サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

トヨタ、エバンスとラッピが2、3位表彰台を獲得「昨年よりも競争力があった」とラトバラ/WRCベルギー

WRC
as-web.jp

 8月21日、WRC世界ラリー選手権第9戦『イープル・ラリー・ベルギー』の最終日デイ3が、ベルギー西部のイープルを中心に行われた。シリーズ最高峰クラスに参戦しているTOYOTA GAZOO Racing WRTは、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合2位でフィニッシュ。エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合3位となり“ダブル表彰台”を獲得した。

 また、初日のデイリタイアを経て、デイ2で再出走したカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合62位で完走し、TOYOTA GAZOO Racing WRTネクストジェネレーションから出場の勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合5位入賞を果たしている。

 今年WRC開催2年目となったイープル・ラリー・ベルギーの最終日は曇り空の下、サービスパークを中心に2本のステージをサービスを挟んで各2回走行するスケジュールで実施された。4本のSSの合計距離は51.34kmと短く、これは3日間で最短だった。

 ドライコンディションでの戦いとなったこの日、前日のデイ2で首位オット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)と8.2秒差の総合2番手に順位を上げたエバンスは、オープニングのSS17と続くSS18で連続してベストタイムを記録。ライバルとのタイム差を6.7秒に縮めてみせる。

 イープルでのサービスを挟んで行なわれた再走ステージのSS19では3番手タイムとなり、ややギャップが開いたが、エバンスは最終パワーステージ(SS20)でも攻めの走りを貫きベストタイムのロバンペラに続く2番手タイムを記録した。最終的に逆転には至らなかったものの、トップと5秒差の総合2位でフィニッシュしたウェールズ人ドライバーは、パワーステージ2番手タイムによるボーナスの4ポイントも獲得している。

 デイ3を迎えた時点で前後の選手と大きな差がついていたラッピは、表彰台を確実に獲得するために堅実な走りを続け、最終的に総合3位でラリーを終えた。彼は今シーズン3回目となる3位表彰台獲得により、チームに貴重なマニュファクチャラーズポイントをもたらした。

エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー
エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(トヨタGRヤリス・ラリー1)

勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

■「エルフィンは優勝まであと一歩と迫り、いい戦いをした」とラトバラ代表

 また、パワーステージに照準を合わせて最終日に臨んだロバンペラは、石畳の非常に滑りやすい路面も含まれるこのラリーの名物“ケンメルベルク”のステージで、狙いどおりステージベストをマーク。初日のクラッシュによるデイリタイアの結果、総合順位はふるわなかったが、パワーステージの優勝によってボーナスの5ポイントを獲得してみせた。

 デイ1でのトランスミッションのトラブルによる遅れから着実に順位を挽回してきた勝田は、デイ2よりもひとつ順位を上げ総合5位で難しいターマックラリーをフィニッシュした。なお、今戦を終えた時点で、開幕戦モンテカルロからここまでの全ラリーで総合10位以上のリザルトを残しているのは、勝田ただひとりとなっている。

 チームを率いるヤリ-マティ・ラトバラ代表は、「2台の選手達が表彰台に上がり、この週末を締めくくるのにふさわしい結果になった」と第9戦イープル・ラリー・ベルギーを総括した。

「我々には速さがあったし、昨年よりも競争力があり、クルマも好調だった。ただ、うまくいかなかったことが少しあっただけだ。エルフィン(・エバンス)は優勝まであと一歩と迫り、いいラリーを戦った。今朝もとてもいい走りをしたが、今日はステージが4本しかなかったため優勝には届かなかった」

「エサペッカ(・ラッピ)の走りは完璧だった。それはまさに、この週末我々が彼に求めていたものであり、(88ポイントのリードを保った)マニュファクチャラー選手権争いにおいて大きく貢献してくれた。また、カッレ(・ロバンペラ)は金曜日に残念なことになってしまったが、その後も強い気持ちを持ち続け、パワーステージの優勝によりチャンピオンシップでも依然有利な位置を保っている」

「最後に、今回(豊田)章男社長がユハ・カンクネンとともに水素燃料のクルマでステージを走行したことは、本当に素晴らしいことだった。彼がいかにモータースポーツを愛しているかが伝わったと思うし、彼のサポートに本当に感謝している」

 依然としてドライバー、コドライバー、マニュファクチャラーの各選手権をリードしているTOYOTA GAZOO Racing WRTが挑む次戦は、9月8日から11日にかけて、ギリシャで開催されるWRC第10戦『アクロポリス・ラリー・ギリシャ』だ。昨年、8年ぶりにWRCのカレンダーに復帰したこのイベントは、1951年に初開催され、WRC初年度の1973年からシリーズに組み込まれた伝統的なグラベル(未舗装路)ラリー。大きな石が転がる山岳ステージの路面は所々荒れており、また気温もかなり高いため、クルマにもタイヤにも選手にも厳しいイベントとして知られている。

2位表彰台を獲得したエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー2位表彰台を獲得したエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギーカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS