勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

オール・オア・ナッシンングが走りの信条

アリ・バタネン

アリ・バタネンのイメージ
グループA時代に入り、88年最終戦より、三菱ギャランVR-4をドライブ。地元フィンランドの1000湖ラリーでは2位フィニッシュ

アリ・バタネン – Ari Vatanen

1952年、フィンランド・トゥーポバラ出身。最初のWRCは74年の1000湖ラリー、オペル・アスコナだった。その後フォード、オペル、プジョー、BMW、三菱、スバルでWRCに出場。85年アルゼンチンではクラッシュ、ラリー復帰まで18か月掛かった。ラリーレイドも87年からプジョー、シトロエン、日産、VWから出場。ラリー引退後は1999年から2009年まで欧州議会議員。

バタネンがラリーに興味を持ったのは1965年頃。「65年の1000湖ラリーでVWビートルに乗るワルデガルドを見たんだ。その頃からワルデガルドの名前を強く覚えている」。その10年後にはワルデガルドとともにフォード・エスコートを駆り、1000湖ラリーに出場していたのだ。その1000湖ラリーでは、SS7で派手なクラッシュをしてリタイアするまで、並み居る強豪を圧倒してトップを走っていたのだった。

バタネンは持っていたオペルで71年からフィンランド国内で開催されるラリーに出場を開始。翌75年からフォードチームに加入しWRCや英国ラリー選手権に出場。76年には英国チャンピオンを獲得。その後80年にも同タイトルを獲得している。その時のコ・ドライバーが、後にプロドライブ社を創業したデイビッド・リチャーズだった。

この頃のバタネンは「オール・オア・ナッシング」という攻撃的なドライビングスタイルが定着したようだ。後輪駆動のラリーカーを、深いドリフトアングルでコーナーを立ち上がっていくドライビングは、後のターボ4WDのラリーカードライビングでも引き継がれた。

79年からはロスマンズのスポンサーを得てWRCへの出場が増え、81年には3勝を挙げてWRCドライバーズチャンピオンを獲得。83年にはロスマンズがスポンサーするオペル・アスコナ400でWRCに出場。そして84年にはプジョーへ移籍しグループBプジョー205T16をドライブすることに。ミッドシップのターボ4WDラリーカーを走らせるのは初めてだったがシーズン後半に3勝を挙げシリーズ4位に。85年は開幕から2連勝、シリーズチャンピオンを狙う年だったが、シリーズ中盤のアルゼンチンで大クラッシュ。再起不能と思われ、86年いっぱいまで闘病生活を送る。

プジョー205T16での2勝目となったサンレモで
ラリーレイド仕様に改造されたプジョー205T16 E2で優勝した

復帰の87年パリ~ダカールラリーを優勝で終えると、WRCはサファリラリー、グループAスバル・レオーネでの出場だった。この年の1000湖を2位でフィニッシュ(フォード・シエラ)する。88年は、プロドライブ制作のBMW M3で出場すると同年最終戦のRACラリーに三菱ギャランVR-4で出場した。復調したバタネンは、89年をラリーアート・ヨーロッパから三菱ギャランVR-4をドライブすることになった。マシン開発をしながらのラリー参戦であったが90年の1000湖ラリーで2位フィニッシュ。

91年からはプロドライブがチーム運営するスバル・ワールドラリーチーム(SWRT)からWRCに出場。92年のRACラリーでレガシィを2位、93年の1000湖ラリーでは、デビューしたインプレッサを2位でフィニッシュさせた。

スバルでは93年の1000湖でインプレッサを、続くオーストラリアではレガシィを連続して2位でフィニッシュさせた

バタネンは自分自身と、フィンランド人がラリーの世界で多いことについて、かつてこんなことを語っていた。「フィンランド人は個性が強く、内向的だ。協調性に欠けるのかな。なんでも自分ひとりでやり遂げようとするんだ。だからラリーもギブアップしなければ、いつかリカバリーできると思っている。長距離向きだね」。それを実証するように、87年からはパリ~ダカールラリーに2007年まで出場。4度の総合優勝を飾っている。

バタネンは1999年に欧州議会議員に当選し2009年まで務めた。同年のマックス・モズレーFIA会長の任期切れにともなう選挙に出馬するが落選。そのFIA会長選挙をバタネンとともに争ったのは、プジョー時代の監督のジャン・トッドだった。

1999年には欧州議会議員に出馬し当選、再選を経て2009年まで議員活動を続けた

アリ・バタネン WRC勝利の記録

回数イベント名コ・ドライバーマシン
11980アクロポリスラリーデイビッド・リチャーズフォード・エスコートRS1800 Mk.2
21981アクロポリスラリーデイビッド・リチャーズフォード・エスコートRS1800 Mk.2
31981ブラジルラリーデイビッド・リチャーズフォード・エスコートRS1800 Mk.2
419811000湖ラリーデイビッド・リチャーズフォード・エスコートRS1800 Mk.2
51983サファリラリーテリー・ハリマンオペル・アスコナ400
619841000湖ラリーテリー・ハリマンプジョー205 T16
71984サンレモラリーテリー・ハリマンプジョー205 T16
81984RACラリーテリー・ハリマンプジョー205 T16
91985モンテカルロラリーテリー・ハリマンプジョー205 T16
101985スウェデイッシュラリーテリー・ハリマンプジョー205 T16

LEGEND CAR

レジェンド・カー

1980年3月のジュネーブモーターショーのアウディブースで「クワトロ」が発表され、11月にはアウディ・クワトロとして発売された。このクワト…

1979年のフランクフルトモーターショーに、1.3~1.5ℓのFF小型2ボックスカーとして発表されたランチア・デルタ。73年末から中東戦争…

70年代WRCに誕生したエボリューションモデル

フォード・エスコートRS 1800 Mk.2

1975年フォード・エスコートは、第2世代目の新型エスコートRS 1800 Mk.2へとモデルチェンジした。成功した初代エスコートRS16…

1981年、タルボ・サンビームロータスでWRCに出場してタルボのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献したジャン・トッドはコ・ドライバー…

1963年、鋼管バックボーンのフレームにFRP製ボディをかぶせ、ルノー製エンジンを搭載したGTカーがフランスに誕生した。これがアルピーヌ・…

日本車初のWRC優勝マシン

日産フェアレディ240Z/ダットサン240Z

日産自動車は1962年、国産本格的スポーツカー「ダットサン・フェアレディ」を発表。以降毎年改良を加え、国内レースや海外ラリーに出場してスポ…

1960年代よりモータースポーツ活動を行なっていた三菱は、海外ラリーにも目を向け、67年のオーストラリア・サザンクロスラリーに出場する。当…

蘇ったアバルトのGTラリーカー

フィアット・アバルト124ラリー

1966年トリノショーにフィアットからスポーツカーが発表された。それがフィアット124スポーツスパイダーだった。ピニンファリナのデザインに…

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS