勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

70年代WRCに誕生したエボリューションモデル

フォード・エスコートRS 1800 Mk.2

フォード・エスコートRS 1800 Mk.2のイメージ
エスコートRS1800 Mk.2のWRCファーストウインを記録したマシン

1975年フォード・エスコートは、第2世代目の新型エスコートRS 1800 Mk.2へとモデルチェンジした。成功した初代エスコートRS1600や、それ以前にフォードのラリー活動を支えたコルチナ・ロータスからの系譜を継ぐにふさわしいマシンだった。

当時イギリスのエセックス州ボアハムにあったフォード・モータースポーツは、モデルチェンジしたRS1800をラリーで活躍できるように改良を加えた。フロントストラットサスペンションはそのまま、リヤはリーフリジッドをダミーとし、トルクロッドを追加して4リンク式とすることでハンドリングとリヤの追従性が向上。エンジンはブライアン・ハートチューンのF2レース用BDAエンジンを搭載。このBDAエンジンはウェーバーキャブ装着により240馬力が得られた。

新型エスコートは早速75年WRC最終戦RACラリーに出場。ランチア、オペル、トヨタ、日産、三菱、サーブなどがワークスチームを送り込む中、ティモ・マキネン/ヘンリー・リドン組のエスコートが優勝、2位にもロジャー・クラーク/トニー・メイソン組が入り新型エスコートには幸先のいいスタートとなった。

76年はモンテカルロ、1000湖、RACの3戦のみの出場だったが、このRACではR.クラークが優勝。RACラリーでは英国人として初めての母国優勝を果たした。しかしライバルのフィアットは、WRC制覇に向けストラトスに代わり、すでに131アバルトをデビューさせ、1000湖ラリーで優勝している。77年のWRCシーズンはフィアット対フォードの対決が予想された。

イギリス人ドライバーとして地元RACラリーで初優勝を飾ったロジャー・クラーク。赤いコサックカラーが特徴
もうひとりのイギリス人ドライバー、ラッセル・ブルックス。英国内選手権で活躍し、77年にはチャンピオンを獲得

迎えた77年、フォードはマニュファクチャラーズ選手権を獲得すべく、ポルトガルからワークスチームを出場させた。ドライバーはビヨン・ワルデガルドとクラーク、アリ・バタネン。フォード勢はグラベルには強かったものの、ターマックイベントにはあと一歩フィアットに及ばなかった。こうして77年はフィアット5勝、フォード4勝でタイトル獲得は逃したものの、地元RACラリーはワルデガルドの優勝でエスコートの3連覇となった。だが、78年にはワルデガルドとハンヌ・ミッコラの体制で臨むも、フォードはフィアットの前に歯が立たなかった。

フロントのアニマルガードとフェンダー上のウイングランプはサファリなどの必須アイテム。ワルデガルドが優勝を飾る
ミッコラは、自動車部品メーカー、イートンのスポンサーを得て臨んだRACで優勝を飾る

79年シーズンマニュファクチャラーズタイトルを獲得すべく、エスコートにさらなる改良が加えられた。BDAエンジンは機械式燃料噴射装置に換えられ280馬力を発生。シャシーもターマックラリーにも対応できるサスペンションを採用した。フォード勢は開幕戦モンテカルロ、第2戦スウェディッシュと2位、ポルトガルでシーズン初優勝を飾った。サファリはパスしたが、アクロポリス、ニュージーランド、ケベック、RACで優勝し、ついに念願のマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。ライバルのフィアットは3位に沈み、代わって2位に浮上したのはバイオレットでWRCに出場していた日産だった。

ロスマンズのスポンサーカラーで出場したアクロポリス。ワルデガルドはシーズン2勝目。この年フォードはマニュファクチャラーズ選手権を獲得

80年のフォード・モータースポーツは、次世代のラリーカー開発のため新型エスコートRS1700Tの開発に着手し、実際のラリー運営を外部に託すことになった。ラリー運営を任されたデイビッド・サットンカーズは、ドライバーにアリ・バタネンを迎えて臨んだ。バタネンのコ・ドライバーはデイビッド・リチャーズ。後にプロドライブの創業者となる。チームはロスマンズタバコのスポンサーを得てシーズンが始まった。バタネンはアクロポリスで優勝、1000湖とサンレモで2位に入りドライバーズ選手権を2位、フォードもマニュファクチャラーズを3位で終え、まずまずのスタートだった。

81年、この年のマニュファクチャラーズ選手権はタルボ(サンビームロータス)vs日産(バイオレット)で終始し、フォードには厳しい一年となった。それでもバタネンはアクロポリス、ブラジル、1000湖で優勝しドライバーズチャンピオンを獲得。フォードはタルボと日産に続き3位になった。ライバルだったフィアットは、4WDターボのクワトロをWRCに持ち込んだアウディと同点のシリーズ5位で終えた。

ハイパワーの自然吸気エンジンを搭載し、後輪駆動のマシンで争われたWRCは、この年で時代にピリオドを打った。

アンドリュー・コーワンは、80年のアクロポリスラリーにアドバンタイヤを装着して出場。これは日本国内でのデモンストレーション時のもの

フォード・エスコートRS 1800 Mk.2 WRC優勝の記録

イベント名ドライバーコ・ドライバー
1975RACラリーT.マキネンH.リドン
1976RACラリーR.クラークS.ペッグ
1977サファリラリーB.ワルデガルドH.トーゼリウス
1977アクロポリスラリーB.ワルデガルドH.トーゼリウス
19771000湖ラリーK.ハマライネンM.テュッカネン
1977RACラリーB.ワルデガルドH.トーゼリウス
1978アークティックラリーA.バタネンA.アホ
1978スウェデイッシュラリーB.ワルデガルドH.トーゼリウス
1978スコティッシュラリーH.ミッコラA.ハーツ
1978ニュージーランドラリーR.ブルックスC.ポーター
1978RACラリーH.ミッコラA.ハーツ
1979ポルトガルラリーH.ミッコラA.ハーツ
1979アクロポリスラリーB.ワルデガルドH.トーゼリウス
1979ニュージーランドラリーH.ミッコラA.ハーツ
1979ケベックラリーB.ワルデガルドH.トーゼリウス
1979RACラリーH.ミッコラA.ハーツ
1980アクロポリスラリーA.バタネンD.リチャーズ
1981アクロポリスラリーA.バタネンD.リチャーズ
1981ブラジルラリーA.バタネンD.リチャーズ
19811000湖ラリーA.バタネンD.リチャーズ

レジェンド・カー 一覧

LEGEND DRIVER

レジェンド・ドライバー

ワルデガルドは7歳の時に将来ラリードライバーになろうと決心した。それはワルデガルドの父がモータースポーツ好きでイベントにも出ていたことが影…

カルロス・サインツのラリースタートは、1980年からルノー5で始まった。83年からはルノー5ターボ2でラリーに出場。87年にはフォードワー…

WRC初の女性ドライバー優勝

ミシェル・ムートン

ミッシェル・ムートンがラリーに興味を持ったきっかけは、地元の友人がツール・ド・コルスに出場するためのトレーニングに付き合ったことだった。ム…

オリオールがラリーへ興味を持ったきっかけは、16歳の時に兄・ジェラールがラリーに出ていたからだった。兄にクルマの運転を教えてもらうと、18…

ラリーとアイスレースを趣味としていた父ペッカから、子供の頃にアイスレースを教えて貰ったユハ・カンクネン。ユハのラリースタートは、1978年…

トミ・マキネンは、1985年中古のフォード・エスコートを手に入れ21歳でラリーにデビューした。87年にはグループNのランチア・デルタHF …

バルター・ロールは1947年にドイツ・バイエルン州レーゲンスブルク出身。彼は12歳でババリア地方のジュニアチャンピオンになるほどスキーの才…

オベ・アンダーソンは1938年1月、スウェーデン・ウプサラ出身。アンダーソンは、彼の父が持っていたオートバイからスピードに興味を持った。地…

ラリードライバー、ジミー・マクレーを父に持ち、85年からタルボ・サンビームで英国内ラリー選手権などに出場。87年にはマシンをボクスホール・…

ミッコラのラリースタートは21歳(1963年)の時に中古のボルボ444でフィンランド国内のラリーに出場。翌年はシムカ1500でラリーに数戦…

アレンがモータースポーツに興味を持ったのは、アレンの父がアイスレーシングのチャンピオンだったからだ。1969年に父親が用意してくれたルノー…

バタネンがラリーに興味を持ったのは1965年頃。「65年の1000湖ラリーでVWビートルに乗るワルデガルドを見たんだ。その頃からワルデガル…

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS