WRCポルトガルで今季2度目のラリーに挑むオジエ「グラベルでの限界を知る必要がある」

WRC
as-web.jp

 1月に行われた開幕戦モンテカルロに続き、ふたたび“スーパースター”がWRC世界ラリー選手権に戻ってくる。そのひとりであるセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、5月19~22日に開催される第4戦ポルトガルでハイブリッド時代のグラベル(未舗装路)ラリーデビューを果たすが、彼は現時点では自分自身のパフォーマンスレベルが分からないと語った。

 昨シーズン、通算8度目のワールドチャンピオンに輝いたオジエは、同年限りでフル参戦ドライバーを引退。2022年はWEC世界耐久選手権に参戦しながらTOYOTA GAZOO Racing WRTからパートタイム・プログラムでラリーに参加している。

 そのオジエが今シーズンのWRCに戻ってくるのは今回で2度目。彼と同じくポルトガルで今季2回目のスポット参戦をアナウンスしているセバスチャン・ローブ(フォード・プーマ・ラリー1)と優勝争いを繰り広げ、最終的にタイヤのパンクに泣き総合2位となった『ラリー・モンテカルロ』以来の復帰となる。

 チームメイトのエサペッカ・ラッピと3台目のトヨタGRヤリス・ラリー1をシェアしているフランス人は先週、ポルトガルのダートコースで『ラリー・ポルトガル』に向けたグラベルテストを実施し、1月からのマシンの進化に感銘を受けたようだ。

「3カ月ぶりに(クルマに戻ってくるのは)チャレンジングだね。大きな課題ではないが、正しい感覚を見つけるために努力しなければならない。(モンテカルロ以降は)家族と一緒に休暇を取ったし、今はとてもフレッシュな気分だ」とWRC公式サイト『WRC.com』に語ったオジエ。

「確かにクルマは前回乗ったときと比べてかなり変わっているし、(ラリー1カーで)グラベルを走るのは初めてだったから、とても新鮮に感じている」

「自分がいま何ができるのか、限界がどこにあるのかを知るためにまだ学んでいる最中だ。いまの段階で自分たちがどのレベルにいるのかを推し量るのは難しいが、ラリーが始まればすぐに分かるだろう」

 オジエにとって、ラリー・ポルトガルはWRC初優勝を含む通算5勝を挙げている得意イベントだ。

「それらの勝利のほとんどは南部(ファロ)で開催されたときのものだ。だが、北部(ポルト)でも1勝している」と彼は述べた。

「(今年のイベントが)どうなるか楽しみだ。良いショーを届けられればいいと思っている。僕はグラベルを走るのが好きだし、ここはチャンピオンシップの中でもっとも美しいグラベルロードのひとつなんだ」

 そんな今季のWRCポルトガルで、オジエはオープニングレグを8番手でスタートする。長期天気予報では、大会開催中は暖かくドライコンディションになることが予想されている。先行車によって路面が掃除されたステージを走行できる、後方スタートのドライバーはそのことで大きなアドバンテージを得ることから、予報どおりのコンディションとなればオジエが序盤からラリーをリードする可能性がある。

 オジエは、「(今年は)先頭スタートではない。それは僕にとって新しいことだ。そこから何かアドバンテージを得ることができればと願っている」と付け加えた。

2021年に通算8度目のシリーズチャンピオンを獲得したセバスチャン・オジエは、同年限りでフルタイムドライバーから引退。2022年はWEC世界耐久選手権にフル参戦している。
2021年に通算8度目のシリーズチャンピオンを獲得したセバスチャン・オジエは、同年限りでフルタイムドライバーから引退。2022年はWEC世界耐久選手権にフル参戦している。
TOYOTA GAZOO Racing WRTのトヨタGRヤリス・ラリー1

TOYOTA GAZOO Racing WRTのトヨタGRヤリス・ラリー1

OFFICIAL SNS

フォーラムエイト・ラリージャパン2022公式SNS