サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

勝田貴元、サルディニアの路面に苦戦しながら6位入賞「徐々にペースを上げられた」/WRC第5戦

WRC
as-web.jp

 6月2~5日、WRC世界ラリー選手権第5戦がイタリア、サルディニア島で開催され、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元はトヨタGRヤリス・ラリー1を駆り総合6位に入った。

 サテライトチームのTOYOTA GAZOO Racing WRTネクストジェネレーションから2022年シーズンのWRCにフル参戦している勝田。彼とアーロン・ジョンストンとのコンビは、表彰台争いを繰り広げた前戦ポルトガルから2週間後の開催となったラリー・イタリア・サルディニアに臨んだ。

 今戦は今季2戦目のグラベル(未舗装路)イベントだが、気温が35度前後に達する日もあるなど非常に暑く、路面もかなり荒れており、選手にとってもクルマにとっても厳しい条件のラリーとなった。

 第5戦開始時点でドライバーズランキング3番手につける勝田は、実質的なラリーの初日となるデイ2を出走順3番手で走行することに。通常、ドライコンディションのグラベルラリーでは、路面は多くの“ルーズグラベル”と呼ばれる滑りやすい細かい砂に覆われており、出走順が早いドライバーはそれを掃き飛ばしながら走行することになるため、走行条件としてはかなり不利となる。

 そのため、3番手スタートの勝田はなかなか自信を持って走ることができず。しかし、そのなかでも大きなミスを冒すことなく総合7番手で金曜日のラリーを終えた。

 土曜に入るといくらか自信を持って走れるようになり、勝田のペースは着実に上がっていく。しかし、午後最初のステージでクルマのフロントセクションに強い衝撃を受け、ラジエーターが損傷してしまう。デイ3は日中のサービスが設定されていなかったため、勝田とジョンストンは自力で応急処置を施した上で競技を続けることになった。

 勝田は注意深く、ペースを落としてこの日の残りのステージを走破。大きくタイムを失うことにはなったが、1日の最後のSSで総合5番手のライバルがリタイアとなったため順位がひとつ上がり総合6番手となった。

 競技最終日のデイ4は、前後の順位の選手とタイム差があるため、ステージトップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーにボーナスポイントが付与される“パワーステージ”に照準を合わせて走行。その最終SS21では5番手タイムを記録し、総合6位入賞のポイントにボーナスの1ポイントを加算してみせた。

勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第5戦ラリー・イタリア・サルディニア
勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第5戦ラリー・イタリア・サルディニア

 

■勝田「とてもタフだった週末のラリーを完走できてうれしい」

 この週末における勝田の戦いを、WRCチャレンジプログラムのインストラクターであるユホ・ハンニネンは「非常に良い仕事をした」と評価した。

「今週末も、貴元はとても良い仕事をした。金曜日の滑りやすいコンディションのステージを早い出走順で走るというのは、彼にとってまた新たなるシチュエーションだった。すぐに自信を掴むことはできなかったが、クルマのセットアップをいくつか変更したことで、自信を取り戻すことができました。今回得た知識により、次のケニアに向けてより良い準備ができるはずだ」とハンニネン。

「また、クルマと完全に一体化していない状況で、あまりハードに攻め過ぎなかったことも、私は良かったと思う。完走しパワーステージでポイントを獲得したことで、大変だった週末をいい形で締めくくることができたはずだ」

 勝田自身は今戦について、「いい感触を得ることができた」と述べている。

「多くのチャレンジがあり、とてもタフな週末だったので、完走することができてうれしいです。このラリーは毎回大変ですが、とくに今年は気温が高く、ステージのコンディションも荒れていたので、なおさらでした。簡単にダメージを負ってしまうような、非常に難しいセクションもいくつかありましたが、それでも少しずつペースを上げていくことができました」

「土曜日の午前中のステージが終わるころには、そこそこのペースで走れるようになり、自信を持てるようになりましたが、午後のステージではラジエーターのダメージにかなり注意して走らなくてはなりませんでした」

「リエゾン(移動)区間の道端でアーロン(・ジョンストン/コドライバー)がとてもうまく修理をしてくれたお陰で、何とか乗り切ることができました。完走して走行距離を伸ばし、いい感触を得ることができたので、次戦のケニアがとても楽しみです」

 その第6戦ケニアは昨年、勝田が自己ベストリザルトとなる総合2位表彰台を獲得した思い出の地だ。“サファリ・ラリー”として知られる同イベントの路面は今戦と同じくグラベルとなり、その中に高速な区間と石や岩が多くある荒れた区間の両方が存在する。2021年大会では突然の強雨でぬかるみ、非常に滑りやすい路面となったステージもあった。

ラジエーターの破損というトラブルもありながら、総合6位で完走した勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第5戦ラリー・イタリア・サルディニアラジエーターの破損というトラブルもありながら、総合6位で完走した勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第5戦ラリー・イタリア・サルディニア

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS