サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

緊急の暑さ対策を強いられたラリー1カー。トヨタはルーフ開口部を大型化【WRC Topic】

WRC
as-web.jp

 新時代のラリー1マシンが深刻な熱問題を抱えているということが、WRC世界ラリー選手権第4戦『ラリー・ポルトガル』で明らかになった。

 ポルトガルは気温が30度に届くか届かないかで、まだそれほどは暑くなかったが、それでもマシンによっては車内温度が70度に達し、選手が熱中症になったり、ドライビングシューズが溶けたりといった問題が多く発生。2週間後に開催される第5戦『ラリー・イタリア・サルディニア』に向けて、早急な改善が求められた。

■エアインテークの形状を変更したトヨタ

 FIA国際自動車連盟もその緊急性を理解し、車内温度を下げるためならばレギュレーション変更に関しても柔軟に対応すると譲歩したようだ。

 クルマを外から見て、形状が変わったと分かるのはトヨタGRヤリス・ラリー1。車内に外気を取り込むためのルーフベンチレーターの形が変わり、開口部が横方向に広くなっている。前戦ポルトガルで、勝田貴元はダストでルーフベンチレーターの開口部が目詰まりし、車内温度が上がって集中力を失いかけたと語っていた

 2週間の短いインターバルで、それを改善したのはさすがといえるが、ボディ形状の変更についてはFIAから特例を認められ、ホモロゲーション適用外となったようだ。

WRC第4戦ポルトガルでのトヨタGRヤリス・ラリー1(勝田貴元/アーロン・ジョンストン組)
WRC第4戦ポルトガルでのトヨタGRヤリス・ラリー1(勝田貴元/アーロン・ジョンストン組)

 

■ヒョンデの策は効果なし?

 一方、ヒョンデi20 Nラリー1は、ルーフベンチレーターの形状は変わらず。ルーフ全体にゴールドのサーモシートを貼ることで対処しようとした。

 ルーフベンチレーターを大型化すると空力的にはマイナスとなるため、エンジニアとしてはできればやりたくない。そこで、ゴールドのフィルムを貼ることで車内温度を下げようとしたようだが、ドライバーからは「全然涼しくならない、暑いままだ」と不満の声が挙がっている。

 サルディニアはポルトガルの時より気温は5度以上高く、週末は40度以上になるという予報もある。ヒョンデのドライバーたちは、戦々恐々としているに違いない。

 かつて、WRCでは元世界王者のリチャード・バーンズがとくに暑さに弱く、何度か熱中症になった。そこで、プジョー時代は小型のエアコンを特別に装着し、車内温度を下げていた。

「重量が増えたりパワーが僅かに減ったとしても、ドライバーが本来の力を発揮できる環境を整えるほうが結果的にプラスだ」と、当時バーンズは語っていたが、それは間違いないだろう。車内温度に関する規定を設けているWEC世界耐久選手権のように、WRCでも同様のレギュレーションを設定すべきではないかと思う。

WRC第4戦ポルトガルでのヒョンデi20 Nラリー1(オット・タナク車)WRC第4戦ポルトガルでのヒョンデi20 Nラリー1(オット・タナク車)
ルーフ全体にゴールドのサーモシートが貼られたヒョンデi20 Nラリー1 2022年WRC第5戦ラリー・イタリア・サルディニアルーフ全体にゴールドのサーモシートが貼られたヒョンデi20 Nラリー1 2022年WRC第5戦ラリー・イタリア・サルディニア
サイドウインドウに太陽光を反射させる鏡面シートを貼る対策は、3車種すべてで見ることができたサイドウインドウに太陽光を反射させる鏡面シートを貼る対策は、3車種すべてで見ることができた。Mスポーツ・フォードWRTのフォード・プーマ・ラリー1(クレイグ・ブリーン)

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS