10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

選手権首位ロバンペラがまさかのクラッシュ。WRCベルギー初日はヌービル、タナクのヒョンデが1-2

WRC
as-web.jp

 8月19日、WRC世界ラリー選手権の2022年シーズン第9戦『イープル・ラリー・ベルギー』が開幕した。競技初日のデイ1はSS1~8が行われ、地元ベルギー出身のティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合首位につけた。チームメイトのオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合2番手につけ、ヒョンデ・シェル・モビスWRTがワン・ツー体制を築いている。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)はマシントラブルの影響で序盤に遅れを取り、総合18番手となっている。

 今年、WRCイベントとして2年連続2回目の開催となっているイープル・ラリー・ベルギーは、ベルギー西部の都市イープルを中心に行われるフルターマック(舗装路)ラリーだ。1日をとおして不安定な天候となった初日はSS4走行時に降雨があったが、ほとんどのステージがドライコンディションで行われた。

 そのオープニングとなったSS1では、選手権リーダーのカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が制した。彼は今大会で優勝すればライバルの成績次第で、残り4戦を待たずに史上最年少でのシリーズチャンピオン獲得する可能性がある状況にあった。

 しかし、続くSS2の緩やかな左コーナーでコースオフ。GRヤリス・ラリー1は側溝に跳ね上げられ激しくロールして止まった。幸いロバンペラとコドライバーのヨンネ・ハルットゥネンに怪我はなかったが、競技続行は不可能に。チームはデイ2での再出走を目指すとしている。

 ロバンペラの脱落後、ラリーをリードしたのはチームメイトのエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)だった。今季初勝利を狙うウェールズ人はSS4でステージ優勝を飾るなど安定した速さをみせ、午後のSS6まで総合首位の座を守ってみせる。

 だが、不運にも1本タイヤにスローパンクチャーの症状がみられ、残りのステージを予備として搭載していたレインタイヤで走ることになる。この影響で少しずつタイムを失ったエバンスは3番手に後退。さらに、SS8後のTC(タイムコントロール)への到着が1分遅れたため10秒のタイムペナルティを受け、首位との差は3.7秒から13.7秒に開いている。

SS6まで首位をキープするもスローパンクチャーに泣き3番手に順位を落としたエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー
SS6まで首位をキープするもスローパンクチャーに泣き3番手に順位を落としたエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

■連覇を目指すヌービルと連勝狙うタナクの差はごくわずか

 そんなエバンスを尻目に、大会連覇を狙うヌービルが1日の終盤に総合トップを奪った。ヒョンデのダブルエースのひとりである彼は、SS1でオーバーシュートを喫し10秒以上の後れを取ったほか午前中はセットアップに悩まされ、本来のペースを発揮することができなかった。

 しかし、ミッドデイサービスでセットアップを変更した彼は午後に調子を取り戻し、SS5からSS8にかけて4ステージ連続でベストタイムをマーク。SS7を終えた時点で総合3番手から順位をふたつ上げると、1日の最後のステージでは総合2番手につける僚友タナクとのギャップをわずかに拡げている。

「午前と午後ではマシンのハンドリングが全然違った」と語ったヌービル。

「もう少しスピードを出せる部分がある気がするが、全体的にとくに午後の走りにはとても満足している」

「我々のウェザーチームは非常に正確な情報を持っていて素晴らしい仕事をしてくれた。僕は自信を持って彼らの予測を信じることができた。これは今日のような日にはとても重要なことだ」と彼は付け加えている。

 1日の大半を総合2番手で過ごしたタナクはSS3とSS5でベストタイムをマークした他、その他のステージでもトップ3タイムを刻み続けた。SS8を終えた時点で首位を行くチームメイトとのタイム差はわずか2.5秒だ。

 8年ぶりのイープル・ラリー出場となっているトヨタのエサペッカ・ラッピ(トヨタGRヤリス・ラリー1)はトップから37.3秒、チームメイトのエバンスから23.6秒遅れての総合4番手につけている。

 その後方にはMスポーツ・フォードWRTのクレイグ・ブリーンとガス・グリーンスミス(ともにフォード・プーマ・ラリー1)が続き、ギアボックストラブルで遅れたオリバー・ソルベルグ(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合7番手に入った。彼と8番手のアドリアン・フルモー(フォード・プーマ・ラリー1)は、総合トップからのギャップが約2分となっている。

 TOYOTA GAZOO Racing WRTネクストジェネレーションから出場の勝田は、午前中にミッショントラブルに見舞われ大きくタイムを失ってしまう。この影響で総合18番手でラリー初日を終えることとなった。WRC2クラスに参戦している福永修(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)は総合46番手でデイ1を終えた。

 20日土曜のデイ2は、イープルのサービスパークを中心に4本のステージを各2回走行していく。計8本のSSの合計距離133.22kmは今大会最長。リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は269.05kmとなる予定だ。

僅差の総合2番手につけているオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

僅差の総合2番手につけているオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー
前年2位のクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)はMスポーツ勢最上位の総合5番手 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

前年2位のクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)はMスポーツ勢最上位の総合5番手 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー
序盤にミッショントラブルが発生し大きく順位を落とすことになった勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

序盤にミッショントラブルが発生し大きく順位を落とすことになった勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー
総合6番手につけたガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

総合6番手につけたガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS