勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

WRCスペイン参戦の可能性が消えたセバスチャン・ローブ、次はアクロポリスに参戦か?

WRC

W2RCのカレンダー調整で参戦計画が変更に

今季のWRCにMスポーツ・フォードからスポット参戦している、元WRCチャンピオンのセバスチャン・ローブが、9月8〜11日に開催される第10戦アクロポリス・ラリーギリシャ(グラベル)に参戦する可能性が浮上しています。

WRCは今シーズン、最高峰カテゴリーにハイブリッドのラリー1マシンが導入されましたが、ローブは、その初戦となった1月のモンテカルロでラリー1マシン初の勝利を飾っています。その後は、第4戦ポルトガル、第6戦サファリとグラベル2戦に参戦してきました。さらに、第12戦スペイン(10月20〜23日、ターマック)への参戦も有力視されてきましたが、その可能性が消滅してしまいました。

ローブは今季、世界ラリーレイド選手権(W2RC)やエクストリームEにも参戦するなど多忙なスケジュールを過ごしています。ところが、W2RCのアンダルシアラリーが、猛暑と干ばつにより6月の開催を延期。日程調整された結果、WRCスペインの会期と重なってしまったのです。

「WRCスペインに参戦できたらと思っていましたが、W2RCが重なってしまったので実現できなくなってしまいました。だから、自分のプランも調整しなくてはなりません」

代替案として、WRCアクロポリスへの参戦を希望するかという問いに対し、ローブは、選択肢にはあると語っています。

「おそらく。とはいえ、スケジュールを調整しなくてはなりません。シーズンのこの時点でそれを行うのは、かなりトリッキーなことでもあります」とローブは語っています。

ローブは現在、48歳。WRCアクロポリスにはこれまで11回参戦して、うち3回優勝をマークしています。初優勝は2005年にシトロエン・クサラWRCで参戦した時のもの。その3年後にはC4 WRCで、2021年にはDS3 WRCで優勝を重ねています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:M-SPORT、BRX

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS