サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

即日完売となった『ラリージャパン2022』SS観戦チケットの追加販売が決定。8月26日発売

WRC
as-web.jp

 8月8日、ラリージャパン事務局は、2022年11月10~13日に愛知県と岐阜県の両県にまたがって開催される、WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』のスペシャルステージ観戦エリアチケットを追加販売すると発表した。発売日は8月26日(金)だ。

 先月28日に一般販売されたスペシャルステージ(SS)エリアチケットは大会の注目度の高さからか、同日正午の販売開始からわずか数分で完売するチケットが続出。その日のうちにすべてのSS観戦券が売り切れる事態となった。

 そこで、ラリージャパン事務局は各SS観戦エリアを運営する愛知県岡崎市、同豊田市、岐阜県恵那市の各自治体に協力を仰ぎ、観客の受け入れ体制を再調整してもらうことで若干数のチケット追加販売を実現した。

 この追加分のチケットは8月26日(金)正午より、前回と同様にインターネットチケット販売サイトe+(イープラス/https://eplus.jp/sf/word/0000019202)で先着販売される予定だ。

 なお、価格は岡崎SSS(大人1万円/子供3000円)を除く各SSで大人1万3000円、子供3500円(いずれも税込)となっている。追加販売が行われるSSは以下のとおりだ。

・愛知県岡崎市:額田SS(11月12日 SS8/SS11)、岡崎SSS(11月12日 SS13/SS14)
・愛知県豊田市:鞍ケ池SS(11月10日 SS1)、稲武SS(11月11日 SS3/SS6)、三河湖SS(11月12日 SS9/SS12)、旭高原SS(11月13日 SS19)
・岐阜県恵那市:恵那SS(11月13日 SS16/SS18)

WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』の簡易開催地マップ
WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』の簡易開催地マップ

 この他、ラリージャパン2022の観戦チケットは岡崎市、および恵那市のふるさと納税の返礼品としても入手可能となっている。こちらも26日(金)より受付開始となるため、あわせてチェックしてみては。

 また、ラリージャパン2022公式サイトでは各SSへのアクセス方法や注意事項を含む詳細情報が確認できるほか、販売中のサービスパーク入場券の詳細、8月中旬~下旬に発売予定のツアーについての情報などが掲載されている。

■ラリージャパン2022 SSチケット追加販売 ※一般先着受付

開催日時:2022年11月10日(木)~13日(日)
受付期間:2022年8月26日(金)12:00~
枚数制限:おひとり様1回5枚まで(子供含む)
決済方法:クレジットカード決済/ファミリーマート
追加販売受付サイトURL:https://eplus.jp/sf/word/0000019202
※受付時間になるとチケット情報が掲載されます。
公式サイト:https://rally-japan.jp/ticket

■ふるさと納税

愛知県岡崎市:https://www.satofull.jp/city-okazaki-aichi/
岐阜県恵那市:https://rally-ena.jp/furusato/

『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』スペシャルステージのイメージ『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』スペシャルステージのイメージ

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS