10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

WRCニュージーランドのパワーステージは、国内ラリードライバーの「私設」!

WRC

WRC NZ史上初! 集客1万人規模のスタジアム式ステージ

今季のWRC第11戦として、待望のカレンダー復帰を果たすラリーニュージーランド(9月29日〜10月2日、グラベル)。世界のグラベルラリーステージでも独特の特徴を持つこのイベントは、これまでもWRCドライバーたちから高い支持を得てきました。WRCラウンド復活となる今回の大会では、同国北島のオークランドにあるリニューアルされたばかりのウォーターフロントに拠点となるラリービレッジを設定するなど、主催者はイベントを盛り上げるために様々な工夫を凝らしているそうです。

その中でも、特に注目されるのは、ラリービレッジから南東に35kmのウィットフォードにある6.5kmのステージ。ニュージーランドのラリードライバー、アンドリュー・ホークスウッドが私有地に作り上げた「ジャックス・リッジ」ステージです。

2017年のニュージーランドチャンピオン、ホークスウッドは、みずからワークショップを率いてマシンを自作する同国ラリー界の第一人者。国内のラリー選手権だけでなく、WRC、APRCと国際格式ラリーにも積極的に参戦してきており、APRCでは日本人ドライバーたちともしのぎを削ってきました。現在、息子のジャック・ホークスウッドもニュージーランドのラリー選手権に参戦を始めています。

ラリーニュージーランドの長い歴史の中でも、1万人以上の集客が見込まれるスタジアムスタイルのSSが作られるのは初めてとのこと。今回のWRCニュージーランドでは、ジャックス・リッジは「ジャックス・リッジ・ハウヌイ」というステージ名で、最終日に2回走行。2回目はボーナスポイントがかかるパワーステージにも指定されています。この日、ジャックス・リッジでは、WRCの競技走行のほかにも、ヒストリックラリーカーや名車を様々なモータースポーツカテゴリーのスタードライバーが走行するなど様々な企画を計画しており、国際的に活躍するレーシングドライバーのマイケル・ピケンス、ドリフト界のレジェンドであるマッド・マイク・ウィデット、クワッドバイクの異端児イアン・フィッチの3人の参加がすでに発表されています。

ラリーニュージーランドのCEO、マイケル・ゴールドシュタインは「WRCがこの国に戻ってくることに、モータースポーツのファンは沸き立っています。オークランド全域で、世界最高峰のドライバーたちが繰り広げるグラベルステージでの最高のショーをおおいに盛り上げたいと思っています」と語っています。

「ホークスウッド一家の尽力のおかげで、オークランド近郊に素晴らしいスタジアム風のステージを設定することができました。ジャックス・リッジは、観戦しやすい環境と壮大なアクションという両面において、ラリーの常識を覆すものになるでしょう。アンドリューがこの埋立地をスポーツのための特別な施設に変えるというビジョンを持っていたことは、我々にとっても幸運なことでした」

WRCラリーニュージーランドでのジャックス・リッジの観戦チケットは、大ジャンプ近くの観戦ポイントが確保されるゴールドパス(大人価格99NZドル)がすでに完売。通常チケット(大人価格59NZドル)が若干数残るのみとなっているとのことです。

協力:RALLYPLUS.NET 写真: Rally New Zealand、Geoff Ridder

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS