車椅子をご利用の方のチケット販売はこちら

Mスポーツ・フォード、「フィエスタ・ラリー2 MkII」のアップグレード仕様に手応え

WRC

リヤウイング、サイドミラーが新デザインに

Mスポーツ・フォードのチーム代表、リチャード・ミルナーは、WRC第7戦ラリーエストニアから投入した「フォード・フィエスタ・ラリー2 MkII」のアップグレード仕様を高く評価しました。今シーズン、この先のWRC2タイトル争いでも、フィエスタ・ラリー2 MkIIが競争力を持って戦えると自信をのぞかせています。

グラベルラリーのラリーエストニアでは、フィンランド出身のヤリ・フッツネンがアップグレード版のフィエスタ・ラリー2 MkIIをドライブし、クラス4位でフィニッシュしました。

今回のアップグレードではエアロダイナミクスを見直し、リヤウイングを変更。リヤセクションに設置されたエンドプレートを延長し、ウイング中央部にバーティカルフィンが追加されています。

サイドミラーも改良され、トップカテゴリーマシンの「プーマ・ハイブリッド・ラリー1」に近い形状に。さらに新しいサスペンションパッケージも投入され、高速グラベルでのハンドリングが向上しました。

エストニアではオープニングステージでトップに立ったフッツネンでしたが、金曜日にマシントラブルに見舞われ、フィエスタ・ラリー2 MkIIのポテンシャルを存分に発揮することができませんでした。それでもミルナーは、アップグレード仕様に手応えを感じたようです。

「ヤリのマシンに行った変更に対するフィードバックは、いずれもポジティブなものでした。金曜日に発生したトラブルは、マシンに行った改良のどれにも関係していません。順調に走行している時にヤリとこのマシンが見せたスピードには、満足しています」とミルナー。

「エストニアのような高速ラリーでは、一度タイムをロスしてしまうと、取り戻すのは簡単ではありません。それが今回のエストニアでは起こってしまいました。それでも、今回投入したパーツには自信を持っていますし、新しいフィエスタにはライバルと戦うために必要なスピードがあることを見せられたと思います」

WRC第8戦ラリーフィンランド、フッツネンは初めてフォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1で参戦が決まりました。Mスポーツ・フォードはこのフィンランドに、フッツネンのほかクレイグ・ブリーン、アドリアン・フルモー、ガス・グリーンスミス、ピエール‐ルイ・ルーベと、合計5台のラリー1マシンをエントリーしています。

一方、WRC2ではプライベーターとして参戦するチェコのマルティン・プロコップが、フォード・フィエスタ・ラリー2 MkIIをドライブします。 協力:RALLYPLUS.NET 写真:M-SPORT、WRC PROMOTER / Julian Porter

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS