獲得した。

93年には再びTTEに復帰し、新型セリカGT-FOUR ST185をドライブ。この移籍は、当初TTEが予定していたサインツが、スポンサー問題で他チームへ移籍。そのシートを埋めるかたちでの復帰だった。復帰したTTEでは新型セリカGT-FOUR ST185が投入されたばかりで開発と熟成が難航、苦戦を強いられたものの自身4度目のドライバーズチャンピオンと、チームにマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献した。

93年カンクネンのコ・ドライバーに就いたニッキー・グリストは「ラリーの時のユハは、いつも沈着冷静。本番の時に緊張しているユハを見たことがない。ユハは経験の塊で、毎ラリーが僕にとって貴重な時間だ」、と称賛している。カンクネンのラリースタイルは、得意なグラベルラリーよりも不得手とされるターマックラリーにあらわれる。優勝や高得点はグラベルラリーで獲ればいい。ターマックラリーではスタートから無理をして飛ばす必要はない、ラリー終盤まで待てば結果はそこでついてくる、としている。だがターマックで遅いわけではない。93年WRCでターマックイベントの1戦カタルニアでは、前出のコ・ドライバー、グリストと組んで間もない時ではあったが、ステージを攻めて3位でフィニッシュしてみせたのだ。

1993年のサファリラリーに出場するTTEは4台のラリーカーを投入。背後は支援のサービスカーとスタッフ

96年までTTEで走ったユハは、97年からフォードに移籍し98年までエスコートWRカーを走らせる。99年から新天地スバル・ワールドラリーチーム(SWRT)に移籍した。カンクネンはもう優勝を狙えないかと思われていたが、地元フィンランドではインプレッサWRC99で優勝。そしてこれがカンクネン最後の優勝となった。

2001年のフィンランドではヒュンダイら、ヒュンダイ・アクセントWRCで出場。翌2002年もヒュンダイでWRCに参戦するが、この年限りでカンクネンは第一線を退いた。

2007年には、自身が所有するベントレー・コンチネンタルGTで氷上世界速度記録を樹立。平均時速は321.65キロ、最高時速331キロだったが、2011年にはベントレー・コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブルで平均時速330.695キロを樹立した。 

カンクネン最後の優勝となった1999年のフィンランド

ユハ・カンクネン WRC勝利の記録

回数イベント名コ・ドライバーマシン
11985サファリラリーフレッド・ギャラハートヨタ・セリカ・ツインカムターボ
21985アイボリーコーストラリーフレッド・ギャラハートヨタ・セリカ・ツインカムターボ
31986スウェディッシュラリーユハ・ピロネンプジョー205T16 E2
41986アクロポリスラリーユハ・ピロネンプジョー205T16 E2
51986ニュージーランドラリーユハ・ピロネンプジョー205T16 E2
61987オリンパスラリーユハ・ピロネンランチア・デルタHF4WD
71987RACラリーユハ・ピロネンランチア・デルタHF4WD
81989オーストラリアラリーユハ・ピロネントヨタ・セリカGT-FOUR ST165
91990オーストラリアラリーユハ・ピロネンランチア・デルタインテグラーレ16V
101991サファリラリーユハ・ピロネンランチア・デルタインテグラーレ16V
111991アクロポリスラリーユハ・ピロネンランチア・デルタインテグラーレ16V
1219911000湖ラリーユハ・ピロネンランチア・デルタインテグラーレ16V
131991オーストラリアラリーユハ・ピロネンランチア・デルタインテグラーレ16V
141991RACラリーユハ・ピロネンランチア・デルタインテグラーレ16V
151992ポルトガルラリーユハ・ピロネンランチア・デルタインテグラーレ16V
161993サファリラリーユハ・ピロネントヨタ・セリカGT-FOUR ST185
171993アルゼンチンラリーニッキー・グリストトヨタ・セリカGT-FOUR ST185
1819931000湖ラリーニッキー・グリストトヨタ・セリカGT-FOUR ST185
191993オーストラリアラリーニッキー・グリストトヨタ・セリカGT-FOUR ST185
201993RACラリーニッキー・グリストトヨタ・セリカGT-FOUR ST185
211994ポルトガルラリーニッキー・グリストトヨタ・セリカGT-FOUR ST185
221999アルゼンチンラリーユハ・レポスバル・インプレッサWRC99
2319991000湖ラリーユハ・レポスバル・インプレッサWRC99

LEGEND CAR

レジェンド・カー

1979年のフランクフルトモーターショーに、1.3~1.5ℓのFF小型2ボックスカーとして発表されたランチア・デルタ。73年末から中東戦争…

1981年、タルボ・サンビームロータスでWRCに出場してタルボのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献したジャン・トッドはコ・ドライバー…

1960年代よりモータースポーツ活動を行なっていた三菱は、海外ラリーにも目を向け、67年のオーストラリア・サザンクロスラリーに出場する。当…

日本車初のWRC優勝マシン

日産フェアレディ240Z/ダットサン240Z

日産自動車は1962年、国産本格的スポーツカー「ダットサン・フェアレディ」を発表。以降毎年改良を加え、国内レースや海外ラリーに出場してスポ…

70年代WRCに誕生したエボリューションモデル

フォード・エスコートRS 1800 Mk.2

1975年フォード・エスコートは、第2世代目の新型エスコートRS 1800 Mk.2へとモデルチェンジした。成功した初代エスコートRS16…

1980年3月のジュネーブモーターショーのアウディブースで「クワトロ」が発表され、11月にはアウディ・クワトロとして発売された。このクワト…

蘇ったアバルトのGTラリーカー

フィアット・アバルト124ラリー

1966年トリノショーにフィアットからスポーツカーが発表された。それがフィアット124スポーツスパイダーだった。ピニンファリナのデザインに…

1963年、鋼管バックボーンのフレームにFRP製ボディをかぶせ、ルノー製エンジンを搭載したGTカーがフランスに誕生した。これがアルピーヌ・…

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS