ラリージャパンを盛り上げてくれるボランティアの募集を開始します

蘇ったアバルトのGTラリーカー

フィアット・アバルト124ラリー

フィアット・アバルト124ラリーのイメージ
1975年ヨーロッパラリーチャンピオンとなったベリーニ/ロセッティのフィアット・アバルト124ラリー

1966年トリノショーにフィアットからスポーツカーが発表された。それがフィアット124スポーツスパイダーだった。ピニンファリナのデザインによるボディにはDOHCの 1438㏄エンジンが搭載され、5速マニュアルトランスミッション、4輪ディスクブレーキと当時のスポーツモデルとしては最先端の技術が使われていた。

フィアットはこの124スポーツスパイダーのプロモーションのためにヨーロッパ・ラリー選手権(ERC)へ出場させた。1970年のモンテカルロラリーには、グループ3(GTクラス)/3クラスで1-3位を占めることができた。しかし総合優勝を狙うには、ポルシェ911、アスピーヌA110、フォード・エスコートを凌駕する性能が必要となった。

124スポーツスパイダーは、アバルトにより改良が加えられた。エンジンはDOHC の1800㏄、サスペンションもロードホールディングを向上させるために手が加えられた。ボディも樹脂や軽合金が使われ軽量化された。この新ラリーカーは1972年に「フィアット・アバルト124ラリー」として発表され、翌73年から始まる世界ラリー選手権(WRC)/ERCに出場した。しかしフィアットがマニュファクチャラーズ選手権獲得を狙うその前には、大きなライバルが存在した。それがアルピーヌ・ルノー。アルピーヌ・ルノーはミッドシップに樹脂ボディを被せたアルピーヌA110でラリーを席巻、タイトルを獲得した。
翌1974年は中東戦争に端を発したオイルショックでモータースポーツも縮小気味だった。開幕戦となったポルトガルでフィアットは1-3位を独占。しかしグループ会社のランチアがこの年にランチア・ストラトスを投入、シーズン2勝を挙げてタイトルを獲得してしまった。以降フィアットは75年までアバルト124ラリーで戦うも、76年から131アバルトへマシンを変更した。

このアバルト124ラリーでトップラリードライバーとして名を馳せたのが、マルク・アレンだ。74年のポルトガルと1000湖ラリーで3位に入賞。アメリカで開催されたプレス・オン・リガードレスで2位。翌75年はアバルト124ラリーでWRCフル参戦となった。こうしてアレンはその後1981年まで131アバルトでWRCを戦うこととなる。

2016年ジュネーブモーターショーで発表された新アバルト124スパイダーのラリーバージョン(左)と1976年当時のアバルト124ラリー。75年ERCチャンピオンのベリーニのマシン

2015年、ロサンゼルスオートショーで「124スパイダー」が発表されると、翌16年のジュネーブモーターショーでは「アバルト124スパイダー」が発表された。公開時に往年のアバルト124ラリーと共に展示されたこともあり、アバルト124スパイダーのモータースポーツ活動も期待された。それまで2輪駆動のラリーカーで争われるFIA R-GTカップは、ポルシェ997が連続してタイトルを獲得していた。アバルト124スパイダーは、2017年からR-GTカップに出場。エントリー名をアバルト124ラリー RGTとして出場。F.アンドルフィJr.が1勝を挙げシリーズ2位に(R-GTはドライバー選手権のみ)。2018年はアバルト124ラリーRGTをドライブするR.アスティエが、2019年はE.ブラッツオーリがR-GTカップのタイトルを獲得している。

2019年FIA R-GTカップでドライバーチャンピオンとなったブラッツォーリのアバルト124ラリーRGT

フィアット・アバルト124ラリー 主なラリー戦績

イベント名ドライバーコ・ドライバーマシンリザルト
1972ヨーロッパラリー選手権R.ピントG.マカルーゾフィアット・アバルト124ラリーチャンピオン
1973ポリッシュラリーA.バルンボルトJ.トッドフィアット・アバルト124ラリー優勝
1973WRCマニュファクチャラーズフィアット2位
1974ポルトガルラリーR.ピントA.ベルナルッキフィアット・アバルト124ラリー優勝
1974WRCマニュファクチャラーズフィアット2位
1975ポルトガルラリーM.アレンI.キビマキフィアット・アバルト124ラリー優勝
1975ヨーロッパラリー選手権M.ベリーニF.ロセッティフィアット・アバルト124ラリーチャンピオン
2018FIA R-GTカップR.アスティエF.ボクラーアバルト124ラリー RGTチャンピオン
2019FIA R-GTカップE.ブラッツオーリM.フェノーリアバルト124ラリー RGTチャンピオン
2020モンテカルロ R-GTクラスL.カプラスR.ヘルマンアバルト124ラリー RGT優勝

レジェンド・カー 一覧

LEGEND DRIVER

レジェンド・ドライバー

ミッコラのラリースタートは21歳(1963年)の時に中古のボルボ444でフィンランド国内のラリーに出場。翌年はシムカ1500でラリーに数戦…

バタネンがラリーに興味を持ったのは1965年頃。「65年の1000湖ラリーでVWビートルに乗るワルデガルドを見たんだ。その頃からワルデガル…

ワルデガルドは7歳の時に将来ラリードライバーになろうと決心した。それはワルデガルドの父がモータースポーツ好きでイベントにも出ていたことが影…

トミ・マキネンは、1985年中古のフォード・エスコートを手に入れ21歳でラリーにデビューした。87年にはグループNのランチア・デルタHF …

ラリーとアイスレースを趣味としていた父ペッカから、子供の頃にアイスレースを教えて貰ったユハ・カンクネン。ユハのラリースタートは、1978年…

バルター・ロールは1947年にドイツ・バイエルン州レーゲンスブルク出身。彼は12歳でババリア地方のジュニアチャンピオンになるほどスキーの才…

ラリードライバー、ジミー・マクレーを父に持ち、85年からタルボ・サンビームで英国内ラリー選手権などに出場。87年にはマシンをボクスホール・…

カルロス・サインツのラリースタートは、1980年からルノー5で始まった。83年からはルノー5ターボ2でラリーに出場。87年にはフォードワー…

オリオールがラリーへ興味を持ったきっかけは、16歳の時に兄・ジェラールがラリーに出ていたからだった。兄にクルマの運転を教えてもらうと、18…

オベ・アンダーソンは1938年1月、スウェーデン・ウプサラ出身。アンダーソンは、彼の父が持っていたオートバイからスピードに興味を持った。地…

WRC初の女性ドライバー優勝

ミシェル・ムートン

ミッシェル・ムートンがラリーに興味を持ったきっかけは、地元の友人がツール・ド・コルスに出場するためのトレーニングに付き合ったことだった。ム…

アレンがモータースポーツに興味を持ったのは、アレンの父がアイスレーシングのチャンピオンだったからだ。1969年に父親が用意してくれたルノー…

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS