ラリージャパンを盛り上げてくれるボランティアの募集を開始します

7歳でラリードライバーになる決心を固めたワルデガルド

ビヨン・ワルデガルド

ビヨン・ワルデガルドのイメージ
1977年フォード・エスコートで出場したRACラリー

ビヨン・ワルデガルド – Bjorn Waldegard

1943年スウェーデン・ストックホルム出身。WRCデビューはWRC開始の73年第1戦モンテカルロにフィアット・アバルト124ラリー。ポルシェ、トヨタ、ランチア、フォード、オペル、シトロエン、メルセデスなど各メーカーで出場した。WRCで最初にドライバーズ選手権が懸けられた1979年にタイトルを獲得。2014年逝去。

ワルデガルドは7歳の時に将来ラリードライバーになろうと決心した。それはワルデガルドの父がモータースポーツ好きでイベントにも出ていたことが影響している。その父親も12歳で家からストックホルムまでの50キロを運転したという。ワルデガルドの決心を裏付けるかのように1962年、ワルデガルドは免許を取った一週間後にVWビートルでスウェーデンの国内ラリーに出場した。最初のコ・ドライバーはその父親だったが、ラリーのスピードに根を上げ、2戦目からは代わりの人がコ・ドライバーを務めたという。ワルデガルドは66年までVWビートルで国内選手権を中心に活動した。

67年からマシンがポルシェ911に変更された。これはスウェーデンのポルシェディーラーが、ワルデガルドをサポートしていたVWと同じ会社だったからだ。スウェーデンとヨーロッパラリー選手権(ERC)で優勝を重ねたワルデガルドは、68年のモンテカルロにディーラーチームのマシンで10位に入ると、69年のモンテカルロでワークスポルシェのシートを得ることができた。そしてそれに応えるように優勝を果たした。翌70年のモンテカルロでも連覇を達成した。WRC制定前のERCは、当時ラリーを戦う自動車メーカーにとって大きなプロモーションの場だったのだ。

1970年のモンテカルロラリーで優勝したポルシェ911。69年に続く連覇だ

73年にWRCがスタートすると、ワルデガルドはフィアット、VW、ポルシェとイベントごとに違うクルマをドライブした。これは当時のメーカーとドライバーの契約はイベントごとが多かったためだ。

75~76年にはランチアからストラトスでWRCに出場し、3勝を挙げた。ワルデガルドは、このランチア時代にラリーカーの開発とテストの方法を学んだ、と当時語っている。77~79年はフォード、80年にはメルセデス・ベンツで500SLCのラリーカーでWRCに数戦出場し80年のコート・ジ・ボアールでは優勝している。このマシンはオートマミッションを搭載したラリーカーだった。

1977年フォード・エスコートで出場したRACラリー。フィニッシュ後はラリーカーの上で表彰を受ける。向かって左はトーゼリウス
メルセデス・ベンツ500SLCで優勝したコート・ジ・ボアール。オートマでエアコン付きだったという

74年以降、たびたび同郷のオベ・アンダーソンが立ち上げたTTEのラリーカーをドライブしたワルデガルドだったが、81年からはWRC、ERCにトヨタ車で出場する回数が増えた。82年のニュージランドではグループ4のトヨタ・セリカ2000GTで優勝を飾る。グループBのセリカ・ツインカムターボでも、サファリやコート・ジ・ボアールで優勝を重ねた。

トヨタ・セリカ・ツインカムターボで優勝。ワルデガルドとともに、TTE代表オベ・アンダーソンらが表彰を受ける

WRCでは86年にグループBが廃止され、87年からグループA規定に変わった。ランチアはターボ4WDのランチア・デルタが存在していたので、そのままWRCに出場できたが、トヨタにはスープラしか無かった。ワルデガルドは、スープラでWRC数戦に出場。ワルデガルドもチームも、ターボ4WDのセリカGT-FOUR ST165の登場を待った。

88年からセリカGT-FOUR ST165でWRC、ERC、中東選手権に出場し優勝を含め上位フィニッシュした。そして90年のサファリラリーでは優勝。当時46歳のワルデガルド、ドライバーのWRC優勝は最高齢の記録として現在も破られていない。

ワルデガルドはかつて自分自身のラリーの取り組みをこう語っていた。「ラリーは自分自身の力を試して、その限界を知ることなんだ。スカンジナビアンドライバーは、悪い場面に直面しても適応力があり、なんとかいい方向へ導こうとする。スカンジナビアンドライバーがラリーで成功している秘訣でもあるだろうね」。

87年に開催された香港北京ラリーにトヨタ・スープラで出場し優勝。当時のコ・ドライバーはフレッド・ギャラハー

ビヨン・ワルデガルド WRC勝利の記録

回数イベント名コ・ドライバーマシン
11975スウェディッシュラリーハンス・トーゼリウスランチア・ストラトスHF
21975サンレモラリーハンス・トーゼリウスランチア・ストラトスHF
31976サンレモラリーハンス・トーゼリウスランチア・ストラトスHF
41977サンレモラリーハンス・トーゼリウスフォード・エスコートRS1800 Mk.2
51977アクロポリスラリーハンス・トーゼリウスフォード・エスコートRS1800 Mk.2
61977RACラリーハンス・トーゼリウスフォード・エスコートRS1800 Mk.2
71978スウェディッシュラリーハンス・トーゼリウスフォード・エスコートRS1800 Mk.2
81979アクロポリスラリーハンス・トーゼリウスフォード・エスコートRS1800 Mk.2
91979ケベックラリーハンス・トーゼリウスフォード・エスコートRS1800 Mk.2
101980コート・ジ・ボアールハンス・トーゼリウスメルセデス・ベンツ500SLC
111982ニュージーランドラリーハンス・トーゼリウストヨタ・セリカ2000GT
121983コート・ジ・ボアールハンス・トーゼリウストヨタ・セリカ・ツインカムターボ
131984サファリラリーハンス・トーゼリウストヨタ・セリカ・ツインカムターボ
141986サファリラリーハンス・トーゼリウストヨタ・セリカ・ツインカムターボ
151986コート・ジ・ボアールハンス・トーゼリウストヨタ・セリカ・ツインカムターボ
161990サファリラリーフレッド・ギャラハートヨタ・セリカ GT-FOUR ST165

LEGEND CAR

レジェンド・カー

日本車初のWRC優勝マシン

日産フェアレディ240Z/ダットサン240Z

日産自動車は1962年、国産本格的スポーツカー「ダットサン・フェアレディ」を発表。以降毎年改良を加え、国内レースや海外ラリーに出場してスポ…

1981年、タルボ・サンビームロータスでWRCに出場してタルボのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献したジャン・トッドはコ・ドライバー…

70年代WRCに誕生したエボリューションモデル

フォード・エスコートRS 1800 Mk.2

1975年フォード・エスコートは、第2世代目の新型エスコートRS 1800 Mk.2へとモデルチェンジした。成功した初代エスコートRS16…

1979年のフランクフルトモーターショーに、1.3~1.5ℓのFF小型2ボックスカーとして発表されたランチア・デルタ。73年末から中東戦争…

蘇ったアバルトのGTラリーカー

フィアット・アバルト124ラリー

1966年トリノショーにフィアットからスポーツカーが発表された。それがフィアット124スポーツスパイダーだった。ピニンファリナのデザインに…

1980年3月のジュネーブモーターショーのアウディブースで「クワトロ」が発表され、11月にはアウディ・クワトロとして発売された。このクワト…

1960年代よりモータースポーツ活動を行なっていた三菱は、海外ラリーにも目を向け、67年のオーストラリア・サザンクロスラリーに出場する。当…

1963年、鋼管バックボーンのフレームにFRP製ボディをかぶせ、ルノー製エンジンを搭載したGTカーがフランスに誕生した。これがアルピーヌ・…

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS