勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

ラトバラも誕生日を祝福、大破のGRヤリスにオジエ唖然。厳選写真で振り返るラリーNZ:前編【WRC Topic】

WRC
as-web.jp

2012年以来、10年ぶりにWRCイベントとして開催された『ラリー・ニュージーランド』では、WRC世界ラリー選手権の歴史に新しい1ページが加わった。何を隠そう弱冠22歳のカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が、史上最年少でワールドチャンピオンに輝いたのだ。これまでの最年少レコードは故コリン・マクレーの27歳109日であったことから、トヨタの新王者はその記録を大幅に更新したことになる。今回のWRC Topicでは、この歴史的瞬間が生まれた週末のラリーを現地で取材していた、モータースポーツジャーナリスト/フォトグラファーの古賀敬介さん厳選の写真を半フォトギャラリー・半ブログ形式で紹介する。まずは前編からどうぞ。

* * * * * * *

ラリーのスタート前、木曜日の記者会見でタイトルを争うオット・タナクと並んだカッレ・ロバンペラ。とてもリラックスしているように見えた。WRC第11戦『ラリー・ニュージーランド』のスタート前、9月29日・木曜の記者会見でタイトルを争うオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)と並んだカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)。その表情はとてもリラックスしているように見えた。

木曜日のSS1のセレモニアルスタートでは、地元の人々がマオリ族の伝統的な戦士の舞「ハカ」を披露。スゴイ迫力でした。木曜日のSS1、オークランドで行われたセレモニアルスタートでは、地元の人々がマオリ族の伝統的な戦士の舞『ハカ』を披露。スゴイ迫力でした。

お姉さまたちも気合いが入りまくった表情で選手たちを応援。目玉が飛び出そう!お姉さまたちも気合いが入りまくった表情で選手たちを応援。目玉が飛び出そう!

セレモニアルスタートでは途中で雨が降るもすぐに止み、美しい虹が選手たちの船出を祝福した。セレモニアルスタートでは途中で雨が降るもすぐに止み、美しい虹が選手たちの船出を祝福した。

SS1はオークランドの公園内でのターマックステージ。ミリタリールックのフォード・プーマRally1をドライブするのは、プラダ家の御曹司ロレンツォ・ベルテッリSS1はオークランドの公園内でのターマック(舗装路)ステージで争われた。“ミリタリールック”のフォード・プーマ・ラリー1をドライブするのは、プラダ家の御曹司ロレンツォ・ベルテッリだ。

デイ2の舞台はラリー・ニュージーランドが誇るラグラン周辺のクラシックステージ。美しいファンガ・コーストを走行するのはデイ2でトップに立ったトヨタのエルフィン・エバンス翌30日(金)、デイ2の舞台はラリー・ニュージーランドが誇るラグラン周辺のクラシックステージ。美しいファンガ・コーストを走行するのは、競技2日目にトップに立ったトヨタのエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)。

ラグランのタイヤフィッティングゾーンで、タイヤの摩耗具合をサービスパークのエンジニアに報告するロバンペラ。今回のラリーでは雨が彼に味方したラグランのタイヤフィッティングゾーンで、タイヤの摩耗具合をサービスパークのエンジニアに報告するカッレ・ロバンペラ。今回のラリーでは雨がデイ2の出走順で不利となる彼に味方した。

久々にWRCに戻ってきた世界王者オジエが、ファンガ・コーストのステージで貫録のベストタイム。一気に順位を上げた久々にWRCに戻ってきた8度の世界王者セバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が、ファンガ・コーストのステージで貫録のベストタイム。一気に順位を上げた。

雨で濡れて滑りやすいグラベル、タナックは最高速からのフルブレーキング&ドリフトで前輪を一発でコーナーのインにピッタリつけた。これが元世界王者のテクニックだ雨で水を含み滑りやすくなったグラベル、タナクは最高速からのフルブレーキング&ドリフトで前輪を一発でコーナーのインにピッタリつけた。これが世界王者(2019年チャンピオン)のテクニックだ。

ラリー3日目デイ3、首位に立ったエバンスがまさかのクラッシュ。ボロボロになってサービスパークに戻ってきたGRヤリス・ラリー1にオジエも唖然ラリー3日目、10月1日(土)のデイ3。前日に総合首位に立ったエバンスがまさかのクラッシュ。ボロボロになってサービスパークに戻ってきたGRヤリス・ラリー1に、チームメイトのオジエも唖然。

メカニックとしても超一流のエバンスはラジエターの水漏れを自力で修理。リエゾンでのオーバークールを防ぐため「OKプレート」でラジエターを塞いでいた。が、ロールケージが破損していたため無念のリタイアにメカニックとしても超一流のエバンスはラジエターの水漏れを自力で修理。リエゾンでのオーバークールを防ぐため、クラッシュ時に外部にクルーの無事を知らせる「OKプレート」でラジエターを塞いでいた。が、ロールケージが破損していたため無念のリタイアに。

デイ3の10月1日はロバンペラの22歳の誕生日だった。ミッドデイサービスではチームがケータリングスタッフ特製のバースデーケーキでお祝いデイ3の10月1日はロバンペラの22歳の誕生日だった。ミッドデイサービスでは、TOYOTA GAZOO Racing WRTのチームメンバーがケータリングスタッフ特製のバースデーケーキで祝福した。

ヤリ-マティ・ラトバラさんもチーム代表らしからぬ!? パーティーハットとピロピロでロバンペラの誕生日を祝福。右の渋い紳士はカッレの父親ハリさんヤリ-マティ・ラトバラさんもチーム代表らしからぬ!? パーティーハットとピロピロ(吹き戻し)でロバンペラの誕生日を祝福。右の渋い紳士はカッレの父親ハリ・ロバンペラさん。

パーティーハットをかぶりながらも、超真剣にロバンペラ車の整備をするトヨタのメカニック。そのサポートもあってロバンペラはデイ3で首位に立ちタイトルに王手をかけたパーティーハットをかぶりながらも、超真剣にロバンペラ車の整備をするトヨタのメカニック。そのサポートもあってロバンペラはデイ3で首位に立ち、タイトル獲得に王手をかけた。

後編に続く

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS