ラリージャパンを盛り上げてくれるボランティアの募集を開始します

日本とつながりの強かったドライバーミッコラ

ハンヌ・ミッコラ

ハンヌ・ミッコラのイメージ
1978年のRACラリーで優勝。この年イギリス国内選手権ではシリーズチャンピオンを獲得した

ハンヌ・ミッコラ – Hannu Mikkola

1942年フィンランド・ヨエンスー出身。ラリーのスタートは1963年、ボルボ444で。初めてのWRCは1973年モンテカルロ、フォード・エスコートRS1600Mk.Ⅰで出場し4位に。当時はすでにフォードワークスドライバーだった。75年からトヨタ、78年からは再びフォードで出場。81年からラリーに新風を呼んだターボ4WDマシンのアウディ・クワトロをドライブ。83年にはアウディでドライバーズタイトルを獲得。88年からはマツダ323 4WD(ファミリア)でWRCに出場、91年までマツダのWRC活動に尽力。93年には、スバルやトヨタで参戦するが、以降は現役を引退、ヒストリックラリーなどに参加している。

ミッコラのラリースタートは21歳(1963年)の時に中古のボルボ444でフィンランド国内のラリーに出場。翌年はシムカ1500でラリーに数戦出場するがリタイア続きだった。当時VWビートルで出場していたパウリ・トイボネン(ヘンリ・トイボネンの父)の誘いで、まだヨーロッパラリー選手権(ERC)の1戦だった1000湖ラリーにVWビートルで出場するも、点火系トラブルでリタイア。当時エンジニアとしての勉強をしていたミッコラは積極的にラリーには出られなかったが、66年にボルボ544、122で国内ラリーに出場すると1勝を挙げ、フィンランド選手権でシリーズ2位になった。翌67年にはスポット参戦だったが、ワークスランチアのフルビアでモンテカルロラリーに出場した。この頃ミッコラは、当時のトップドライバーとして活躍していたティモ・マキネンらを国内選手権で負かすなど速さをみせていた。

68年には日産フェアレディでモンテカルロラリーに出場。9位でフィニッシュ。当時のミッコラは日産のほかにランチアが注目していたが、日産の契約が早かったのだ。日産は3戦の契約だったので、日産が出場しない他のラリーにはランチアで出場。同年の1000湖ラリーをフォード・エスコートツインカムで出場すると念願の初優勝。フィンランド選手権はボルボ122でチャンピオンを獲得。

1968年モンテカルロラリーに、ダットサン2000(フェアレディ)で出場したミッコラ

69年は日産でもランチアでもなく、フォードからヨーロッパラリー選手権(ERC)に出場する。これはWRC制定以前(WRCは1973年から)だったため、ヨーロッパはラリー人気が最大に強かったからだ。フォードとの契約は74年まで続いた。ただその期間中も、フォードが出ないイベントについてはボルボやプジョーでラリーに出場していた。70年にはロンドン~メキシコ・ワールドラリーカップにフォード・エスコート1850GT Mk.Ⅰで出場、2万5700キロのコース内に設けられた800キロのステージを9時間7分で走り優勝。

1972年サファリラリーに、フォード・エスコートRS1600で優勝

75年はWRCの前半をフィアットとプジョーで出場、コ・ドライバーはジャン・トッドだった。フィアットのチームメイトには、マルク・アレンがいた。互いにいい意味でのライバルだったが、モンテカルロラリーの時にはアレンとの争いでかなり熱くなっていた。トッドから「OK、ハヌー、もう限界に来ている、ベストは尽くしている」とたしなめられ、ラリー中の冷静さを取り戻したという。同年の1000湖ラリーにはトヨタ・カローラレビンTE27で優勝。トヨタに貴重なヨーロッパラウンドでの初優勝をプレゼントした。同年のRACラリーにはセリカ2000GTで出場した。また当時メーカーが積極的に出場していたオーストラリアのサザンクロスラリーには、三菱ランサーGSRで出場している。

1975年1000湖ラリーには、トヨタ・カローラレビンTE27で優勝。「フォードより40馬力くらい足りなかった」と言っていた中での優勝だった
1975年のサザンクロスラリーに、三菱ランサーGSRでスポット参戦した

76年は開幕戦のモンテカルロはオペルで出場したものの、そのほかのイベントをトヨタとプジョーから出場した。コ・ドライバーに変化があった。ジャン・トッドをメインに、数戦をアーネ・ハーツと組んだ。ハーツとは翌77年から87年まで続いた。

78年ラリードライバーズカップ(翌年WRCドライバー選手権の前身)、79-80年のWRCドライバーズ選手権と3年連続でシリーズ2位となった。

1979年はコート・ジ・ボアールに、メルセデス・ベンツ450SLCで出場、優勝した

81年からアウディに移籍し、WRCにラリーカーの変革を持ち込んだアウディ・クワトロでラリーに出場しスウェディッシュとRACに優勝した。82年はRACに優勝。83年は4勝を挙げてドライバーズチャンピオンを獲得した。グループB時代を経てアウディには87年まで在籍、87年のサファリラリーにはグループAアウディ200クワトロで優勝した。これがミッコラのWRC最後の優勝となった。

ターボ4WDのラリーカー、アウディ・クワトロはWRCに変革を持ち込んだ。写真は1984年アクロポリスのアウディ・クワトロA2
ミッコラ最後のWRC優勝は、87年サファリ。アウディ200クワトロだった

88年からはマツダラリーチームヨーロッパ(MRTE)から1.6ℓターボ4WDのマツダ323 4WD(ファミリア)で出場、マツダの4WDターボの開発・熟成に尽力。マツダ時代からコ・ドライバーはクリスチャン・ゲイストドルファーに代わった。90年の1000湖ラリーからマツダは1.8ℓターボ4WDの323GTXを投入。91年でマツダがWRCから撤退すると、ミッコラのワークスチームによる活動も終わった。しかし93年にはスウェディッシュにはスバル・ワールドラリーチームの(SWRT)スバル・レガシィRSで、1000湖ラリーにはTTEのトヨタ・セリカGT-FOUR ST185で出場した。スウェディッシュはリタイアしたが、1000湖は7位でフィニッシュ、ミッコラの存在感を示した。

以後はフォード・エスコートRSなどで、ヒストリックカーラリーに出場している。

ハンヌ・ミッコラ WRC勝利の記録

回数イベント名コ・ドライバーマシン
119741000湖ラリージョン・ダベンポートフォード・エスコートRS1600 Mk.Ⅰ
21975モロッコラリージャン・トッドプジョー504Ti
319751000湖ラリーアゾ・アホトヨタ・カローラレビンTE27
41978RACラリーアーネ・ハーツフォード・エスコートRS1800 Mk.Ⅱ
51979ポルトガルラリーアーネ・ハーツフォード・エスコートRS1800 Mk.Ⅱ
61979ニュージーランドラリーアーネ・ハーツフォード・エスコートRS1800 Mk.Ⅱ
71979RACラリーアーネ・ハーツフォード・エスコートRS1800 Mk.Ⅱ
81979コート・ジ・ボアールアーネ・ハーツメルセデス・ベンツ450SLC
91981スウェデイッシュラリーアーネ・ハーツアウディ・クワトロ
101981RACラリーアーネ・ハーツアウディ・クワトロ
1119821000湖ラリーアーネ・ハーツアウディ・クワトロ
121982RACラリーアーネ・ハーツアウディ・クワトロ
131983スウェデイッシュラリーアーネ・ハーツアウディ・クワトロA1
141983ポルトガルラリーアーネ・ハーツアウディ・クワトロA1
151983アルゼンチンラリーアーネ・ハーツアウディ・クワトロA2
1619831000湖ラリーアーネ・ハーツアウディ・クワトロA2
171984ポルトガルラリーアーネ・ハーツアウディ・クワトロA2
181987サファリラリーアーネ・ハーツアウディ200クワトロ

LEGEND CAR

レジェンド・カー

1963年、鋼管バックボーンのフレームにFRP製ボディをかぶせ、ルノー製エンジンを搭載したGTカーがフランスに誕生した。これがアルピーヌ・…

1980年3月のジュネーブモーターショーのアウディブースで「クワトロ」が発表され、11月にはアウディ・クワトロとして発売された。このクワト…

1979年のフランクフルトモーターショーに、1.3~1.5ℓのFF小型2ボックスカーとして発表されたランチア・デルタ。73年末から中東戦争…

蘇ったアバルトのGTラリーカー

フィアット・アバルト124ラリー

1966年トリノショーにフィアットからスポーツカーが発表された。それがフィアット124スポーツスパイダーだった。ピニンファリナのデザインに…

1960年代よりモータースポーツ活動を行なっていた三菱は、海外ラリーにも目を向け、67年のオーストラリア・サザンクロスラリーに出場する。当…

70年代WRCに誕生したエボリューションモデル

フォード・エスコートRS 1800 Mk.2

1975年フォード・エスコートは、第2世代目の新型エスコートRS 1800 Mk.2へとモデルチェンジした。成功した初代エスコートRS16…

日本車初のWRC優勝マシン

日産フェアレディ240Z/ダットサン240Z

日産自動車は1962年、国産本格的スポーツカー「ダットサン・フェアレディ」を発表。以降毎年改良を加え、国内レースや海外ラリーに出場してスポ…

1981年、タルボ・サンビームロータスでWRCに出場してタルボのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献したジャン・トッドはコ・ドライバー…

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS