車椅子をご利用の方のチケット販売はこちら

ヒョンデ・モータースポーツ、シェルとのWRCパートナーシップを3年間延長

WRC

WRCに参戦するヒョンデを技術面でもサポート

ヒョンデ・モータースポーツは、グローバルエネルギー企業「シェル」とのパートナーシップ契約延長に合意。FIA世界ラリー選手権(WRC)のタイトルスポンサーおよび、テクニカルパートナーとして、さらに3年間継続する契約を発表しました。

ヒョンデとシェルは、2014年にヒョンデ・モータースポーツのWRC参入に先駆けて、WRC活動における関係を結んでおり、以来、相互に有益な協力関係を構築しています。

この8年間、シェルはWRCのステージを走行するヒョンデのラリーカーをメインスポンサーとして彩り、技術規定が幾度も変更されていく中でもチームを継続的にサポート。今シーズンから導入されたハイブリッドパワートレインを搭載するラリー1規定導入においても協力体制は強化され、競技面とシェルの製品開発において、両社は様々な利益をもたらしています。

WRCマニュファクチャラーズ選手権では、ヒョンデ・モータースポーツとシェルは2019年と2020年に選手権を連覇。6月のWRC第5戦ラリーイタリア・サルディニアでは、ヒョンデi20 Nラリー1がオィット・タナックのドライブで今シーズン初勝利を達成しています。

ヒョンデ・モータースポーツ社長のショーン・キム(写真左)は、「シェルとは、私たちがWRCに参戦した当初から、ともに歩んできました。ここからさらに3年間、パートナーシップを延長できることは、我々の協力関係の強さを証明するものとなります」とコメント。

「シェルとヒョンデは企業としての深い関係も築いています。そして、WRCでのコラボレーションは技術開発が核となっているのです。ここ数年の間に、WRC車両の技術規定は2017年、そして今シーズンと大きな変更が行われました。シェルは、どんな時でも我々の味方でいてくれています」

「シェルは2度のタイトル獲得に重要な役割を果たしましたし、このパートナーシップを新しいハイブリッド時代にも引き継げたことをうれしく思います。この関係は、単にヒョンデ・シェル・モビス・ワールドラリーチームのタイトルスポンサーというだけでなく、真の技術協力と言えるものです」

昨年末、それまでチーム代表を務めてきたアンドレア・アダモがチームを離れ、さらにi20 Nラリー1の開発が遅れたことから、ライバルのトヨタを前に厳しい戦いが続くヒョンデ。資金的な厳しさも指摘されており、今回のシェルとの契約更新は、チームにとって非常にポジティブなニュースとなりました。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:HYUNDAI 

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS