勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

トヨタ、4年連続でチャンピオン輩出。6勝目飾った22歳ロバンペラが初戴冠/WRCニュージーランド

WRC
as-web.jp

 10月2日、WRC世界ラリー選手権第11戦『ラリー・ニュージーランド』の最終日デイ4がオークランドのサービスパークを起点に行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が今季6度目の優勝を飾った。前日に22歳になったばかりのロバンペラは、WRC史上最年少でドライバーズタイトルを獲得。また、総合2位にはセバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が入り、TGR WRTはワン・ツー・フィニッシュを達成している。

 2012年以来、10年ぶりの開催となったWRCニュージーランドの最終日は、サービスパークの南東エリアで2本のステージを各2回走行するかたちで争われた。SS14~17の合計距離は31.18km、このデイ4も断続的に弱い雨が降り路面は全体的に湿った状態でのラリーとなった。

 デイ3で総合首位に立ち、総合2番手につけるオジエに29秒、総合3番手のオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)には46.4秒のタイム差を築いたロバンペラは、オープニングステージのSS14でベストタイムを記録してその差をわずかに拡げる。また、続く2本のステージではセカンドベストタイムを刻み、最終ステージを残した段階でオジエに対するリードを32秒に、ドライバーズタイトルを争う3位タナクに対するリードを46.1秒とした。

 迎えた最終パワーステージでは、4番手タイムで2ポイントのボーナスを獲得できれば初戴冠が決まる状況のなかでベストタイムを記録。これにより今シーズン6回目の優勝を決めるとともに、次戦スペインと最終戦日本の2戦を残してドライバーズタイトルを確定させることに成功している。

「いま、大きな安堵感に浸っている。今年はとても良いシーズンを送っていたが、何戦か困難なラリーが続き、ようやくタイトルを獲得することができた。速くて信頼性の高いクルマを作ってくれたチームのみんなに感謝している」と22歳の新チャンピオンは語った。

 22歳と1日でのシリーズタイトル獲得はWRC史上最年少記録だ。これまでのレコードは故コリン・マクレー氏が1995年に樹立した27歳と109日であった。今回、ロバンペラはその記録を5歳以上も縮めた。

 なお、トヨタドライバーのタイトル獲得はこれで4年連続(通算8回目)となり、ロバンペラはカルロス・サインツ、ユハ・カンクネン、ディディエ・オリオール、タナク、オジエといったグレートドライバーの仲間入りを果たすこととなっている。フィンランド人ドライバーがWRCの頂点に立ったのは2002年のマーカス・グロンホルム以来、20年ぶりだ。

WRCハイブリッド時代最初のシリーズチャンピオンとなったカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第11戦ラリー・ニュージーランド
WRCハイブリッド時代最初のシリーズチャンピオンとなったカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第11戦ラリー・ニュージーランド
8冠王者セバスチャン・オジエから“シューイ”で祝福される新王者のカッレ・ロバンペラ(TOYOTA GAZOO Racing WRT) 2022年WRC第11戦ラリー・ニュージーランド8冠王者セバスチャン・オジエから“シューイ”で祝福される新王者のカッレ・ロバンペラ(TOYOTA GAZOO Racing WRT) 2022年WRC第11戦ラリー・ニュージーランド

■同じフィンランド人として、「カッレがついに成し遂げてくれたことに感謝している」とラトバラ代表

 第6戦ケニア以来、約3カ月ぶりにWRCに復帰したオジエは、ブランクを感じさせないスピードで上位争いを続けた。選手権8冠王者である彼は総合2位フィニッシュによりロバンペラの選手権ライバルが獲得できるポイントを少なくし、チームメイトの初タイトル獲得をサポート。

 また、チームはロバンペラとオジエが獲得したポイントにより、マニュファクチャラー選手権におけるリードは81ポイントとした。この結果、早ければ次戦のラリー・スペインでタイトルが決まる可能性が生まれている。

「いま、とてもエモーショナルな気持ちになっている。カッレ(・ロバンペラ)のチャンピオンシップ獲得は、本当に素晴らしいことだ」と語るのは、チームを率いるヤリ-マティ・ラトバラ代表。

「まず何よりも、昨日22歳になったばかりの彼がWRCのあらゆる記録を塗り替え、タイトルを獲得したのは驚くべきことだ。そして、20年ぶりにフィンランド人がワールドチャンピオンになったことにも重要な意味がある。これまで、私を含めたドライバーたちは、あと一歩というところまでいったが、それは叶わなかった。だからこそ、カッレがついに成し遂げてくれたことに感謝している」

「そして、ギリシャでの苦戦から立ち直り、ここニュージーランドでワン・ツー・フィニッシュを達成したチームのことも、本当に誇りに思う。マニュファクチャラー選手権にとって大きな助けになったので、次のスペインではマニュファクチャラーズタイトルの獲得に集中して戦うことができる」

 その次戦ラリー・スペインは10月20日から23日にかけて、スペインのバルセロナの南側に位置するサロウを中心に開催される。2021年から完全なターマック(舗装路)ラリーとして開催されるようになった同イベントのステージは全体的に路面がスムーズで、流れるようなコーナーが多いため、攻めがいのあるラリーとして選手に人気がある。

セバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第11戦ラリー・ニュージーランドセバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第11戦ラリー・ニュージーランド
ワン・ツー・フィニッシュを決めたTOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組とセバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組 2022年WRC第11戦ラリー・ニュージーランドワン・ツー・フィニッシュを決めたTOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組とセバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組 2022年WRC第11戦ラリー・ニュージーランド
22歳と1日、故コリン・マクレーが1995年に樹立した27歳と109日という最年少チャンピオン記録を5歳以上更新したカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第11戦ラリー・ニュージーランド22歳と1日、故コリン・マクレーが1995年に樹立した27歳と109日という最年少チャンピオン記録を5歳以上更新したカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第11戦ラリー・ニュージーランド

■トヨタ車でWRCドライバーズタイトルを獲得したドライバー

1990年:カルロス・サインツ(セリカGT-FOUR ST165)
1992年:カルロス・サインツ(セリカ・ターボ4WD ST185)
1993年:ユハ・カンクネン(セリカ・ターボ4WD ST185)
1994年:ディディエ・オリオール(セリカ・ターボ4WD ST185)
2019年:オット・タナク(ヤリスWRC)
2020年:セバスチャン・オジエ(ヤリスWRC)
2021年:セバスチャン・オジエ(ヤリスWRC)
2022年:カッレ・ロバンペラ(GRヤリス・ラリー1)

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS