サービスパーク(豊田スタジアム)のコンテンツが続々決定!

トヨタ、怒涛の4連勝なるか。WRC次戦イタリアは「ポルトガル以上に不利な条件になるはず」

WRC
as-web.jp

 WRC世界ラリー選手権に参戦しているTOYOTA GAZOO Racing WRTは、6月2日(木)から5日(日)にかけてイタリア、サルディニア島を舞台に争われる今季第5戦イタリアに、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組の計3台のトヨタGRヤリス・ラリー1で参戦する。

 また、サテライトチームであるTOYOTA GAZOO Racing WRTネクストジェネレーションからは現在、ドライバー/コドライバー選手権で3番手につけている勝田貴元/アーロン・ジョンストン組が、引き続きトヨタGRヤリス・ラリー1で出場する予定だ。

 2022年シーズン第5戦『ラリー・イタリア サルディニア』は、ロバンペラの3連勝で幕を閉じた前戦ポルトガルに続く今季2戦目のグラベル(未舗装路)イベントとして開催される。地中海に浮かぶサルディニア島を舞台とする同ラリーは、全体的にハイスピードのステージで構成されるが、道幅が狭いうえにコース脇に木々や大きな岩が迫るため、僅かなドライビングミスが命取りになる。

 また、路面の表面は砂状の目の細かいグラベルに覆われており、これがタイヤのグリップ力を著しく低下させる。この状態は通常、ドライコンディションでラリーが行われる場合、出走順が早いドライバーたちにとっては不利に働く。つまり、前戦に続き出走順1番手となるロバンペラはもっとも不利な状態でラリーを開始することになる。

 一方、ステージを再走するときには砂の下から硬い岩盤が露出し、同時に大きな石も多く出てくるため、タイヤとサスペンションにとって非常に厳しい路面に変化するのもサルディニアの特徴のひとつだ。さらに、この時期のサルディニア島は気温がかなり高くなることが多く、選手やクルマにとって非常に過酷なコンディションになることが予想される。

 そんな次戦イタリアは、ラリーの拠点となるサービスパークが島の北西部にあるアルゲーロのシーフロントに戻るが、オープニングステージのSS1は2日(木)夜に、前回大会の拠点となったオルビアで行われる。

 翌日以降、島の北部で本格的なグラベルラリーが行われ、3日(金)と4日(土)は各日計4本のステージを2回ずつ走行するスケジュールとなっている。最終日の5日(日)はアルゲーロ北側エリアの風光明媚なシーサイドステージが復活。“カーラ・フルミニ”と“サッサリ-アルジェンティエラ”というふたつステージを各2回走行する予定だ。

 なお、最終ステージとなるSS21“サッサリ-アルジェンティエラ2”については、ステージトップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーにボーナスポイントが付与される“パワーステージ”となっている。週末に設定されたステージは全部で21本、合計距離は307.91kmだ。リエゾン(移動区間)を含む総走行距離は1303.38kmとなる。

TOYOTA GAZOO Racing WRTのトヨタGRヤリス・ラリー1
TOYOTA GAZOO Racing WRTのトヨタGRヤリス・ラリー1

 

■ロバンペラ「優勝争いに加わるのはポルトガルの時よりも難しくなると思う」

 急成長をみせる21歳のロバンペラの活躍により現在3連勝中、選手権ランキングでも3部門でトップに立っているトヨタのボス、ヤリ-マティ・ラトバラ代表は自信を持ってサルディニアに臨むことができると述べた。

「トヨタGRヤリス・ラリー1にとって初のグラベルラリーであったポルトガルは、素晴らしい結果となり、チームは速く信頼性の高いクルマを作り上げたという自信を持ってサルディニアに臨むことができる。とはいえ、ポルトガルと同じような結果を出すのは、決して簡単なことではないことは理解している」

「サルディニアは気温が高く、路面は硬く、多くの石が転がっている。また、出走順による路面のコンディション変化も大きいため、我々にとってはポルトガル以上に不利な条件での走行になるはずだ」

「それでも、カッレ(・ロバンペラ)は現在絶好調だし、エルフィン(・エバンス)も先週末の戦いを経て自信をつけたはずだ」

「そして、今回はエサペッカ(・ラッピ)が我々のラインナップに復帰するが、彼は過去サルディニアで良い結果を残している。そのため、有利な出走順を追い風にきっと速く走ってくれることだろう」

 なお、このように語ったラトバラ代表だが彼は第5戦イタリアと同じ週末に、日本の富士スピードウェイで開催されるスーパー耐久第2戦『NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース』に出場することが決定済み。これはチーム代表がラリーの現場を留守にすることを意味している。

 ランキング2番手のティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)を46ポイント引き離して選手権首位に立っているロバンペラは、「サルディニアもまた、タフなラリーになるだろう」とコメント。

「出走順1番手で優勝争いに加わるのは、ポルトガルの時よりも難しくなると思う。それでも、“できる限り最高の仕事をする”という自分のターゲットは変わらないよ」

 第4戦ポルトガルで、今季3台目のGRヤリスをシェアしているセバスチャン・オジエにシートを譲り、今戦ふたたびステアリングを握るラッピは、「トヨタGRヤリス・ラリー1のグラベルでの高いパフォーマンスをポルトガルで目にし、来週のサルディニアへの期待がさらに高まった」と語った。

「(サルディニアでは)以前このチームにいた時もいい戦いができていたので、本当に楽しみだ。金曜日は出走順もいいから総合4番手以内、できれば表彰台を目指して戦いたいと思う」

TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS