勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

強すぎるロバンペラ、第7戦で早くも5勝目。母国ラリーのタナクは3位/WRCエストニア

WRC
as-web.jp

 7月17日、WRC世界ラリー選手権2022年シーズン第7戦『ラリー・エストニア』の競技最終日はデイ4のSS19~24が行われ、デイ2から首位を守ってきたTOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が優勝。シーズン第7戦にして早くも5勝目を挙げた。

 高速グラベル(未舗装路)ラリー連戦の前半ラウンドであるラリー・エストニアは最終日も雨混じりのラリーとなった。デイ4はサービスパークが置かれているタルトゥの南部エリアに設定された、3本のステージを各2回走行するフォーマットで行われ、オープニングのSS19から首位ロバンペラがベストタイムをマーク。2番手につけている僚友エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)とのギャップを29.8秒に拡げた。

 前日に9SS中7ステージで連続ベストタイムを記録するなど圧倒的なスピードを発揮したロバンペラは、トップに立ったデイ2最後のSS9以降、一度もポジションを譲らずに最終日を迎える。

 この21歳のフィンランド人はSS19での最速タイム記録後も、続くSS20、SS21でもステージ優勝を果たしリードを40秒にまで拡大させている。一方のエバンスはSS20でスピンがありタイムを失う。降雨により上位陣が軒並みタイムを落とすことになったSS23ではチームメイトを上回るステージ7番手タイムを記録したが、その差は38.4秒と依然大きなままだ。

 なお、“母国ヒーロー”ことオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)は総合3番手をキープしつつ、デイ4開始時は42.4秒差だったエバンスとのギャップを37.1秒に縮めている。

 ボーナスポイントが懸かる最終パワーステージのSS24“カンブヤ2”は、スタート時点ではステージの一部で小雨が降るものの路面は全体的に湿り気がある程度だった。しかし、セッションが進むにつれてコンディションが悪化。一時的に大雨となり路面は瞬く間にフルウエットとなった。

 そんななかでもロバンペラの強さは健在だった。昨年、このラリーのWRC史上最年少で制した男はここでもライバルよりも22.5秒速いステージベストタイムも記録し、フルポイントマークでのシーズン5勝目を飾ってみせた。この勝利によりチャンピオンシップポイントは175ポイントとなり、ランキング2番手につけているティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)との点差を83ポイントとしている。

オット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第7戦ラリー・エストニア
オット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第7戦ラリー・エストニア
勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第7戦ラリー・エストニア

 

勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第7戦ラリー・エストニア

■勝田貴元は5位フィニッシュ

 エバンスも、雨の影響が少ないなかで走行したことでステージ暫定トップタイムを記録していたアンドレアス・ミケルセン(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)を上回る2番手タイムを記録したが、最終ステージでの大逆転とはならず2位が確定。走行後には「ロバンペラに脱帽」とコメントしている。

 総合3番手でSS24を迎えたタナクはステージ6番手タイムでフィニッシュし、3位表彰台を確保した。チームメイトのティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合4番手に続き、パワーステージ5番手となりボーナス1ポイントを獲得した勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合5位でフィニッシュした。

 総合6位は最終ステージでアドリアン・フルモー(フォード・プーマ・ラリー1)を逆転したエサペッカ・ラッピ(トヨタGRヤリス・ラリー1)。フルモーは7位、総合8位にはWRC2クラスを制したミケルセンが入っている。

 その他、オリバー・ソルベルグ(ヒョンデi20 Nラリー1)は暫定13位、Mスポーツのクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)が暫定総合26位でフィニッシュした。ピエール-ルイ・ルーベ(フォード・プーマ・ラリー1)はSS20で左フロントサスペンションを壊しリタイアに。SS21ではガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1)がミッショントラブルでリタイアとなっている。

 WRCの次戦第8戦『ラリー・フィンランド』は8月4日から7日にかけて開催される予定だ。

エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第7戦ラリー・エストニア

 

エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第7戦ラリー・エストニア
アドリアン・フルモー(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第7戦ラリー・エストニア

 

アドリアン・フルモー(フォード・プーマ・ラリー1) 2022年WRC第7戦ラリー・エストニア
ティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第7戦ラリー・エストニア

 

ティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1) 2022年WRC第7戦ラリー・エストニア

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS