勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

WRC第11戦ラリーニュージーランド、6勝目のカッレ・ロバンペラが史上最年少王座を獲得

WRC
2022 FIA World Rally Championship / Round 11 / Rally New Zealand 2022 / 29th September – 2nd October 2022// Worldwide Copyright: Toyota Gazoo Racing WRT

オジエが2位に入り、トヨタが1-2フィニッシュ

世界ラリー選手権第11戦ラリーニュージーランドが、9月29~10月2日にかけてオークランドを拠点に開催され、トヨタのカッレ・ロバンペラが今シーズン6勝目を獲得。2戦を残して、今シーズンのWRCドライバーズ選手権タイトル獲得を決めました。2位にはセバスチャン・オジエが入り、トヨタは第7戦エストニア以来となる、1-2フィニッシュを達成しています。

29日木曜日オークランドの市街地ステージで幕を上げたラリーニュージーランド。WRC開催は2012年以来、実に10年ぶりの開催となります。本格的なグラベルステージ走行となる2日目、ヒョンデのオィット・タナックが首位を快走します。0.2秒差の2番手にエルフィン・エバンス、6.7秒差の3番手にオジエ、7.2秒差の4番手にロバンペラと、トヨタの3台が続きました。一方、ニュージーランド初参戦の勝田貴元は、路面習熟に努めながらの走行となり、1分42秒0遅れの8番手と大きく遅れてしまいました。ところが、2日目終了の段階で、ラリーニュージーランドのスチュワードはSS1においてヒョンデのタナックとティエリー・ヌービル、トヨタのロバンペラが規定を超えるハイブリッドブーストを使用していたことを指摘。それぞれのドライバーに5秒のペナルティを課しました。この結果、エバンスがタナックに4.8秒差の首位に浮上。6.5秒の3番手にオジエ、7.2秒差の4番手にロバンペラという、僅差の展開で3日目をスタートすることになりました。

2022 FIA World Rally Championship / Round 11 / Rally New Zealand 2022 / 29th September – 2nd October 2022// Worldwide Copyright: Toyota Gazoo Racing WRT

ラリー3日目、首位に立っていたエバンスでしたが、SS9でスピンからクラッシュ。ベストタイムのロバンペラから36.5秒遅れた9番手タイムで走り切ったものの、トヨタGRヤリス・ラリー1はボディ全体に大きなダメージを負ってしまいます。この結果、ロバンペラが一気に首位にポジションを上げました。

さらに、この日の中間サービスの段階で、ヒョンデのタナック、ヌービル、オリバー・ソルベルグの3台が、前日のSS7において規定以上のハイブリッドブーストを使用していたことが発覚。3人には10秒のペナルティが課されています。

首位のロバンペラは、午後のステージでもベストを含む安定した走行を続け、2番手のオジエに19.0秒差をつけてみせます。ヒョンデ勢最上位のタナックは、46.4秒差の3番手と優勝争いから脱落。さらに、5番手を走行していた勝田貴元はSS12でコースオフを喫し、今シーズン初のリタイアとなっています。

最終日、ロバンペラは完璧なペースで首位をキープ。最終のSS17パワーステージも制して、第7戦エストニア以来となるシーズン6勝目を獲得し、ボーナスポイントを加えたフルポイントを奪取しました。

この結果、ロバンペラは2戦を残して、史上最年少「22歳1日」でWRCドライバーズチャンピオンに輝いています。フィニッシュ地点では父親のハリ・ロバンペラが出迎え、父が成し得なかった王座獲得を祝うように、固く抱き合いました。

「今、大きな安堵感に浸っています。今年はとても良いシーズンを送っていたのですが、何戦か困難なラリーが続き、ようやくタイトルを獲得することができました。速くて信頼性の高いクルマを作ってくれたチームのみんなに感謝します。最年少記録のことはあまり考えていませんでしたが、それでもこのような結果を残せたのは特別なことです。チャンピオンになることは、自分にとって唯一の目標だったので本当にうれしいです」と、ロバンペラは喜びを語っています。

久々のラリーとなったオジエは2位表彰台を獲得。3位にタナック、4位にヌービル、5位にソルベルグと3台のヒョンデ勢が続きました。7番手には地元ニュージーランドのヘイデン・パッドン(ヒョンデ i20 Nラリー2)が入りました。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:TOYOTA

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS