サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

クラッシュのロバンペラ「ペースノートがあまりに楽観的だった」/WRC第9戦ベルギー デイ1後コメント

WRC
as-web.jp

 8月19日、WRC世界ラリー選手権の2022年シーズン第9戦『イープル・ラリー・ベルギー』が開幕した。競技初日のデイ1はSS1~8が行われ、地元ベルギー出身のティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合首位につけた。チームメイトのオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合2番手につけ、ヒョンデ・シェル・モビスWRTがワン・ツー体制を築いている。そんなラリー初日の戦いを終えた、Mスポーツ、ヒョンデ、トヨタの各チームからドライバーコメントが発表された。

■Mスポーツ・フォードWRT

●クレイグ・ブリーン(#42 フォード・プーマ・ラリー1)/デイ2総合5番手

「ほとんど最悪の1日に近い。僕たちのタイヤ選択のやり方については、とても運がなかった。僕たちは(午後に)雨が降ると予想していたから、ループ全体で1滴も降らなかったことが信じられないよ」

●ガス・グリーンスミス(#44 フォード・プーマ・ラリー1)/デイ2総合6番手

「天気については誰もが同じようなことを考えていたのは明らかだ。残念だが、でもいいよ。僕にとっては1回目の走行のようだった」

●アドリアン・フルモー(#16 フォード・プーマ・ラリー1)/デイ2総合8番手

「午前中の走りにはとても満足している。(SS4の)雨については残念だったし運がなかった。今日の午後は、クレイグ(・ブリーン)の雨乞いに効果がなかったことは間違いないよ! 天気は予測がつかないが、明日は晴れるはずだから楽しめるだろう」

※コメントはいずれもSS8後のインタビューのもの。

アドリアン・フルモー(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー
アドリアン・フルモー(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー
ガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

ガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー
クレイグ・ブリーン/ポール・ネイグル組(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

クレイグ・ブリーン/ポール・ネイグル組(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

■ヒョンデ・シェル・モビスWRT

●ティエリー・ヌービル(#11 ヒョンデi20 Nラリー1)/デイ2総合首位

「間違いなく接戦の1日だったが、トリッキーな午前に続く午後のループでのマシンのハンドリングにはずっと満足しているよ。なによりグリップが予想よりも低かったし、天気も不安定だった。いくつかミスをしてSS1では数秒失ってしまった。でもそれ以降はタイムを取り戻すために良いステージにすることができた」

「2回目の走行ではさらに落ち着いていられた。それでもマシンからさらにパフォーマンスを引き出し、ドライブしやすくするために何かしらの作業が必要だ。僕たちはすでに良い一歩を踏み出したし、自信を持つことができている。そうしたことが速く進んでいく助けになる」

「ウエザークルーは正確な情報を提供するのに力強い仕事をしてくれた。今日のような日には重要なことだ。明日はまだパンクのリスクが高いから、まずはクリーンな走行を目指すことになるだろう」

●オット・タナク(#8 ヒョンデi20 Nラリー1)/デイ2総合2番手

「午後のループはオープニングステージよりもはるかにスムーズに感じたし、全体的にマシンの安定性がずっと良かった。午前中は必要な自信とフィーリングを見つけるのに少し苦戦していた。まだ100パーセントのプッシュができていない。今の時点では90パーセントくらいだろう」

「ラリー自体は少々トリッキーだ。こうしたふたつのことが組み合わさって少し難しい状況にある。2回目の走行は安定していたし、ある意味では天候に恵まれていた。ウエザークルーは、僕たちがループに入る前に状況を予測するのに全力を尽くしてくれた。なぜならここでの雨は予想外の場所で降ったりやんだりするからだ」

●オリバー・ソルベルグ(#2 ヒョンデi20 Nラリー1)/デイ2総合7番手

「初日が終わって全体的には満足している。SS8でギアシフトが固まるなど問題がいくつかあったけれど、フィーリングは良くなっているよ。全体的にはミスのないクリーンな走行ができたし、たくさんのことを学んだ」

「最後のステージでは多くのタイムを失ったが、この順位につけたし、午後はより良いペースで順調にこなしてきた。この場所で初めてのWRCマシンでの走行に、もっと自信を持つことが大事なんだ。ここでのステージは100パーセント専念する必要がある。トップのドライバーたちははるかに多くの経験を持っているから、僕たちは賢明になって、今後に向けて学ぶ必要がある」

ティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

ティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー
オット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

オット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー
オリバー・ソルベルグ(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

オリバー・ソルベルグ(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

■TOYOTA GAZOO Racing WRT

●エルフィン・エバンス(#33 トヨタGRヤリス・ラリー1)/デイ2総合3番手

「全体的には悪い1日ではなかったと思う。午前中のステージはうまく行ったが、午後の終盤は少し苦労した。午後2本目のステージ(SS6)の終了間際にスローパンクチャーに見舞われたのは少しアンラッキーで、残る2本のステージではレインタイヤを装着して走らなければならず、正直なところいいフィーリングではなかった」

「最後のステージではタイムコントロールのチェックインで不運なミスがあり、ペナルティタイムを課せられてしまったが、ラリーでは時々こういうことも起こるものだ。まだ先は長いし明日は最長の1日だから、楽しみながら一生懸命戦い、状況がどうなるのかを見たいと思う」

●カッレ・ロバンペラ(#69 トヨタGRヤリス・ラリー1)/デイリタイア

「今朝の路面コンディションはトリッキーで、グリップがほとんどないような状況だったが、普通のペースで走ってもまったく問題がないように感じられた」

「しかし、次のSS2の中盤に連続するコーナーがあり、ふたつめのコーナーに関しては自分のペースノートがあまりにも楽観的だった。短いコーナーと記していたのだけど、早くターンインしすぎて曲がりきれず、溝に落ちて跳ね上げられてしまったんだ」

「かなり大きな衝撃だったけど、自分もヨンネ(・ハルットゥネン/コドライバー)も無事だった。チームがクルマを修理してくれて、明日ラリーに復帰できることを願っている」

●エサペッカ・ラッピ(#4 トヨタGRヤリス・ラリー1)/デイ2総合4番手

「良い1日だったと思う。午前中から走りは悪くなく、クレイジーなことは何もなかったけど、とくに遅くもなかったと思う。ミッドデイサービスでクルマを改善できると思ったし、実際それができたから午後はより気持ちよく走ることができた」

「午後は雨が降らず、多くのクルマが適切でないタイヤを履いていた。自分はできるだけうまくタイヤを保たせようと走り、軟らかいタイヤを履いているドライバーの中では一番速かったので、その点については本当に満足している」

「いい順位につけていると思うけど上位陣のスピードにはかなわないと思うので、明日も今日と同じようなアプローチで戦うつもりだ」

エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー
エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

 

エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第9戦イープル・ラリー・ベルギー

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS