10/1(土)・2(日)、ラリージャパン「1ヶ月前イベント」を愛知県庁前で開催!

勝田貴元、超高速グラベルで争われた“第2のホームラリー”で6位入賞/WRCフィンランド

WRC
as-web.jp

 8月4日から7日にかけて、北欧のフィンランドで2022年WRC世界ラリー選手権第8戦『ラリー・フィンランド』が開催された。地元ユバスキュラにサービスパークが置かれた同イベントに、TOYOTA GAZOO Racing WRTネクストジェネレーションから出場した勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、アーロン・ジョンストンとのペアで総合6位入賞を果たし選手権ポイントを獲得した。

 ラリー・フィンランドは、シリーズでも指折りのハイスピードラリーだ。チャレンジングなグラベル(未舗装路)ステージは選手たちの人気も高いが、その特性ゆえにタイム差がつきにくいことで知られる。フィンランド在住6年となる勝田にとって、このイベントは“第2のホームラリー”といえるもの。しかし、これまでの大会ではなかなか納得できる結果を残すことができていない。

 迎えた今季のラリー・フィンランドは、勝田が住むユバスキュラの市街地を走行するSS1“ハルユ1”でラリーの幕が上がった。勝田はこのショートステージでハイブリッドブーストが使えないトラブルに直面したものの3番手タイムを記録。競技初日を総合3番手で終える上々のスタートを切った。

 森林地帯での本格的な戦いがスタートしたデイ2でも安定した走りで6番手前後のタイムを刻み、昼間にユバスキュラ市街地で行なわれたSS6“ハルユ2”では前年大会以来となるステージ優勝を果たした。その後も安定感のある走りを続けた勝田は総合5番手を争いながら6番手で競技3日目に進む。

 土曜のデイ3は朝から雨が降り、グラベルステージは濡れて非常に滑りやすいコンディションとなった。このトリッキーな路面での戦いにおいて、勝田は自身の走りに自信を持ち切れず、誤操作も重なってスピンも喫する場面も。そうしたなかでも粘り強く総合5番手争いを続けていたが、1日の最後のステージとなったSS18では再度スピン。これにより30~40秒を失ってしまった。

 前後とのギャップが開いた総合6番手で迎えた最終日はセットアップの変更が奏功し、ふたたび自信を取り戻した勝田。彼は4本のSSでステージ5番手タイムを2回、6番手タイムを2度記録し、最終的に総合6位でフィニッシュした。今季開幕戦から全戦でポイントを獲得している勝田はドライバー選手権5位をキープ。また、所属するTOYOTA GAZOO Racing WRTネクストジェネレーションには、8戦連続でマニュファクチャラーズポイントをもたらしている。

ユバスキュラ市街で行われたSS6“ハルユ2”ではベストタイムをマーク
ユバスキュラ市街で行われたSS6“ハルユ2”ではベストタイムをマーク

■「土曜日は問題に直面し、かなり悩みました」と勝田

「(第7戦)エストニアの時と同じように、初めてトップレベルで戦い続けてこのラリーを完走したのは、素晴らしいことだ」と勝田を称賛するのは、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムのインストラクターを務めるユホ・ハンニネン。

「土曜日の午後はあまり自信が持てず、終盤にはスピンをしてしまったが、それが最終結果に大きく影響したとは思わない」

「ラリー中にかなり頻繁にセットアップを変更したが、日曜日に向けて施した変更は彼にとってポジティブなものとなり、とても満足していた。チームとしては、クルマについて多くを学ぶことができたし、貴元が最高のパフォーマンスを発揮するためには何が必要なのかも理解することができた。今年まだ2戦あるグラベルラリーに向けて、それは非常に有益なことだと思っている」

 地元で開催された4日間の戦いを終えた勝田は、「自分としてはいい内容と思えるラリーでしたし、第2のホームラリーを走り切ることができてうれしいです」とコメント。

「金曜日はいい戦いを楽しむことができましたが、土曜日は問題に直面し、ステージのコンディションと、自分自身が自信を持ちきれないことにかなり悩みました。グリップレベルが安定せず、スピンもしたことで5番手のティエリー(・ヌービル/ヒョンデi20 Nラリー1)と戦うチャンスを失ってしまいました」

「それでも、最終日にクルマのセッティングを変更したところフィーリングは良くなり、金曜日の時点で持っていた自信を取り戻すことができました」と彼は続けた。

「クルマは良かったですし、挙動も予測しやすいものでした。コンディションが変化する状況ではさらに改善する必要がありますが、前戦エストニアの時よりは今回のほうが良かったので、ポジティブに考えることができます」

 このように語った勝田が挑む次戦は、2021年に初めてWRCイベントとして開催されたベルギーのターマック(舗装路)ラリー、『イープル・ラリー・ベルギー』だ。8月19~21日に行われる同ラウンドも非常に速度域の高いラリーであり、勝田は昨年このラリーで大きなクラッシュを喫している。

勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第8戦ラリー・フィンランド勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第8戦ラリー・フィンランド

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS