勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

元スキーヤーでドイツ人初のWRCチャンピオン

バルター・ロール

バルター・ロールのイメージ
オペルで活躍し一躍注目を集めたロール(手前)。奥はコドライバーのヨッヘン・ベルガー

バルター・ロールは1947年にドイツ・バイエルン州レーゲンスブルク出身。彼は12歳でババリア地方のジュニアチャンピオンになるほどスキーの才能に優れていた。しかし大回転の競技中に転倒し両足を骨折、選手の道を絶たれてしまった。それでもプロのスキーコーチになろうとしていたロールに、普段からスキー場への往復で一緒だった友人のヘルベルト・マルチェクから「クルマの運転が好きならラリーに出てみたら?」とアドバイスされたという。

1968年のババリアラリーにマルチェクのフィアット850で出場するもエンジントラブルでリタイア。しかしロールはラリーに興味を持ち、翌年も出場。今度はBMW2002で出場。コドライバーは再びマルチェクだった。ロールはウイナーを10秒近くまで追い上げたものの、途中で部品を交換したとのクレームが出たためリタイアしてしまう。70年のババリアラリーには中古のポルシェ911Sで出場。このラリーもリタイアしてしまったが、最初の5SSでは2位に30秒の差をつけてトップを走っていた。この速さでロールの名は知られるようになり、71年にはドイツ・フォードのラリープランに抜擢された。このプランは発売されたばかりのフォード・カプリ2600を使ってラリーに出場するもので、新人のロールは2度の優勝を得て、71年のドイツ選手権ではシリーズ3位に。この年のドイツチャンピオンは後にマツダ・ラリーチーム・ヨーロッパの監督となるアキム・バルンボルトで、BMWワークスの2002Tiで出場していた。

72年にはフォードがレース活動を中心にしたため、ロールはラリーに3戦出ただけだった。このフォードの方針変更から、ロールはラリー活動に意欲を持っていたオペルへの移籍を決める。73年にはオペル・コモドール、アスコナでドイツ選手権、ヨーロッパ選手権に出場し5勝を挙げた。そして翌74年にはオペルにヨーロッパ選手権チャンピオンのタイトルをもたらした。さらに出場したRACラリーでも総合5位でフィニッシュ。ロールの名前はヨーロッパのみならず、WRCでも知られるようになった。

74年はヨーロッパ選手権で6勝を挙げてチャンピオンを獲得。オペルも初のビッグタイトルを獲得。写真は優勝したチェコのビルタバラリー

当時のラリードライバーは、イベントごとのスポット契約による出場が一般的だったが、ロールはラリーカーの開発とイベント出場を含めた年間契約だったため、他のラリーカーに乗ることもなかった。当時のインタビューで「フォードからオペルに移ったのは、フォードがラリー活動を縮小したから。私はオペルの親会社であるゼネラルモータースとの契約だったんだ。年間契約だとエンジニアやメカニックとの関係も良好になるし都合がよかった」。オペルについても「乗りやすいのはアスコナ。頑丈なせいでコントロールしやすい。カデットは小さいから神経質なところがある」と語っていた。ロールとオペルとの契約は77年まで続いた。

77年末には数戦、フィアット131アバルトでWRCに参戦したロールはフィアットに移籍、80年までフィアット/ランチアに乗ることになり数々のイベントで優勝を飾った。そして80年には自身初のWRCドライバーズチャンピオンを獲得した。ドイツ人として初のWRCチャンピオンだった。

その頃インタビューで「もし自由にチームを選べるならポルシェでラリーに出たい。ポルシェはドライビングが難しいから、ポルシェに乗るドライバーにふさわしいかどうかだけれどね」。その希望が叶ったのは81年。ヨーロッパ選手権とWRCにポルシェ924カレラと911SCで出場することができた。

しかし速くてマシン開発のできるドライバーは引く手あまただった。82年には再びオペルでラリーに出場。早速モンテカルロラリーでは、オペル・アスコナ400で80年(フィアット131アバルト)に続いて2度目のモンテカルロ優勝を飾った。この後ロールは83年にはランチアラリーで、84年はアウディ・クワトロと4度のモンテカルロ優勝をそれぞれ別なラリーカーで制するという記録を達成した。82年はモンテカルロの優勝と、コート・ジボアールの優勝を始めとして好成績を重ね2度目のWRCチャンピオンを獲得した。

フィアット、ポルシェを経て再びオペルに移籍。オペル・アスコナ400で2度目のワールドチャンピオンに

83年には再びランチアでWRCに出場したがモンテカルロ、ポルトガル、ニュージーランドで優勝しドライバーズチャンピオンが見えてきたにもかかわらず、ランチアがサンレモでマニュファクチャラーズタイトルを獲得した途端にラリー活動を縮小したため、チャンピオンを獲得できなかった。

ランチアに限界を感じていたロールは84年をアウディから出場することに決めた。それはアウディがターボ4WDラリーカーのクワトロを持っていたからだ。WRCにマシン革命をもたらしたアウディ・クワトロをドライブしたロールは、ドライバーズチャンピオンこそ獲れなかったものの、84年にアウディがマニュファクチャラーズタイトル獲得することに貢献した。その後87年までアウディでWRCに出場し現役を引退した。WRC通算14勝を挙げている。

1993年からはポルシェと開発ドライバー&アンバサダーとして契約し、マシンの開発にも携わりつつイベントにも出場している。

移籍したアウディで84年のモンテカルロラリーで4度目の優勝を果たしたロール。82年からの3連覇でもあり、チームメイト総出で祝う
一線を退いた後はポルシェのアンバサダーとして、レジェンドドライバーとして各地のイベントへ出場。このコスタブラバヒストリックラリーでも、ポルシェ911カレラRSRで優勝

バルター・ロール WRC勝利の記録

イベント名コ・ドライバーマシン
1975アクロポリスラリーヨッヘン・ベルガーオペル・アスコナ1.9SR
1978アクロポリスラリークリスチャン・ゲイストドルファーフィアット131アバルト
1978ケベックラリークリスチャン・ゲイストドルファーフィアット131アバルト
1980モンテカルロラリークリスチャン・ゲイストドルファーフィアット131アバルト
1980ポルトガルラリークリスチャン・ゲイストドルファーフィアット131アバルト
1980コダスールラリークリスチャン・ゲイストドルファーフィアット131アバルト
1980サンレモラリークリスチャン・ゲイストドルファーフィアット131アバルト
1982モンテカルロラリークリスチャン・ゲイストドルファーオペル・アスコナ400
1982アイボリーコーストラリークリスチャン・ゲイストドルファーオペル・アスコナ400
1983モンテカルロラリークリスチャン・ゲイストドルファーランチア037ラリー
1983アクロポリスラリークリスチャン・ゲイストドルファーランチア037ラリー
1983ニュージーランドラリークリスチャン・ゲイストドルファーランチア037ラリー
1984モンテカルロラリークリスチャン・ゲイストドルファーアウディ・クワトロA2
1985サンレモラリークリスチャン・ゲイストドルファーアウディ・クワトロスポーツE2

LEGEND CAR

レジェンド・カー

蘇ったアバルトのGTラリーカー

フィアット・アバルト124ラリー

1966年トリノショーにフィアットからスポーツカーが発表された。それがフィアット124スポーツスパイダーだった。ピニンファリナのデザインに…

1979年のフランクフルトモーターショーに、1.3~1.5ℓのFF小型2ボックスカーとして発表されたランチア・デルタ。73年末から中東戦争…

1960年代よりモータースポーツ活動を行なっていた三菱は、海外ラリーにも目を向け、67年のオーストラリア・サザンクロスラリーに出場する。当…

1981年、タルボ・サンビームロータスでWRCに出場してタルボのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献したジャン・トッドはコ・ドライバー…

1963年、鋼管バックボーンのフレームにFRP製ボディをかぶせ、ルノー製エンジンを搭載したGTカーがフランスに誕生した。これがアルピーヌ・…

日本車初のWRC優勝マシン

日産フェアレディ240Z/ダットサン240Z

日産自動車は1962年、国産本格的スポーツカー「ダットサン・フェアレディ」を発表。以降毎年改良を加え、国内レースや海外ラリーに出場してスポ…

70年代WRCに誕生したエボリューションモデル

フォード・エスコートRS 1800 Mk.2

1975年フォード・エスコートは、第2世代目の新型エスコートRS 1800 Mk.2へとモデルチェンジした。成功した初代エスコートRS16…

1980年3月のジュネーブモーターショーのアウディブースで「クワトロ」が発表され、11月にはアウディ・クワトロとして発売された。このクワト…

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS