10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

今季初優勝のヌービル「特別な勝利であり、歴史的な結果だ」/WRC第10戦ギリシャ デイ4後コメント

WRC
as-web.jp

 9月11日、WRC世界ラリー選手権第10戦『アクロポリス・ラリー・ギリシャ』の競技最終日、デイ4がギリシャのラミアを中心に行われ、ヒョンデ・シェル・モビスWRTのティエリー・ヌービル/マルティン・ウィダグ組(ヒョンデi20 Nラリー1)が今季初優勝を飾った。さらに、チームメイトのオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)とダニ・ソルド(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合2位、同3位に続いたため、ヒョンデがチーム史上初のワン・ツー・スリー・フィニッシュを達成している。そんな今季第10戦を終えた選手たちのコメントが各陣営から発表されている。

■Mスポーツ・フォードWRT

●クレイグ・ブリーン(#42 フォード・プーマ・ラリー1)/総合5位

「金曜日は難しいスタートになったが、土曜日には自信を取り戻した。なかなかのペースが出せたし、いいポジションでフィニッシュできたから満足だ。パワーステージでポイントを獲得できたのもよかったね。いい調子で終われるのは素晴らしいことだ!」

「このラリーは僕にとってはもちろん初めてだったから、出場してどういうものか経験できてよかった。もうすでに来年を楽しみにしているよ!」

●ガス・グリーンスミス(#44 フォード・プーマ・ラリー1)/総合29位

「今週末は本当に厳しいものだった。コンディションは過酷で大きな挑戦だった。土曜日の午前中に何度かいいタイムを出せたのはうれしかった。かなりいいリズムを感じていたし、ドライブを楽しむことができた」

「土曜日にトラブルがあり、このような結果でラリーを終わるのは残念だ。でも日曜日に戻れるようにマシンを修理してくれたチームには大きな感謝を伝えたい。おかげでパワーステージでポイントを獲得できたからね。もうニュージーランドと次の挑戦について考え始める時だ」

●ピエール-ルイ・ルーベ(#7 フォード・プーマ・ラリー1)/総合4位

「なんという週末だったろう! 今も金曜日に起きたことのすべてを噛み締めているよ。しばらくは思い出すことになりそうだ」

「土曜日のパンクは残念ではあったけど、自身初めてのステージ優勝をしたうえに、ラリーでセブ(セバスチャン・ローブ)を相手にリードしたことは、決して忘れないだろう。子供のころ、セブが活躍しているのを見ていたものだった。彼と同じチームで競うなんて名誉なことだ。チームのみんなの、今週末のハードワークとサポートに大きな感謝を伝えたい。来月、スペインでラリーをするのが待ちきれないよ」

●セバスチャン・ローブ(#19 フォード・プーマ・ラリー1)/リタイア

「金曜日は本当に力強い1日で、競争力のあるマシンでラリーに戻ってくることができた。素晴らしいペースが出ていたのは明らかで、いい順位で最後までたどり着いた。この(アクロポリス・)ラリーは長い間やっていなかったので、戻って来れてうれしいし、まだ速さを出せることが分かったよ! ところどころコンディションは非常に荒れていたが、チャレンジを楽しんだ」

「それ以上進めなかったは残念だ。ピエール-ルイ(・ルーベ)と争えたのは最高だったよ。彼は素晴らしい仕事をしていたし、誇りに思うべきだ。将来のどこかの時点で、またラリーでマシンに戻れることを願っている」

クレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ
クレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ
ピエール-ルイ・ルーベ/ヴィンセント・ランデ組(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャピエール-ルイ・ルーベ/ヴィンセント・ランデ組(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ
ガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ
セバスチャン・ローブ/イザベル・ガルミッシュ組(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャセバスチャン・ローブ/イザベル・ガルミッシュ組(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ

■ヒョンデ・シェル・モビスWRT

●ティエリー・ヌービル(#11 ヒョンデi20 Nラリー1)/総合優勝

「これは特別な勝利であり、歴史的な結果だ。僕たちにとって勝利を挙げるのが厳しいシーズンだったし、とくにホームイベントのベルギーでの週末が難しいものだったから、素晴らしい解放感だ」

「一番重要なことは、チームがワン・ツー・スリーを達成したことだ。全員のすべての努力に対して完全にふさわしい結果だよ。僕たちはこの成果を大きく誇ることができる。僕は始まりからチームにいるから、とくに難しい時期でも、誰もがどれほど懸命に仕事をしてきたかを知っている。でも僕たちはいつも反撃してきた。この結果が完璧な証拠だ」

「金曜日は出走順が4番目だったから、速さを出せるとは分かっていた。デイ2の目標は、よりハードにプッシュしてギャップを埋めることにあった。首位に立つことができ、今日はさらに余裕を持てるようアドバンテージを増やせたよ。勝利を喜んでいる。勝てる時がくると分かっていた。まだやるべきことが残っているが、僕たちが正しい方向に向かっているのは間違いない」

●オット・タナク(#8 ヒョンデi20 Nラリー1)/総合2位

「本当に素晴らしい結果だ。とくに難易度の高いとても過酷なラリーだったから、チームはすべてのマシンを走り続けさせるために素晴らしい仕事をしてきた」

「僕たちからすると、金曜日にハイブリッドの問題でタイムを失ったのは残念だった。そのせいで土曜日の出走順があまりよくなかったんだ。昨日もいくつか問題があって、トップを争いに近づくことができなかった。だから、今日ティエリーがミスをしなければ、彼に追いつくのは難しいとわかっていたよ」

「マシンの動きは間違いなく良くなっていた。まだもう少しパフォーマンスを引き出せるところがあるはずだ。でもいまはこのワン・ツー・スリーというリザルトを楽しまないとね」

●ダニ・ソルド(#6 ヒョンデi20 Nラリー1)/総合3位

「表彰台獲得と、ワン・ツー・スリー・フィニッシュの達成を本当に喜んでいる。この結果はチームの全員にふさわしいものだ。この何日か彼らは懸命に仕事をしてきたんだ。まずい時もあったし、難しいシーズンスタートになったけれど、この成果はファクトリーのみんなに本当にふさわしいものだよ」

「今日の目標は3位を懸けて戦うことだった。(トヨタの)エルフィン・エバンスがトラブルを抱えた後は楽になった。もちろんすぐ後ろにいる誰かがトラブルに見舞われたら、気が楽になるけれど、それでも彼のために残念に思ったよ」

「今週末は多くのドライバーがトラブルを抱えていたが、結局のところ僕たちは3台すべてのマシンで戦えたし、とても素晴らしいチームリザルトを出して終えることができた。これはお祝いするべきだよ」

オット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ
ダニ・ソルド/カンディード・カレラ組(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャダニ・ソルド/カンディード・カレラ組(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ
チーム史上初のワン・ツー・スリー・フィニッシュを達成したヒョンデ・シェル・モビスWRT 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャチーム史上初のワン・ツー・スリー・フィニッシュを達成したヒョンデ・シェル・モビスWRT 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ

■TOYOTA GAZOO Racing WRT

●エルフィン・エバンス(#33 トヨタGRヤリス・ラリー1)/リタイア

「タフな週末を過ごしてきたが、今朝は表彰台を狙える位置からスタートできるはずだったので、戦いを楽しみにしていた。しかし、残念なことにロードセクションでエンジンに問題が発生し、ステージが近づくにつれて悪化していき、簡単には直すことができなかったのでリタイアせざるを得なかった」

「もちろん非常に残念な終わりかただが、この週末は全体的に苦戦し、とくにラリー開始直後の滑りやすいコンディションで苦しんだので、それについては改善する必要がある。それでも、この週末前に進めたのはポジティブなことだし、次のニュージーランドでの新たな挑戦を楽しみにしている」

●カッレ・ロバンペラ(#69 トヨタGRヤリス・ラリー1)/総合15位

「この週末は長くタフで、予想以上に難しく、自分が望んでいたような結果にはならなかったが、パワーステージでは何とかポイントを獲得することができた。今朝もトップに近い出走順で走り、依然フィーリングはトリッキーだったし、マニュファクチャラーズポイントを獲得するためにクルマをフィニッシュまで運ぶ必要もあったが、パワーステージはベストを尽くして走ったよ」

「ラフなセクションも含めて、ステージ全域でプッシュしなければならなかったけど、充分なポイントを獲得することができたので、チャンピオンシップに関してはそれほど悪い状況ではないと考えている。今は次のラリーに集中し、もっと強い戦いをしなくてはならない」

●エサペッカ・ラッピ(#4 トヨタGRヤリス・ラリー1)/総合22位

「今日は完走してチームのためにポイントを獲得する必要があったので、全開では走らなかったが、パワーステージでも追加で1ポイントを獲得することができた」

「チームにとっては、非常に厳しい週末になってしまったけど、自分に関しては昨日止まってしまうまでは、スピードもパフォーマンスも決して悪くなく、うまくコントロールできていたと思う。しかし、チームとしては改善作業を進め、今回起こった問題から学び、前に進まなければならない」

エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ
カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ
エサペッカ・ラッピ(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャエサペッカ・ラッピ(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS