勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

WRCスウェーデンをカール・フィリップ王子が視察、主催者のゼロエミッション運営を称賛

WRC
Foto: Benjamin A. Ward / Rally Sweden / McKlein

王位継承権第4位の王子は熱心なラリーファン!

ハイブリッド規定のラリー1マシンが導入されての初開催となった今年のラリースウェーデンには、同国のカール・フィリップ王子が、例年よりも北に移した新しい本拠地、ウメオの会場を訪問。ラリースウェーデンが、ゼロエミッションのビジョンに向けた新たな一歩を踏み出したことを称賛しました。

熱心なラリーファンで知られるフィリップ王子は今回、FIA副総裁で元WRCチャンピオンコ・ドライバーのロバート・レイド、ウメオのハンス・リンドベリ市議会議員、ヘレン・ヘルマーク・ナットソン知事とともにウメオに設置されたサービスパークを視察したほか、隣接のレッドバーン・アリーナで行われたステージも観戦。スタート前には地元スウェーデン出身のワークスドライバー、オリバー・ソルベルグや、今回ラリーで勝利を収めたカッレ・ロバンペラなどのドライバーとも対面しました。

ラリースウェーデンは今回初めて、ウメオを拠点に開催されましたが、ラリー運営に関してのエネルギー源は、水力発電、風力タービン、太陽光発電で供給。ウメオのサービスパークと、レッドバーン・アリーナでは、ディーゼル発電所に代わり、大半のエネルギー源を再生可能エネルギーによる電力で運営されたそうで、フィリップ王子は「ラリースウェーデンは多くの点で最先端を歩んでいる」と称賛したということです。

近年は雪不足にも悩まされてきたラリースウェーデンにとって、気候変動は深刻な課題。イベントは2019年、2020年にFIAの環境認証で三ツ星を獲得しており、FIAの業界基準で最高レベルをクリアしています。

「積極的に気候変動対策を行うことは、パートナーと私たちの双方にメリットがあります。さらにステップを踏んでいくためには、すべてのサプライヤー、パートナー、そして少なくともラリーを訪れるすべての人々と協力しながら進めていく必要があります」と、ラリースウェーデンのCEOを務めるグレン・オルッソンは語っています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:RALLY SWEDEN、HYUNDAI

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS