勝田貴元選手、ポディウムフィニッシュおめでとう!

WRC第6戦サファリ、走行順の不利を跳ね除けたカッレ・ロバンペラがシーズン4勝目

WRC

トラブルがありながらも勝田貴元が2年連続の表彰台

世界ラリー選手権(WRC)第6戦サファリ・ラリー・ケニアは、優勝したカッレ・ロバンペラを筆頭に、2位エルフィン・エバンス、3位勝田貴元、4位セバスチャン・オジエと、トヨタが1993年のサファリ・ラリー以来29年ぶりとなる、1-2-3-4フィニッシュを果たしました。

今回のサファリ・ラリー、ロバンペラはグラベルラリーにおいて不利な出走順トップにもかかわらず、金曜日のSS7までを終えた段階で首位に浮上。その後は一度もトップの座を譲ることなく、シーズン4勝目を獲得しました。パワーステージではリスクを避けたためボーナスポイントこそ獲得できなかったものの、ドライバーズ選手権では2位につけるヒョンデのティエリー・ヌービルとの差を65点にまで広げています。

「このようなリザルトは、ラリー前に想像もできませんでした。今回は、私自身が経験したなかで最もハードなラリーでしたが、トヨタは4台が大きな問題なくフィニッシュしています。あらためてGRヤリス・ラリー1が、最強かつ最速のマシンだと実感しました。サファリという特別な一戦で優勝することができて、本当にうれしいですし、素晴らしい仕事をしてくれたチームに心から感謝します」と、フィニッシュ後にロバンペラはチームへの感謝を語りました。

昨年のサファリでは、最終日までセバスチャン・オジエと優勝争いを展開し、自身初の表彰台を手にした勝田貴元。優勝を期待された2年目のサファリでは、パンクやハイブリッドパワートレインのトラブルに見舞われながらも、今シーズン初ポディウムとなる、3位で走り切っています。

「本当に大変なラリーウィークでした。土曜日の午後のステージは、悪天候もあり、信じられないほど難しいコンディションで、泥に覆われた路面ではどこがグリップするのか分からないような状況でした。ここをなんとか乗り切ることができたのが、大きかったです。チームのために結果を残すことができて、自分としてもうれしいですし、何よりもアーロン(ジョンストン)が初めて表彰台を獲得したことも本当に良かったです」と、勝田はコンビを組むジョンストンのWRC初表彰台を祝福しています。

トヨタが上位を独占した一方、厳しい戦いとなったのが、ヒョンデとMスポーツ。ヒョンデはティエリー・ヌービルがトヨタ勢以外の最上位となる、5位入賞。前戦サルディニアで、ヒョンデにシーズン初表彰台をもたらしたオィット・タナックは、パワーステアリングのトラブルにより最終日にリタイアを余儀なくされています。

Mスポーツは、サファリ初参戦となったクレイグ・ブリーン(写真)が6位入賞。ラリー中はパンクやサスペンショントラブルに見舞われながら、ベテランのセバスチャン・ローブ(8位)を上まわる、Mスポーツ最上位でのフィニッシュとなりました。

「ケニアに来るのは初めてでしたし、とてもいい経験になりました。ただ、競技の面では、うまくいきませんでしたね。サルディニアで2位表彰台を獲得し、良い流れに乗っていたので、本当に残念です。金曜日は良いリズムで走れていましたし、リズムをつかむチャンスはありましたが、土曜日以降はすべてが悪い方に転んでしまいました。パンクをはじめ、まさに雪だるま式でトラブルが続き、もうラリーを続けるのは無理だと思ったほどです」とブリーンは語っています。

協力:RALLYPLUS.NET 写真:TOYOTA、M-SPORT

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS