勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

新型シュコダ・ファビアRSラリー2がボヘミアラリーでコースカー、ドライバーはミケルセン

WRC

注目の新型ラリー2マシンが初めて一般にお披露目

シュコダ・モータースポーツは、開発中の新型ラリーマシン、ファビアRSラリー2を、7月8〜10日にチェコ北部のボヘミアで開催されるチェコラリー選手権第5戦ボヘミアラリー・ムラダー・ボレスラフでコースカーとして走らせることを発表しました。このマシンは、昨年のWRC2、ERCをはじめ世界各国の選手権でタイトルを獲得しているファビア・ラリー2 Evo、現在全日本ラリー選手権JN-1クラスで首位に立っているヘイキ・コバライネンや福永修がドライブしているファビアR5の最新モデルです。

ボヘミアラリーはチェコラリー選手権のなかでも開催49回目と長い歴史を誇るラウンドで、シュコダの本社があるムラダー・ボレスラフが拠点となるため、同社にとっては、地元イベントで新型マシンを初めて一般にお披露目することになります。イベント中は、ホスコビスの滑走路に設定されるサービスゾーンにシュコダ・ラリーパークを展開し、観客を迎え入れることも予定されています。

ファビアRSラリー2は、まだ競技用の公認取得前のため、今回は総合リザルトには反映されないコースカーとして、競技車両スタートの4分前にファンの前に登場することになります。ドライバーは昨年、ファビア・ラリー2 EvoでWRC2とERCのダブルタイトルを獲得したアンドレアス・ミケルセンが務めます。

ファビアRSラリー2の開発ドライバーも務めてきたミケルセンは自身のSNSで「このマシンの開発に参加し命を吹き込むために尽力できたことは、本当に大きな喜びでした。ラリーボヘミアで新しいファビアRSラリー2をドライブすることになり、とてもうれしいです。競技外での走行となりますが、新しいモンスターマシンの走りをお見せできることを楽しみにしています」とコメントを寄せています。

シュコダ・オート・チェコのマーケティング部長を務めるリボール・セディバクは「ボヘミアラリーは、シュコダにとって1年で最も重要なイベントのひとつなので、シュコダがここに参加することには大きな意義があります。スペクテイターのみなさんを、ファビアRSラリー2が待つシュコダ・ラリーパークに迎えられることをうれしく思います。ステージでは、世界トップクラスのドライバーによって、このマシンが実際に走るところを初めて見ていただけます」と語っています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:SKODA

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS