ラリージャパンを盛り上げてくれるボランティアの募集を開始します

グループA最初の5年間に君臨したランチア・デルタ

ランチア・デルタ

ランチア・デルタのイメージ
89年のサンレモからは16バルブエンジンを搭載したデルタは、90年も優勝を積み重ね6勝を挙げた

1979年のフランクフルトモーターショーに、1.3~1.5ℓのFF小型2ボックスカーとして発表されたランチア・デルタ。73年末から中東戦争に端を発する石油危機が世界を襲うと、74年に発表されたFF2ボックスのVWゴルフが大ヒット、世界中の自動車メーカーはこのカテゴリーに目を向けた。デルタもその中から産まれた1台だった。

ランチアは86年に、かねてより開発していたビスカスカップリング式のセンターデフを装着したフルタイム4WD+2ℓターボを搭載したデルタHF 4WDを発表した。WRCでは87年からグループBに代わってグループAで争われることになった(グループBとしてWRCで暴れた「デルタS4」は、デルタの名前を冠しているが本来の市販車とは一線を画した存在)。グループAがスタートしたものの、開幕戦モンテカルロにターボ4WDラリーカーを出場させることが出来たのは、マツダ(ファミリア)とスバル(レオーネ)、アウディ(200クワトロ)そしてランチアくらいだったのだ。

87年モンテカルロにはランチアワークスのマルティ二レーシングは、4台のデルタを用意した。ドライバーは、ユハ・カンクネン、ティモ・サロネン、ミキ・ビアジオンのチャンピオントリオに、モンテカルロスペシャリストのブルーノ・サビー。当時のグループAは車両公認を取得するためには、年間生産台数5000台を達成しなくてはいけなかったが、ランチアはモンテカルロスタート前までに生産台数をクリア出来なかった。しかし「2月中に台数をクリアする」という条件でFIAから車両公認を得てモンテカルロをスタート。ラリーをリードしていたカンクネンだったが、チームからビアジオンを先行させろ、というオーダーが出たため首位を譲り、デルタの初優勝はビアジオンの手に。2回目の優勝はマルク・アレンが獲得。この年は数戦を落としたが、ランチアは9戦を勝利しマニュファクチャラーズタイトルを獲得。ドライバーはカンクネンが獲得した。

カーナンバー1を付けたカンクネンのデルタHF 4WD。デルタの前を走るライバルはデルタだけだった

88年もランチアの年だった。ポルトガルではフロントトレッドを広げた「インテグラーレ」を投入。インテグラーレの投入もありランチアはシーズン10勝を挙げた。ポルトガル、アルゼンチン、サンレモでは1~3位を独占、アクロポリスでは1~4位独占の快挙だった。そしてランチア念願のサファリ優勝もかなえた。ドライバーチャンピオンはビアジオン、ランチアのマニュファクチャラーズタイトルは連覇となる。

アニマルガードやウイングランプが物々しいサファリ仕様のデルタインテグラーレ。この頃は8バルブエンジンを搭載

89年もランチアの年となるかに思われたが、ランチアの前には日本メーカーが立ち塞がった。スウェーデンとニュージーランドはマツダ323、1000湖ラリーとRACは三菱ギャランVR-4、オーストラリアはトヨタ・セリカGT-FOUR ST165が優勝した。それでもドライバータイトルはビアジオン、マニュファクチャラーズはランチアが獲得。だがランチアのすぐ後ろにはトヨタが忍び寄っていた。

90年はモンテカルロとポルトガルはランチアが勝ったものの、サファリではトヨタに敗れる。ツール・ド・コルスでは勝ったがアクロポリスとニュージーランドはトヨタと、セリカがデルタを圧倒しつつあった。そして1000湖ラリーでは、スペイン人ドライバーのカルロス・サインツがセリカで初優勝を飾った。マニュファクチャラーズタイトルこそランチアが獲得したが、トヨタとのポイント差は6ポイント。そしてドライバーチャンピオンはサインツの手に。

70年代に開発されたデルタと、80年代に開発されたセリカGT-FOUR ST165では、開発の余地に違いがあった。それは他の日本メーカーも同様、三菱はギャランVR-4からランサーエボリューションを、スバルはレガシィからインプレッサへとマシンを替える準備をしていた。それでも91年WRCはサファリとアクロポリス、1000湖、オーストラリア、サンレモでランチアが優勝する。ランチアの開発努力もあったが、トヨタのサインツの自滅で拾った勝利もあったからだ。カンクネンがドライバーチャンピオン、ランチアがまさかのマニュファクチャラーズタイトルを獲得。

トヨタに追われながらも勝利を積み重ねたランチア。この年はマニュファクチャラーズとともに、カンクネンがチャンピオンを獲得した

92年には「エボルツィオーネ」と呼ばれるHFインテグラーレが投入される。この年のチーム運営は、ランチア本体からジョリークラブへと移管された。ドライバーは昨年から引き続きディディエ・オリオールとカンクネン。ずっとランチアで走ってきたビアジオンはフォードへと移籍した。トヨタはGT-FOUR ST185へとスイッチしたが、ようやくサファリで初優勝。しかしアクロポリスではセリカが全滅するなど、その間ランチアがポイントを獲得する。終盤のカタルニアRACでセリカが連勝を果たすも、マニュファクチャラーズタイトルはランチア、そしてドライバーはオリオールが6勝を挙げるもトヨタのサインツが獲得した。そしてランチアはタイトル獲得をもってジョリークラブへの支援を打ち切ってしまう。こうしてランチアのワークス活動は92年で終了するが、スポンサー関係のもつれからサインツがトヨタを離れ、サインツは93年はジョリークラブからランチアでWRCに出場することになった。だがすでに戦闘力の無いデルタに勝利の女神は微笑まなかった。ランチアが去った後のWRCでは、フォードが日本メーカーの対抗馬となった。

1979年のデビュー以来13年。冷却系なども見直しフロントグリルも穴だらけとなったデルタ。オリオールが6勝を挙げるもタイトル獲得はできなかった

ランチア・デルタ WRC優勝の記録

イベント名ドライバーコ・ドライバーマシン
1987モンテカルロラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタHF 4WD
1987ポルトガルラリーM.アレンI.キビマキランチア・デルタHF 4WD
1987アクロポリスラリーM.アレンI.キビマキランチア・デルタHF 4WD
1987オリンパスラリーJ.カンクネンJ.ピロネンランチア・デルタHF 4WD
1987ニュージーランドラリーF.ビットマンJ.パターマンランチア・デルタHF 4WD
1987アルゼンチンラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタHF 4WD
19871000湖ラリーM.アレンI.キビマキランチア・デルタHF 4WD
1987サンレモラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタHF 4WD
1987RACラリーJ.カンクネンJ.ピロネンランチア・デルタHF 4WD
1988モンテカルロラリーB.サビーJ-F.ファシーランチア・デルタ HF 4WD
1988スウェデイッシュラリーM.アレンI.キビマキランチア・デルタ HF 4WD
1988ポルトガルラリーM.ビアジオンC.カッシーナランチア・デルタ インテグラーレ
1988サファリラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタ インテグラーレ
1988アクロポリスラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタ インテグラーレ
1988オリンパスラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタ インテグラーレ
1988アルゼンチンラリーJ.レカルデJ.デル・ブオノランチア・デルタ インテグラーレ
19881000湖ラリーM.アレンI.キビマキランチア・デルタ インテグラーレ
1988サンレモラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタ インテグラーレ
1988RACラリーM.アレンI.キビマキランチア・デルタ インテグラーレ
1989モンテカルロラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタ インテグラーレ
1989ポルトガルラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタ インテグラーレ
1989サファリラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタ インテグラーレ
1989ツール・ド・コルスD.オリオールB.オセッリランチア・デルタ インテグラーレ
1989アクロポリスラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタ インテグラーレ
1989アルゼンチンラリーM.エリクソンC.ビルスタムランチア・デルタ インテグラーレ
1989サンレモラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタ インテグラーレ16V
1990モンテカルロラリーD.オリオールB.オセッリランチア・デルタ インテグラーレ16V
1990ポルトガルラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタ インテグラーレ16V
1990ツール・ド・コルスD.オリオールB.オセッリランチア・デルタ インテグラーレ16V
1990アルゼンチンラリーM.ビアジオンT.シビエロランチア・デルタ インテグラーレ16V
1990オーストラリアラリーJ.カンクネンJ.ピロネンランチア・デルタ インテグラーレ16V
1991サンレモラリーD.オリオールB.オセッリランチア・デルタ インテグラーレ16V
1991サファリラリーJ.カンクネンJ.ピロネンランチア・デルタ インテグラーレ16V
1991アクロポリスラリーJ.カンクネンJ.ピロネンランチア・デルタ インテグラーレ16V
19911000湖ラリーJ.カンクネンJ.ピロネンランチア・デルタ インテグラーレ16V
1991オーストラリアラリーJ.カンクネンJ.ピロネンランチア・デルタ インテグラーレ16V
1991サンレモラリーD.オリオールB.オセッリランチア・デルタ インテグラーレ16V
1992RACラリーJ.カンクネンJ.ピロネンランチア・デルタ インテグラーレ16V
1992モンテカルロラリーD.オリオールB.オセッリランチア・デルタ HFインテグラーレ
1992ポルトガルラリーJ.カンクネンJ.ピロネンランチア・デルタ HFインテグラーレ
1992ツール・ド・コルスD.オリオールB.オセッリランチア・デルタ HFインテグラーレ
1992アクロポリスラリーD.オリオールB.オセッリランチア・デルタ HFインテグラーレ
1992アルゼンチンラリーD.オリオールB.オセッリランチア・デルタ HFインテグラーレ
19921000湖ラリーD.オリオールB.オセッリランチア・デルタ HFインテグラーレ
1992オーストラリアラリーD.オリオールB.オセッリランチア・デルタ HFインテグラーレ
1992サンレモラリーA.アギーニS.ファルノッキアランチア・デルタ HFインテグラーレ

レジェンド・カー 一覧

LEGEND DRIVER

レジェンド・ドライバー

オベ・アンダーソンは1938年1月、スウェーデン・ウプサラ出身。アンダーソンは、彼の父が持っていたオートバイからスピードに興味を持った。地…

アレンがモータースポーツに興味を持ったのは、アレンの父がアイスレーシングのチャンピオンだったからだ。1969年に父親が用意してくれたルノー…

WRC初の女性ドライバー優勝

ミシェル・ムートン

ミッシェル・ムートンがラリーに興味を持ったきっかけは、地元の友人がツール・ド・コルスに出場するためのトレーニングに付き合ったことだった。ム…

バルター・ロールは1947年にドイツ・バイエルン州レーゲンスブルク出身。彼は12歳でババリア地方のジュニアチャンピオンになるほどスキーの才…

カルロス・サインツのラリースタートは、1980年からルノー5で始まった。83年からはルノー5ターボ2でラリーに出場。87年にはフォードワー…

ラリーとアイスレースを趣味としていた父ペッカから、子供の頃にアイスレースを教えて貰ったユハ・カンクネン。ユハのラリースタートは、1978年…

ミッコラのラリースタートは21歳(1963年)の時に中古のボルボ444でフィンランド国内のラリーに出場。翌年はシムカ1500でラリーに数戦…

バタネンがラリーに興味を持ったのは1965年頃。「65年の1000湖ラリーでVWビートルに乗るワルデガルドを見たんだ。その頃からワルデガル…

オリオールがラリーへ興味を持ったきっかけは、16歳の時に兄・ジェラールがラリーに出ていたからだった。兄にクルマの運転を教えてもらうと、18…

ワルデガルドは7歳の時に将来ラリードライバーになろうと決心した。それはワルデガルドの父がモータースポーツ好きでイベントにも出ていたことが影…

トミ・マキネンは、1985年中古のフォード・エスコートを手に入れ21歳でラリーにデビューした。87年にはグループNのランチア・デルタHF …

ラリードライバー、ジミー・マクレーを父に持ち、85年からタルボ・サンビームで英国内ラリー選手権などに出場。87年にはマシンをボクスホール・…

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS