サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

WRC第9戦にイープルラリー・ベルギーが決定し、2022年のカレンダーがようやく完成

WRC

チェコとの決戦の末、2年連続でベルギー開催が決定

WRCプロモーターは、今季のWRC第9戦にイープルラリー・ベルギー(ターマック)が決定したことを発表しました。昨年10月に発表された2022年のWRCカレンダーでは、第9戦は会期のみ8月18〜21日と明記されたものの、開催国は未定の状態が続いていました。複数の候補があるなかで、WRCプロモーターは最終的に、イープルラリー・ベルギーとチェコラリー・ズリンに絞られたと明かしており、チェコは今後もWRC開催を目指していくとのことです。

ベルギーは昨年、35カ国目のシリーズ開催国として、初めてWRCを開催。そのベースとなったイープルラリーは、1965年に初めて開催され、以来、ヨーロッパ屈指の難関ラリーの一戦として知られています。ナローでジャンクションが多く、排水溝もあるなどチャレンジングなターマックラリーとなります。

昨年は、地元ベルギー出身のティエリー・ヌービル選手(ヒョンデ)が優勝を飾りました。今年は、イープル市内にある歴史的な広場、グローテ・マルクトにサービスパークが置かれ、セレモニアルスタートもここで行われる予定とのことです。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:Red Bull Content Pool、WRC Promoter

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS